ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

アメリカ独立記念日の過ごし方

7月4日はアメリカの独立記念日で、アメリカでは、どこの会社もお休みです。
この日は、July 4th(ジュライ フォース)といって、バーベキューをして、ハンバーガーを食べて、夜は花火を見るというのが、典型的なアメリカ人の過ごし方です。

うちの会社もお休みだったので、ちょっとアメリカンな過ごし方をしました。この日のプランとしては、彼女のホストファミリーと一緒に映画鑑賞と、ハンティントン・ビーチの桟橋で、花火大会が行なわれるので、鑑賞しようということになりました。
この日の参加者は、私、彼女、ホストファミリーのパパ、ママ、アレックスとギャレットです。

映画は、ホストファミリーのギャレット君のリクエストで、Moonrise Kingdomというタイトルのものを見ました。

映画「Moonrise Kingdom」が表紙のパンフレット


内容は、ある小さな島で、ボーイスカウトの少年達がキャンプをしたところ、一人の少年が脱走し、文通相手だった、家族となじめない少女と駆け落ちするお話です。主役が子供なので、コメディもあり、かわいい内容でしたが、社会に適合できない人は、画一的に病院送りにされそうなシーンもあって、意外と深いテーマも奥に潜んでいました。

映画が終わって、さて花火鑑賞の準備です。アレックスが、花火鑑賞の後に、家族で花火をしたいと言ったので、花火を買いに行きました。
カリフォルニア州では原則的に花火の販売は禁止されているのですが、このJuly 4th の時だけ、即席花火販売所が各地に設置され、花火が売られます。

即席花火販売所



お店の中はこんな感じ



アメリカの花火は、日本の花火と比べて、品質が悪く、種類も少ないと言いますが、とりあえず、ここで売っているものをセットで購入。



そして、花火会場へ。この日は交通規制が行なわれていて、会場のハンティントンビーチダウンタウンは、けっこうな人で賑わいます。会場まで行くのに、交通手段としては、普通は車なのですが、July 4thは、駐車できる場所をみつけるのが、ものすごく大変なので、公共のバスを使って行くことにしました。しかし、バスも通常のルートとは遠回りをして、会場近くの停留所に止まりました。

会場に行くバスの中。道がけっこう混んでいます。



そこから15分程かけて、歩いて花火会場へ。会場近くのBeach Blvdは交通規制で入れません。



ひたすら会場まで歩きます。

花火会場まで黙々と歩くホストファミリーと彼女



近くなって来ました。みんなそれぞれ場所を取って、花火鑑賞に備えます。バーベキューをしている人も多いです。



ようやく会場に。この時夜7時半位です。花火開始は9時から。多くの人が花火の為にビーチに集まっています。



私達は、花火大会観賞用の特別席のチケット(1人10ドル)を事前に買っておいたので、花火の打ち上げ場所に近い特別席まで、移動しました。この席は、桟橋の上に設置されています。

 

海岸には、多くの人がいます。



そして、待つことしばし、夜になって、暗くなってきました。



9時になり、花火大会の始まりです。

 

 

 

花火は一瞬のものなので、写真撮影が難しいのですが、こんなところでご勘弁を(笑)
30分程で花火が終わり、みんなまた、15分かけて歩いて、バス停まで行き、バスに乗って帰りました。

おまけ。
その後、家の近くで、花火大会前に買った花火をやって楽しみました。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 間違い探し-パーティー編
  • CIMG57132

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP