ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

きれいな素肌のための水分の摂り方

ウォーター

美肌と水分摂取の関係性って?


カラダの60〜65%を占める水分。その働きは、細胞と細胞の間や、血液中にあって、生命や健康を維持することです。水分をたっぷりと含んだイキイキとした細胞とサラサラの血液は、美肌をつくる条件でもあります。
だからといって、水をたくさん飲めばいいというわけではありません。

水をたくさん飲みすぎてしまうと、カラダの中の塩分濃度が低下して、カラダのイオンバランスが狂い、肌のターンオーバーの遅れが生じてしまいます。また、水分が不足してしまうのも、同様で、血液がドロドロになり、肌細胞に栄養が行き渡らず肌のターンオーバーに遅れが生じることになってしまいます。水分は、摂りすぎても足りなくても美肌をつくることができないのです。

カラダの中で水分は、吸収・排泄を常に繰り返して代謝されているものなので、水分を摂る量と排泄の量のバランスがとても大切です。

今回は、美肌のための水分の摂り方をご紹介します。


1日に必要な水分量


1日に水分がどれくらい排泄されるのかを知って、その分を補うことが大切です。

1日に必要な水分量
1日の排泄量

毎日の尿や便からの水分の排出量は約1.3ℓ(尿:約1.2ℓ、便:0.3ℓ)汗としての排泄量は0.6ℓ、呼吸によっても、約0.4ℓ排泄されます。何も運動をしていなくても合計約2.3ℓの水分が失われます。

運動や長時間の入浴などで、発汗がある場合には、その分も排泄量としてプラスします。

1日の摂取量

運動などをしなくても1日に約2.3ℓの水分が排出されているので、その分を摂取する必要があります。これをすべて飲みもので摂取するのではありません。
私たちは、食事から水分を摂っています。ご飯やサラダ、スープ、肉類、魚類などの食事にも水分が含まれているので、1日の食事(規則正しい)から約0.6ℓの水を補うことができます。さらに、カラダの中で食べものを分解しエネルギーに変えるときの反応で約0.2ℓ水がつくられます。

これを差し引いて、失われた約2.3ℓの水分を補うために、1.5ℓの水分を飲めば、排泄とのバランスをとることができるということになります。ただし、運動や長時間の入浴などで発汗が多い場合は、多くの水分を補う必要があります。


美肌のための水分の摂り方


1日に必要な水分を摂取することと、できるだけ毎日適度な運動をして発汗させて、その分の適切な水分補給をして”水分”を循環させることで、とイキイキとした肌細胞をつくることができます。

その飲み方も一気に摂るのではなく、こまめに摂るようにするのが重要です。また、糖質の多いアルコールや清涼飲料水、カフェインの多いコーヒーなどは避けましょう。

起床:寝ている間の発汗や呼吸により失われた水分を補うために、朝起きたら、コップ1杯(200ml〜300ml)の水分を補給しましょう。

排便後:朝のお通じでも水分が失われます。その分コップ1杯(200ml〜300ml)の水分を補給しましょう。

運動後: 通勤など、歩くだけでも水分は失われます。運動量に応じて水分を摂るようにしましょう。

入浴後: 入浴での発汗によって水分は失われます。発汗量に応じて水分を摂るようにしましょう。

就寝前: 睡眠中に水分を摂ることができないため、脱水状態を防ぐために水分を補給しておきましょう。

適度な運動、入浴こまめな水分補給で
水分を循環させて
イキイキとした肌をつくりましょう



Chieko

Chieko

エステやアロマ&ハーバルセラピーなど女性を癒すお仕事をしていました。 スキンケアに効果的なアロマやハーブ、ライフスタイルをご提案。 女性のキレイを応援しています。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 017-300x300
  • shutterstock_530125031

1件のコメントが “きれいな素肌のための水分の摂り方”に入っています。
  • 投稿者: chieko

    こんにちは。コメントいただきありがとうございました。
    小顔クリームの効果を実感してくださっていることを大変嬉しく思います。今後も効果を実感できる、喜んでいただける製品づくりと情報をご提供できればと思っております。
    リクエストにお応えして、近々マリオネットライン対策トリートメント法をお伝したいと思います。

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP