ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

大好きなマンハッタンビーチで過ごす休日

明けましておめでとうございます。
本年もビーグレンイッシュをどうぞよろしくお願いいたします。

カリフォルニアと言えばやはり青い空とビーチですよね。
そこで今回は、私の家から車で10分ほどのところにあるマンハッタンビーチへ行ってきました。

ピア付近には、ショッピングやレストランなどのお店がたくさん並んでいて、地元の人から観光客までたくさんの人で賑わっています。

マンハッタンビーチ4 マンハッタンビーチ5

まずは坂を下ってピアへ。

ワンちゃんたちや、赤ちゃんをベビーカーに乗せてジョギングする人やサイクリングをしている人が遊歩道のあちこちに見られます。海岸沿いにずーっと続くこの道は、車だと30分ほどかかるサンタモニカまで続いているんですよ。

マンハッタンビーチ1 マンハッタンビーチ2

マンハッタンビーチ3

ビーチには、ビーチバレーを楽しむ人達や、サーファー達や、かもめも。

 マンハッタンビーチ6  マンハッタンビーチ7

ピアの先端には水族館カフェ?! 入り口には巨大なサメがお出迎え。

マンハッタンビーチ8 マンハッタンビーチ9

さっそく中に入ってみると……かわいい水族館

マンハッタンビーチ10 マンハッタンビーチ11

このラウンドハウス・アクエリアムは教育のために1979年にオープンしたそうです。営業時間は日が暮れるまでとはさすがビーチシティーですね。

海の動物たちも満喫したし、そろそろ戻ろうかな。桟橋を車に向かって歩いていると、おじさんが釣りをしていました。「何が釣れるの?」と聞くと、「ここ持って巻いてごらん!」といきなり釣竿を渡され……うわ!引いてる、引いてる!!あっという間にこんなお魚が釣れました。ピアースというスズキの仲間だそうです。煮ても焼いても揚げてもおいしいよと教えてくれました。

マンハッタンビーチ12

お腹がすいてきたので軽食をとろうと思います。私のお気に入りは『The Kettle』というカフェで、目印は大きなKettle(やかん)です。ここのマフィンは一押し。お天気のいい日にパティオでお茶するのが大好きです。

マンハッタンビーチ12

デザートはここ。『CREAMERY』という手作りのアイスクリームやさんです。手作りなのでひと味違います。

マンハッタンビーチ13

今では高級住宅街でセレブなども住んでいるおしゃれな街、マンハッタンビーチですが、昔は砂丘だけが広がる何もなかった土地だそうです。

ではここで、マンハッタンビーチという名前の由来をお話しますね。

時は1902年。このあたりの土地を所有していた2人の地主がそれぞれ自分の土地に名前をつけていたのですが、ある時土地名を統一しようということになりました。でも二人とも自分が所有する土地の名前を譲ろうとしません。そこでコインを投げてその裏表でどっちが出るかで決めることになりました。

土地の名前は「Shore Acres」か「Manhattan」のどちらかに……。
コインを投げた結果「Manhattan」が勝ち、「Manhattan Beach」と名づけられたそうです。
勝った地主の故郷はニューヨークのマンハッタンだったんですって。

コインを投げて土地名を決めるなんてところは、いかにもアメリカ人らしいですよね。

とってもおしゃれで高級感もありますが、小さな子供からお年寄りまで誰もが楽しめて、歩いていると誰とでもすぐに友達になれてしまう、私はそんなマンハッタンビーチが大好きです。



haruyo

野口 晴代  スキンケアコンサルタント

アメリカでマッサージセラピストのライセンスを取得後、マッサージとアロマセラピーを融合させた独自の施術で10年のキャリアを積みました。 スキンケアだけでなく体や心の側面から、美肌になるためのサポートをさせていただきます。 ひとりひとりに合ったお手入れ方法で、ひとりでも多くのお客様の笑顔を作るお手伝いをさせていただければ幸いです。どんなに小さなことでもお気軽にご相談くださいませ。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • Terranea_Cave

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP