ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

お湯が変色!デトックス

今から数年前、妻の実家で“マスオさん”していた時でした。当時の私はひどい腰痛に悩まされていて朝起き上がるのにも大変な思いをしていました。

そんなある日、朝起きるとなにやら嫌な感触がジワーッとおしりのあたりに……。

「やっちまった~……」と飛び起きるとそこには鮮やかなオレンジ色の水たまりが……。もうパニックです。

ただ、ふと我に返るとズボンもパンツも濡れていない。よく確かめてみると着ていたTシャツの腰の部分がびっしょりオレンジ色に濡れていました。さらに、今まで毎朝起きるのも一苦労だった腰痛が完全に消えてなくなり、体がもう信じられないくらいかるい!かるい!まるで、体中に付けられていたおもりが一瞬で取り外されたかのような開放感でした。

それ一回きりとはいえ、腰からオレンジ色の液体が出る事自体かなりアブないにもかかわらず、体の調子がよくなったのであまり気にせず過ごしていました。

そんなある日、体に溜まった毒素を排出する事でお湯の色が変わる足湯、イオンデトックスというものがある事を知り(結構前からあるようですが)「あの感覚をもう一度」という思いを胸に、早速行ってきました。


スパオータニ

今回訪れたのはNewport Beachにある「Spa OTANI」。

受付をすませて、通された部屋にはお湯の入ったバケツが2つ。毒素がよく出るための準備体操をしたり、着替えをしたりなどするかと思いきや、なんてことはないただ足をお湯に浸けて座るだけでした。

着席


その後、腰ベルトとリストバンドを装着し、いざスイッチオン!


スタート

スイッチを入れて1分もたたないうちにお湯に色がつき始めます。

毒素リスト

スタッフのお姉さんが変色するお湯の色によって人それぞれ毒素が溜まっている部位が違うということを教えてくれました。

10分経過

10分経過

20分経過

20分経過


30分経過

30分で終了


さて、足湯の色はどうなったかというと、

終了

予定通り鮮やかなオレンジ色(右)!一緒に行った妻の足湯は濃い茶色(左)といった感じでした。

では、それぞれどこに毒素が溜まっていたかというと私は「関節」、妻は「肺」との事でした。なるほど、あの時のオレンジの液体は腰に溜まっていた毒素だったんだ!と妙に納得。あの時と同じような開放感とまでは行きませんでしたが足のあたりが軽くなりがスッキリすることが出来ました。




Yori

Yori Hasumura

昔から「大人になれば年取らないよ」と言われながら いまだに見た目年齢が実年齢+5以上をキープし続けています。 アメリカに来て早5年、ギターをMacに持ち替えた後も、ロック魂を 忘れないビーグレンタイムズ・ウェブマスター。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • ほうれい線
  • パンプキン炊き込みご飯

1件のコメントが “お湯が変色!デトックス”に入っています。

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP