ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

オタカラ? ガラクタ?

私が住むトーランス市のオールドトーランスと呼ばれる、その昔駅舎があった辺りでは、
毎月最終日曜日にアンティーク蚤の市が開かれます。
複数の通りを通行止めにして、なかなかの出店数です。


KIF_1005 KIF_1003


道路脇にずらりと並ぶテントをのぞいてまわると、様々な歴史を感じる(?)品々が。

全く、アンティークの目利きではない私ですが、オモチャなどにはついつい
足を止めて見入ってしまいます。


KIF_0985 KIF_0986


馴染みのあるキャラクターもどこか表情が違うのは、移り変わりなのでしょうか、
コピーものだからなのでしょうか?


KIF_0984


こんなミニカーを見ていると、日本にいる甥っ子たちへのプレゼントにいいかも?
なんて、考えてしまいます。実際に買って帰れば当の甥っ子たちよりも、
私の父、つまり「ジジ(爺)」の方が興味を示すこと間違いないですね。

ちなみに、付いていたお値札には小さいものだと$5以下のものや、
大きいものでも$10しなかったりと、お手ごろ価格です。

そのほか、足を止めているご年配の女性の姿が目立ったのは、
アクセサリーやガラス細工のお店でした。
きっと、娘時代からおしゃれな方だったんだろうなと感じさせる方々です。


KIF_0988 KIF_0998

KIF_0990


そんなホンワカとした気分で足を進めていると、中には
「えぇぇ!!! これにお金を出すの???」というようなものまで・・・・・。


KIF_0994 KIF_0995

KIF_0996


一つ$3、4つで$10。たしかに今では手に入らないような缶や瓶ではあるけれど。
う~ん、買う人がいるからこそ、出店しているんですよね。
まさに、オタカラ?ガラクタ?

おもしろいなぁ・・・・・・、としみじみ思いながら、さらに通りを歩き続けていると、
あいにく小雨が降ってきてしまい、早々に店仕舞いをするテントが続々と・・・・・・。

私も、そろそろ帰ろうかなと、駐車場へ引き返そうとした時に目に入ったものがこれ。


KIF_1004


なんだか嬉しくなりました。

お天気のいい日は、値段交渉という立ち話を楽しんでいる人々の姿でにぎわう、
このアンティーク蚤の市。
目利き自慢の方は、お宝を発見のチャンスかも?!?!




K.Sawada

K.Sawada

日本での学生時代は大の数学嫌いだったくせに、パズル好きが高じて(?) か経理を担当。アラサーで単身渡米した私も、気づけばアラフォー。 未だ単身のまま「限界は自分で決める」をモットーに挑戦の日々を送っております。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • ゼンマジック

4件のコメントが “オタカラ? ガラクタ?”に入っています。
  • 投稿者: Noguchi

    分かる人にはとんでもないものが発掘できそうですね。アンティーク蚤の市、興味深いです。

  • 投稿者: ks

    ほんと、驚きのお宝が紛れているかもしれませんね。そうでなくても、十分味わい深いものばかりで、わからないなりにも見ているだけで楽しめました。他の地域でも定期的に蚤の市が行われているようなので、行ってみようかな。

  • 投稿者: Shinjiro Kawakami

    日本で探し出せないものも、ひょっこり出てくる事がありそうな?宝探しのようで、楽しそうですね。

  • 投稿者: ks

    そうなんですよね。出店している方々も趣味でやってる感じなので、こちらから聞かない限りセールストークもしてきませんので、気楽に「見てるだけ」を楽しめますし。

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP