ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

夏のおつかれ肌に…まずは、サビ抜きから

otukarehada_82820260

夏が終わるとお肌はお疲れ?


9月~10月に肌の老化が進むってご存知ですか?
その前の夏の時期をどう過ごしたかで老化の速度が左右されます。

なんとなくガサガサ、ザラザラする、シミが濃くなった、目の小じわが増えた、くすむ……など、当てはまる方も多いのではないでしょうか?紫外線対策はしっかりしたものの、一筋縄ではいかないこの時期の肌対策。すでに年輪が深く刻まれているのでは……。でも手遅れではありません!今からできる生活リズムの改善をご紹介します。


老化肌には体の酸化(サビ)が関係


夏場は体も酸化が進みやすく、サビやすいのです。

サビとは、血管が老化して酸性に傾き、血液循環が悪くなり、活性酸素の発生によって疲れが抜けない状態。体内の状態が悪ければ顔はくすみ、栄養が行き渡らず、肌が衰えます。ですから、老化を防ぐにはUVケアや念入りなスキンケアなど、表面からのアプローチだけでは不十分。偏った食事、睡眠不足、冷え、ストレス、運動不足、アルコール、タバコ、腸内環境の悪化などがサビを加速させます。

適度な運動をしてゆっくりと入浴の時間をとり、質の良い睡眠を心がけましょう。9月はまだまだ紫外線が強い時季。UVケアは引き続き行っていきましょう。


寝るだけでいいの?睡眠美容のワケ


肌のゴールデンタイムである深夜22時~26時は、成長ホルモン(通称:若返りホルモン)が一日の中で最も盛んに分泌されます。日中にうけた肌ダメージがリセットされ、細胞が生まれ変わるのがこの時間帯。「夜更かしはお肌の敵!」とは、このことですね!

また、成長ホルモンは体を修復・再生し、病気の抵抗力をつけてくれるため、健康を保つ上でとても重要な役割を担っています。体液循環には4時間半以上かかるため、たっぷり寝ることでむくみ解消にもつながります。

「さよなら、夜更かし……。」

就寝前には肌にたっぷり美容成分を含ませて、早く寝ましょう。翌朝ふっくら透き通るような肌になるはずですよ。


白くて艶やかな肌を取り戻す若返り食材


口から摂取するものによって体は形づくられていきます。バランスの良い食事を心がけていても「1日30品目」は、なかなか難しい日もありますね。

そこで「抗酸化=サビ抜き」食材を厳選しました。美容効果が高い上に、毎日の食卓に簡単に取り入れられるものばかりです。せっかくなら食べるのにより効果的な時間帯も把握しておきたいものですね。

tomato_8890267トマト(夜)

赤い色素であるリコピンとビタミンEには強い抗酸化作用があり、豊富なビタミンCが含まれるため美白効果もあります。
赤色の完熟トマト、もしくはトマトジュースで摂取するとより効果的。夜食べると翌朝の紫外線ダメージから守ってくれます。


sesami113853592黒ゴマ

セサミンの強力な抗酸化力で肝臓から発生する活性酸素を抑制し、血液をサラサラに。また、リノール酸、オレイン酸、ポリフェノール、ビタミンEでサビない体に。すりごまにすると吸収率がアップします。


salmon_120172951サーモン(夜)

赤い色素のアスタキサンチンには強力な活性酸素を除去する強力な効果があります。
DMAEとビタミンB2が肌にハリを与え、美しく保つため、美肌効果の高い食材。皮にはコラーゲンも含まれます。


natto_145922822納 豆(夜)

肌再生のポリアミン、成長ホルモンのアルギニン、女性ホルモンに似たイソフラボン、良質なたんぱく質に加えてネバネバが血液をサラサラにし、発酵食品のため便秘解消効果。成長ホルモンを増やしてくれるので、夜に食べると効果抜群。
キムチを加えると、より栄養満点!


banana_118151377バナナ(朝)

栄養価が高く、スピーディーにエネルギーに変換。オリゴ糖が腸内の善玉菌を増やし、美肌、代謝UP、免疫力UP効果があります。
カリウムが塩分を排出してむくみ解消に役立ちます。豆乳、黒ゴマ、黒糖を加えてシェークにするのがおすすめです!


soybean_139667434だだちゃ豆

アミノ酸の一種であるオルニチンが成長ホルモンの分泌を促進してくれます。摂取すると普段よりも成長ホルモンが3倍増えるそうです。それに加え、血圧降下のGABA、造血ビタミンである葉酸を含み、女性の強い味方です。



とくにサビ抜きパワーに富んでいるのが、トマトとサーモンです。
トマトジュースを毎日飲んでいる人に肌が綺麗な人が多いのはそのせいかもしれません。

今晩の夕食は、サーモンのトマト煮、もしくは酢と玉ねぎを加えてマリネを作ってみてはいかがしょうか?

「若返り食材×早寝」

それは、肌ダメージを修復し、老化の年輪を刻まないための最高のサビ抜きレシピ。

夏の疲れを吹き飛ばし、体の内側から輝きを放ってゆきましょう。



ishii

石井 優子

スパ、エステ、コスメ、アロマ、医療の仕事に11年間携わっています。さまざまな角度からスキンケアやライフスタイルを提案してきました。いつまでも若く美しくありたい女性の味方です!自らも最近はバーレスクダンスとベリーダンスを始め、しなやかなボディライン作りを目指しています。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 肌トラブル_85832563
  • SPUR掲載情報

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP