ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

スモークな週末・・・

アメリカでは、11月になるとサンスギビング(感謝祭)、そしてその翌月はクリスマス。
このホリデーシーズンに、欠かせないのがスモーク=燻製料理!!
*あくまでも、私、個人的にですが・・・

先ずは、チムニー(煙突?)という可愛いらしい名前の道具を使ってチャコール(炭)に火をつけます。日本では、火付けは団扇でバタバタと扇いで大変な作業でしたが、このチムニーを使うと、以下の2つの動作の後、缶ビールを空けて5分ほど待つと、手間なく火柱が立つほど燃え上がります。

1. 炭を筒の上側に入れる (筒の中は穴の開いた仕切りで上層・下層に分かれています。
2. 下側に新聞紙を入れて火をつける

チムニーチムニー

※ テレビ、冷蔵庫、コンピュータに続く一家に一台の時代がもう直ぐ到来かと思わせる程のお便利グッツ・・・因みに、私は既に2台持っています。

この火のついた炭をスモーカー(燻製機)に移し、煙を出す元となる“くるみの木 HICKORY”を炭の上に置きます。
 
スモーカーヒッコリー

スモーカー本体をセットし、お肉を入れて待つ事12時間(もう夜の9時・・・)。

今回の主役は、近所のCOSTCOで調達したポークチョップ・・・この季節、パーティシーズンのみ置いてあるようです。

ポークチョップ

夜中1時と朝6時に、火の様子を確認・・・わが子を見守るような心境で時を待つ。
炎と煙を眺めながらの缶ビール。何とも言えない幸せが滲み出す・・・。

スモーク

翌朝9時・・・赤茶色に程よくスモークされた今日の主役が完成!!
休日で家族が未だ起きて来いない中、一人満足に浸る・・・“皆、早く起きて来~い!(^o^;)”

出来上がり


Smoky Kawakami

・・・by Smoky Kawakami





河上

河上慎二郎

昔、TVで見た“アメリカン・ファミリー”のイメージを心に抱き、妻と3人の子供達を引き連れて、 憧れの国アメリカへ!当時小学2年生だった息子も今や20歳の成人。最近、妻と2人の時間が増え、 子供達の成長を嬉し悲しく見守る日々。アルプスの少女ハイジのヒゲジイのような生活に憧れ、 週末にはBig Bear Lakeの山小屋で自然とたわむれる。 得意技は、“財務・経理”と“薪割り”…… そんな、こだわりの九州男児。 (熊本県出身、CFO&CPA)

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • ウェブ・ドマーニ
  • ターキー

6件のコメントが “スモークな週末・・・”に入っています。
  • 投稿者: Noguchi

    楽しんでスモークされているのがすごく伝わってきました!
    見ているだけでスモーク上手になれた気がします!

  • 投稿者: Mai0303

    私もマネしてチムニー買いました。あれだけだけ手間取ってたのが・・・これさえあれば、らくちんです!

  • 投稿者: Mitsuhiro Eguchi

    いつもながら美味しいスモークをご馳走様でした。

  • 投稿者: Shinjiro Kawakami

    このスモークというのは、一見とても通っぽく見えるのですが、実は・・・意外と誰でも美味しく出来る簡単レシピーなんですよ。是非、トライしてみて下さい。

  • 投稿者: Shinjiro Kawakami

    早速、お役に立ててとても嬉しいです・・・末永くヨロシクおねがいします。(コメント by チムニー君)

  • 投稿者: Shinjiro Kawakami

    今年は、往年のライバル・マイケルくんの魂の入ったターキーには正直いって脱帽でした。いい息子さんをお持ちですね。また、おじゃまさせていただきます。

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP