ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

“CHANGE your life”フィットネスクラブ in アメリカ

子供の頃は野球少年。毎日、夜遅くまでグランドで白球を追い、へとへとになるまで体を動かす。そんな中で育った私は、それから数十年経った今でも、とにかく定期的にフィットネスクラブへ通って汗を流すといった生活を続けています。

大学時代にアメリカへ渡り、初めて此の国のフィットネス・ルームへ足を運んだ時には、その充実した器具と設備に、たいへん驚かされました。ある意味、私の中の文明開化といったところでしょうか。

あの時の感動から25年。 
今回は、常に進化し続けるアメリカのフィットネスクラブに付いて、ご紹介いたします。
取り上げるのは、昨年11月にオープンした自宅近くの24時間営業のフィットネスクラブです。このクラブは全米約400拠点で展開しており、アジアでは、シンガポールや香港にもオープンしているようです。

運動好きの私ですが、ここでは“10項目の充実した設備”に注目して、ご案内いたします。

1. フィンガープリント(指紋)でのチェックイン!!
“さぁ、トレーニングに出発~!”という時に、“メンバーシップ・カード(会員券)が見当たらない”といった事が以前はよくありましたが、今は、思い立った時には直ぐいにジムへ行けるようになりました。指紋の登録には、最初、少しばかり抵抗がありましたが、このシステムは意外と便利です。(因みに証明書カードの選択も出来ます。)

フィンガープリント

2. タオルとバスタオルの完備でおもてなし
クラブのエントランス、トレーニングスペース、更衣室には、クリーニングされた綺麗なタオルが用意されています。フィットネスへ行く時に、メンバーシップカードとタオルを持参する必要がありませんので、運動が出来るウェアとシューズを履いていれば殆ど手ぶらで、お気軽に立ち寄ってフィットネスを行えます。

タオル

3. 広大なスペース!!
イベント会場のような広々としたスペース全体に、最新のフィットネス器具が配置されています。この場所に立つと、一気にスポーツマンのスイッチがONに切り替わります。

広大なスペーススペース

4. エアロバイク専用のスペース
 通常、エアロバイクは、一人で淡々と行うものなのですが、ここでは、空調が管理された別室にエアロバイク専用の部屋があり、エアロビクスのように毎日40分~1時間のグループトレーニングのプログラムが行われています。青空へ向かってヨーロッパを走り抜けるレース“ツール・ド・フランス(Le Tour de France)”をイメージした設備です。

エアロバイク

こちらは、本物のツール・ド・フランス・・・。↓

ツールドフランス

4. フルサイズのバスケットボールコートとラケットボールコート!!
アメリカ人は大人も子供もバスケットボールが大好きです。コートでボールを手にすると、自然と友達になってしまう・・・というお話をよく聞きます。
(因みに、野球少年だった私は、大きなボールを使う球技は苦手で、このコートでは、一度もプレーした事がありません。(^^;)

バスケ1バスケ2

こちらは、ラケットボールコート↓

ラケットボールコート

5.エアロマシーン、液晶スクリーンのきめ細かなお気遣い。。。
  先にご紹介いたしましたエアロバイク以外にも、ジョギングマシーン、ステアマシーン(階段上り)、ローイングマシーン(ボート漕ぎ)と、いろいろなエアロマシーン(有酸素運動器具)が用意されています。

エアロマシーン

マシーンの液晶スクリーンでは、テレビ、ラジオ、iPhone入力等のチャンネルが選択できます。
また、よく見ると日本語表示の選択があるのにはニッコリです。(⌒_⌒)
    
液晶スクリーン液晶画面

6. 屋外温水プールとジャグジー、それとウォータースライダー!!?
小学校のプールの時間を思い出させてくれる25メートルプール。
(余談ですが・・・アメリカの学校では、安全上の理由なのでしょうか、プールの授業はありません。)

温水プール

こちらは、ジャグジーです。↓
首まで浸かれる浴槽がないアメリカでは、プールの後はジャグジーに浸かって体を温めます。
私達日本人から見ると、温泉気分を味わえる唯一の場所なのですが、周りに人がいないといってスッポンポンになるのはタブーです。(必ず、水着は着用しましょう。)

ジャグジー

フィットネスクラブに、なぜかウォータースライダーが・・・。↓
託児所も完備されているので、子供達の遊び場として設置されているのでしょうか?
昨年11月にオープンした事もありますが、これまで、この温水完備のスライダーを利用している人を見た事がありません。(次回、私が一番乗りで利用してみようかとも・・・。)

ウィータースライダー

7. サウナとスチーム・サウナが両方楽しめる!!
  サウナ設備があるジムは昔からいろんなところにありましたが、ここにはスチームサウナまで設置されています・・・気分は“健康ランド”?

サウナ入り口

おなじみのサウナ、木の香りがいいですね。↓  それと、スチームサウナ・・・↓

サウナスチームサウナ

8. プール&ジャグジーの後の濡れた水着は、持ち帰る前に・・・脱水!!
なるほど、濡れたままの水着を持ち帰るのはNG。実際に使ってみましたが、これには納得。

脱水1脱水2脱水3

9. 清潔なロッカールームと“ゴォ~ジャス!”なシャワールーム
清潔なロッカールームは基本ですね。

ロッカールーム

こちらは、人口大理石のシャワールーム。“オー、ゴォ~ジャス!”
これが、西洋人の標準なのか?まるで、高級ホテルのスパ。
 
シャワールームシャワー

10. “CHANGE your life”
  出口のゲート前に掲げられた、“CHANGE your life”のメッセージ。↓

Change Your Life

正に、その通り。
もともとは、“トレーニングを続ける事で、貴方の人生が変わる”といった意味なのでしょうが、これらの設備を兼ね備えたフィットネスクラブの存在自体が、既に、私の生活を大きく変えてくれています。

しかしながら・・・大切なのは、 本当の意味での“CHANGE my life!!”
“現状に満足することなく、常に次のレベルに向かって向上心を持ち続ける事。”
・・・ですね。


P.S.
そうそう、お伝えするのを忘れておりましたが、これらの設備を有するフィットネスクラブのお値段は、月会費$29(約2400円)、入会金$105(約8700円)。24時間いつでも利用できます。



河上

河上慎二郎

昔、TVで見た“アメリカン・ファミリー”のイメージを心に抱き、妻と3人の子供達を引き連れて、 憧れの国アメリカへ!当時小学2年生だった息子も今や20歳の成人。最近、妻と2人の時間が増え、 子供達の成長を嬉し悲しく見守る日々。アルプスの少女ハイジのヒゲジイのような生活に憧れ、 週末にはBig Bear Lakeの山小屋で自然とたわむれる。 得意技は、“財務・経理”と“薪割り”…… そんな、こだわりの九州男児。 (熊本県出身、CFO&CPA)

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 事故
  • 市営図書館

11件のコメントが ““CHANGE your life”フィットネスクラブ in アメリカ”に入っています。
  • 投稿者: Maki

    まるで高級スパのようですね。こんなに恵まれた設備に興味津々です。アメリカは気軽に体を動かせる環境が良いですね~。そして、まさかのこのお値段!!

  • 投稿者: Mariko Nakahara

    私も同じ別の場所の同じジム利用してます。ちなみにキャンペーン中に会員になったので、2年で$299!!この設備でこのお値段、お得です。

  • 投稿者: Akira Kodama

    お金だけ払って、ぜんぜん行ってない。行こうか、辞めようか、、、、

  • 投稿者: Shinjiro Kawakami

    最初は気負っていても、つい三日坊主になりがちなエクササイズ・・・気軽に行ける環境という所が嬉しいですよね。(・・・もちろん、お値段的にもという所もポイントですね。)

  • 投稿者: Shinjiro Kawakami

    この低価格。どうしてこんなに安く出来るのか、不思議ですよね?・・・ベンチ・プレスをやっている間でも、つい頭の中に“お贅沢”という言葉が浮かんできちゃいます。土地の広さだけではなく、会員数がかなり確保できていないと、これだけの設備は保てませんね。さすがは、フィットネス大国アメリカですね。

  • 投稿者: Shinjiro Kawakami

    ジョギングやサイクリングがいつでも出来るハンティングトン・ビーチに住んでいる児玉さんにとっては、わざわざフィットネス・クラブへ行く必要もないかもしれませんね。でも、たまにジムに行って大人数の中で汗をかくと、いつもと違ったモチベーチョンが沸いてきて良いもんですよ。でも、夕方5時~8時は、場所によっては凄く混みあってますので要注意です。

  • 投稿者: 小野寺イクエ

    全く運動をしていない私でも行きたくなっちゃいました!これ、まじスゴイですよね~!1日過せそう。。。

  • 投稿者: Shinjiro Kawakami

    24時間オープンですから、3日間の泊り込み合同合宿でも企画しましょうか?あと電子レンジと洗濯機があれば、4・5日は過ごせちゃいますね・・(笑)

  • 投稿者: 晴吉

    わ~ウォータースライダーもあるんだー。すごーい!!シャワールームもかっこいい!!

  • 投稿者: Shinjiro Kawakami

    確かに、私も、“ものすごーい!!”と感動しました。特に、最初に足を踏み入れた時には、終始ニコニコ(ニヤニヤ?)が抜けませんでしたが、あくまでも、ここはフィットネスクラブ・・・トレーニング関係以外に、これだけの設備がそろっているにも関わらず、サウナとシャワー目的で帰ってしまう人が殆ど見当たらないのが、なんとな~く嬉しく思い関心しています。

  • 投稿者: Tweets that mention “CHANGE your life”フィットネスクラブ in アメリカ | ビーグレンタイムズ【ビーグレン公式オンラインマガジン】 -- Topsy.com

    […] This post was mentioned on Twitter by 晴吉, Shinjiro Kawakami. Shinjiro Kawakami said: RE: @harukichi7 確かに、私も、“ものすごーい!!”と感動しました。特に、最初に足を踏み入れた時には、終始ニコニコ […]

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP