ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

日本風呂が恋しくてプロジェクト《前編》

生活様式の違いから、ここアメリカではシャワーによるお風呂が一般的で、日本に住んでいた時のような、手足を伸ばして首まで浸かる浴槽や、両手を伸ばして背中をゴシゴシなんてことはスペース上できません。2008年末に手に入れた、築47年ものの我が家でもお風呂場はシャワーだけ。浴槽だってとても浅くておへそまでしか湯に浸かれません。そこで、家族会議の結果、今回のリモデルプロジェクトとなりました。

工事の内容は大きく分けて3ブロックになります。
1:ランドリールームの拡張と裏玄関の作成
2:メインバスルームの拡張と日本風呂化
3:マスターベッドルームの拡張とバスルームの新調

家のリモデルのためにはまず、市役所へ申請をしなくてはいけません。そのため、設計事務所に依頼して設計図、構造計算書、エネルギー計算書を用意し工事の許可に必要な資料を作成します。そして着工後は、各段階ごとにお役所に連絡をして担当者の立会い検査と合格印が必要です。一箇所でも確認ミス?があるとそれを修正して、また日を改めての検査。今回のプロジェクトの終了までに約11回の検査があるそうです。これだけでも気がめげそうになりました。

江口家

9月20日 工事開始前の我が家
左からマスターベッドルーム、マスターバスルーム、ランドリールームのユニットになっており、タンク式の古い給湯器が居座っています。この壁を壊して新たな空間を増設します。

図面

今回の工事の指揮は日本人、基礎工事はアメリカンによる混成チームで開始。まずは、設計士のTomさんによる図面で申請が許可されました。

奥田さん

熊本県出身の腕の立つ大工「奥田さん」。本業はほかにもモトクロスバイク。日本から練習に来る人たちのバックアップをしているそうです。

チームカルロス

9月24日 チームカルロスによる基礎工事が始まりました。

配水管の埋設

古い給湯器を撤去、配水管も埋設されました。

ミキサー車とポンプ車

バックゲートに登場したコンクリートミキサー車とポンプ車。アメリカンな色合いがいいですね。

メキシコ人左官さん

メキシコ人の左官さんが手際よく慣らして行きます。

基礎

これで固まれば基礎は完成。

外壁の取り壊し

10月4日 いよいよ古い外壁の取り壊しが始まりました。

壁の中身

無残に晒された1963年建築の中身です。右側のキッチンに接続する壁が、今回のプロジェクトの終点です。

骨組み

10月21日 新しく出来た基礎の上に骨組みを立て、下屋を伸ばします(古い屋根に新しい屋根を乗せること)

釘打ち奮闘中

人手不足のため、私も汗をかきかき釘打ちのお手伝いをしました。

屋根完成

11月4日 『カリフォルニアは冬が雨季になるので、早く屋根だけでも完成させなさい』と役所の検査担当者のアドバイスで、なんとかここまで漕ぎ着けたけど、風除けのための戸板が悲しいね。

窓取り付け

11月10日 左からベッドルームのフレンチドアと洗面所の窓、バスルームの大きな窓、裏玄関のドアが取り付けられます。

日本では考えられない速度(遅い)で進むリモデリング。続きはまた次回のアップロードとさせていただきます。



江口

江口満裕

40歳も半ばにして愛妻と愛犬と共にカリフォルニア移住。 温暖で静かな環境の中、平々凡々とした生活がなにより甘美と思える今日この頃。ビーグレンの副社長として、 楽しく、そして健康に生きる毎日です。 感謝!

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • パリの夜
  • 葉山マリーナサマーフェスタ

13件のコメントが “日本風呂が恋しくてプロジェクト《前編》”に入っています。
  • 投稿者: Yori

    海外に住む日本人男性にとっては、日本風呂はまさに男のロマンですね!

  • 投稿者: Shinjiro Kawakami

    1963年築の47年ものと聞くと日本ではかなり古く感じていたのですが、アメリカでは古い家のよさを保ちながらの改装で、末永く快適に住めるんですよね。それにしても、日本式のお風呂いいですね~ぇ♨。洗面器と手拭もっておじゃましまーす。・・・完成が楽しみですね。

  • 投稿者: Akira

    日本風呂、あぁ~、うらやましいです!おうちの改築、楽しそうですが、大変でもありますねぇ。工事が遅い→分かります(涙)

  • 投稿者: Akira Kodama

    風呂に浸かったり、のぼせたら出て、また浸かったり、これを繰り返せるのが日本風呂の醍醐味ですよね。完成の暁には手ぬぐいと洗面器をもっておじゃまさせていただきます。

  • 投稿者: Mitsuhiro Eguchi

    はい、ご家族でいらしてください。木製の風呂椅子を作ってお待ちしております。

  • 投稿者: Mitsuhiro Eguchi

    苦労を分かっていただけますか!ありがとう。完成したら、お風呂で焼肉パーティーなんてどぉ?

  • 投稿者: Mitsuhiro Eguchi

    そうですね、カリフォルニアの気候では思いのほか家屋が傷まない。でも、シロアリ駆除だけはしっかりやらないとね。洗面セットをキープしますか!

  • 投稿者: Mitsuhiro Eguchi

    ははは、ロマンとは大袈裟な。でも恋しいんですよね、肩まで浸かれるお風呂が♪

  • 投稿者: ks

    お湯に浸かった瞬間、「ふぁ~」っと無意識のうちに声が出ること間違いなし!な感じですね。(^0^)/~

  • 投稿者: Mitsuhiro Eguchi

    そうですね、一日の終わりに「ふぁ~」は最高です。

  • 投稿者: 佐藤絵理

    初めましてになりますね♪
    たまには日本に帰ってきて日本風呂もいいんじゃないですか(^^)?

  • 投稿者: 江口満裕

    はじめまして?絵理さん。投稿ありがとうございます。日本へは年に2~3回ほど出張に行きますが、毎回ホテル滞在のため、なかなか肩まで浸かる快適さは味わえないのですよ。伊豆あたりの温泉が懐かしいです (;´ρ`)

  • 投稿者: 佐藤絵理

    返信ありがとうございます[GOOD!]◇ 日本にも帰ってきてるんですね!
    確かにホテルじゃ肩までのんびりつかれませんからねぇ…泣
    伊豆の温泉ですか(*_*)[温泉] 伊豆出身の私ですが、伊豆の温泉には一度も行ったことがないという…(→_→)=3

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP