ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

体の中から美肌細胞を育ててトラブル肌を改善しよう!

私たちの肌は毎日の食事から取り入れた栄養を素にして新しい肌細胞を作っています。美肌づくりには、化粧品やエステなど外からのスキンケアだけでなく、肌が喜ぶ栄養を補給して体の中からのスキンケアも心がけましょう。

今回は、乾燥肌や紫外線によるダメージ肌、しわやたるみなどが気になるエイジング肌などの肌タイプ別に美肌づくりに効果的な栄養素と食べ物をご紹介します。

食べるスキンケア

くすみやカサつきが気になる乾燥肌


私たちの肌は年齢とともに保水力が衰え、皮脂の分泌も少なくなるので、だんだん乾燥肌になっていきます。肌が乾燥すると、肌のバリア機能が低下して紫外線や細菌など外からの刺激に対する抵抗力が弱まります。また、肌の表面が硬くなって古い角質が溜まり、肌がくすんでしまいます。そして、しわやしみ、たるみ、ニキビなどあらゆる肌トラブルを引き起こす原因になります。

くすみやカサつきが気になる乾燥肌の改善には、外から保湿ケアと同時に体の中からも水分の補給をして、肌細胞の保水力や肌のバリア機能を高める働きのある食品をとると効果的です。
ミネラルウォーター
良質な水
ミネラルウォーターなど良質な水をこまめに飲んで、体の中からも水分補給をすることが大切です。

オメガ3脂肪酸
フラックスシードオイル肌の細胞膜をつくる材料となり、細胞の保水力を高めます。また、毛細血管を丈夫にして血行を促進する作用があります。

フラックスシードオイル(亜麻仁油)、キャノーラオイル、サーモン、サバなどの青魚、くるみ

ナイアシン
チキン胸肉ビタミンB群のひとつ。皮膚のバリア機能を高めて肌の健康を保ちます。

鶏の胸肉、豚肉(レバー)、牛肉(レバー) 、小麦粉

ビオチン
タマゴビタミンB群のひとつ。肌細胞の再生を促進して新陳代謝を活発にします。

タマゴ、アボカド、サーモン、レバー、いわし、大豆

 

紫外線によるダメージ肌


紫外線を浴びると、活性酸素が発生してメラニンが大量に作られ、肌のターンオーバーで排出しきれなくなったメラニンが蓄積されてしみが発生します。
また、紫外線の影響で発生した活性酸素は、コラーゲンやエラスチンなどの肌細胞にダメージを与えます。その結果、たるみやしわなど肌の老化現象を引き起こします。

紫外線によるダメージ肌の改善には、活性酸素やメラニンを抑える働きや、細胞のダメージを修復したり、炎症を抑える作用のある食品をとると効果的です。

リコピン
トマト「カロテノイド」(植物に含まれる赤、黄色、オレンジ色の色素)のひとつで、抗酸化作用がビタミンAの2倍、ビタミンEの100倍以上と言われます。また、最近の研究によると、メラニンの生成を促進する活性酸素を除去するとともに、メラニンの生成に必要な「チロシナーゼ」の働きを抑えるそうです。ちなみに、トマトは加熱調理した方がリコピンの吸収がよくなるそうです。

トマト、赤ピーマン、スイカ、ピンクグレープフルーツ、パパイヤ

ポリフェノール
ベリー細胞の老化を防ぐ強力な抗酸化作用や炎症を抑える作用があります。

ブルーベリー、イチゴ、ブラックベリー、アサイーベリー、緑茶、カカオ(チョコレートやココアなど)

ビタミンA
レバー抗酸化作用が強く、ダメージを受けた肌細胞を修復する作用があります。また、コラーゲンの生成を促進して、肌の新陳代謝を活発にします。

レバー、さつまいも、ニンジン、メロン、ブロッコリー、ほうれん草、赤ピーマン、アスパラガス、低脂肪ヨーグルト

ビタミンC
ピンクグレープフルーツ「肌の万能美容液」とも呼ばれ、抗酸化作用だけでなく、メラニンの生成を抑制したり、コラーゲンやエラスチンの生成を促進したり、炎症を抑える作用があります。

ピンクグレープフルーツ、赤ピーマン、ブロッコリー、いちご、パパイヤ、キウィ、メロン、柑橘系フルーツ、さつまいも

ビタミンE
アーモンド抗酸化作用に優れ、「若返りのビタミン」とも呼ばれます。また、血行を促進して新陳代謝を活発にします。女性ホルモンの分泌を促す作用もあります。

アーモンド、アボカド、小麦胚芽油、ひまわりの種、ヘーゼルナッツ、うなぎ、ピーナッツ、ごま

 

しわ・たるみが気になるエイジング肌


年齢が進むにつれ、お肌にハリや弾力をもたらすコラーゲンやエラスチンなどが減少します。また、老化を引き起こす活性酸素が増えます。

しわ・たるみなどが気になるエイジング肌には活性酸素を抑える働きや、肌細胞を修復したり、コラーゲンの生成を促進して肌の新陳代謝を高める作用のある食品が効果的です。

ポリフェノール
緑茶細胞の老化を防ぐ強力な抗酸化作用があります。

緑茶、カカオ(チョコレートやココアなど)、ブルーベリー、イチゴ、ブラックベリー、アサイーベリー

セレニウム(セレン)
マグロ既に出来てしまった活性酸素を分解する働きがあり、肌細胞をダメージから守ります。また、肌の弾力を保つエラスチンの生成を助けます。

マグロ、カツオ、イワシ、タラ、牛肉、ターキー

ビタミンA
ニンジン抗酸化作用が強く、ダメージを受けた肌細胞を修復する作用があります。また、コラーゲンの生成を促進して、肌の新陳代謝を活発にします。

ニンジン、レバー、ほうれん草、ブロッコリー、メロン、赤ピーマン、低脂肪ヨーグルト、アスパラガス

ビタミンC
赤ピーマン「肌の万能美容液」とも呼ばれ、抗酸化作用だけでなく、メラニンの生成を抑制したり、コラーゲンやエラスチンの生成を促進する働きや、炎症を抑える作用があります。

赤ピーマン、パパイヤ、ブロッコリー、いちご、キウィ、メロン、ピンクグレープフルーツ、柑橘系フルーツ、さつまいも

ビタミンE
アボカド抗酸化作用に優れ、「若返りのビタミン」とも呼ばれます。また、血行を促進して新陳代謝を活発にします。女性ホルモンの分泌を促す作用もあります。

アボカド、アーモンド、小麦胚芽油、ひまわりの種、ヘーゼルナッツ、うなぎ、ピーナッツ、ごま

いかがでしたでしょうか?肌に良い食生活はできていましたか?
今回こちらに挙げた食品群をぜひ参考にしていただき、トラブル知らずの肌状態を目指してくださいね!

次回は、ニキビの改善に効果的な食品たちをご紹介します!

【参考資料】(英語)
『Superfoods for Amazing Skin』
『9 Superfoods for Beautiful Skin』



Kayo

水野 加代  Writer

ハワイの海に魅せられ、16年間住み慣れた南カリフォルニアからホノルルへ移住。 現在はエステティシャン&ボディマッサージセラピストとして日々女性の美をサポートする傍ら フリーの美容ライターとして女性の美と幸せをサポートする情報を発信しています。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • パグ
  • ポルトラ・コーヒーラボ

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP