ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

ニューヨーク3泊4日旅行記 〜前編〜

ニューヨークは、23年前に、当時27歳だった私のアメリカ生活が始まった街です。その頃のニューヨークは本当に治安が悪く、街にはホームレスがあふれ、地下鉄は落書きだらけで、乗るとそこには鼻を突くような異臭がたちこめていました。

しかし、どんなに荒んでいてもずっと夢に見てきた街、ニューヨーク。アパートの近くのポートワシントンという駅でコーヒーとNYタイムズを買って、ロングアイランド鉄道に乗り込みマンハッタンに通う、そんな毎日がアメリカンドリームそのものでした。

今回のニューヨーク訪問は、珍しくお仕事なしのバケーションで、13歳の息子のダンスの競技会の応援が目的でしたが、応援に行ったのは1日だけ、あとは飲んで、食べて、買い物して、マンハッタンを堪能してまいりました。


<ニューヨーク到着、リトルイタリーに直行>



私がいた頃のニューヨークのキャブ(タクシー)といえば、でっかいアメ車のセダン。今回時代を感じたのは、キャブもコンパクトなハイブリッドに変わっていたことです。

しかし、乗ってみると甦るこの荒い運転。それはもうめちゃくちゃ、下手なジェットコースターよりもスリル満点です。



ブルックリンブリッジをわたると、もうマンハッタンの摩天楼が見え始めました。キタキタ〜、ただいま、ニューヨーク!!キャブで目指すのは大好きなイタリア街、リトルイタリー。



スーツケースを転がしながら、目指すのは、1902年創業のイタリアンレストランAngelo’s。



おそらくここはリトルイタリーイチ高い。でも味では絶対に裏切らない。みなさんにもぜひおすすめです。



前菜は、毎度おなじみ水牛のモッツァレラチーズとトマトのサラダ。それとカルパッチョ。



パスタは、蟹肉とトマトソースのスパゲティ、パスタだけで$26は安くありませんが、ボリュームたっぷりで、味は最高。あんまり美味しかったのでカリフォルニアに帰る日のお昼も食べにきたぐらいです。



<食後の腹ごなしは、SOHOでぶらぶら>



SOHOは、小さいけれど個性的なブティックが多かったと記憶していましたが、行ってみると、大手のブランドが5thアベニューのごとく立ち並んでいました。ずいぶんと様変わりしました。



ここにも大型のUNIQLOが!日本のブランドが頑張っているのは誇らしいですね。去年行ったイタリアのミラノにも無印良品をみつけた時は、懐かしいような、うれしいような気持ちになりました。


<翌朝、ふたたびイーストビレッジに>

イーストビレッジは、SOHOから歩いて行けるマンハッタンの東側の地域で、昔から色々な人種が住んでいて、ヒッピーのような個性的な人たちも多くいました。



一歩イーストビレッジに足を踏み入れてみると、そこにあったのは……



ラーメン屋さん。次から次へとラーメン屋がつづいてびっくりしました。新横浜のラーメン博物館のようです。アメリカ人は寿司からラーメンまで食べるようになったのでしょうか?


でも、ここでも私と家内が食べたのはイタリアン。すきですね〜。午前中から水牛モッツァレラチーズとトマトのサラダをいただきながら、ワインを飲みました。一日中いいほろ酔い気分でした。



さて、後編は来週5/23に掲載いたします!お楽しみに。



kodama

児玉 朗  CEO

肌の黒さと歯の白さはゆずれない50歳。在米20年、社長歴15年以上 海の近くの家に住み、愛犬のパイレーツと毎日ジョギングをするのが趣味 来年こそ愛艇を手に入れて、仲間を引き連れて海釣りに行くのが夢。


  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 間違い探し-ハワイ・ワイキキ編
  • shutterstock_98258663

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP