ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

心も体も元気になる『ラフターヨガ』


笑いは健康にいいと知っていても、なかなか意識して笑えないものですよね。そこで生まれたのが『ラフターヨガ』。「作り笑い」でも「自然な笑い」と同じような効果が得られることから、笑うことをエクササイズとして取り入れ、ヨガの呼吸法と融合したヨガの進化形です。「ただ笑うだけ」のエクササイズなので、だれでも簡単に行えて、心身ともに健康になるといいます。

まだ聞きなれないエクササイズ法ですが、アメリカ女性に絶大な人気を誇るオプラ・ウィンフリー・ショーやCNN、NBC、タイム誌などのメディアに度々取り上げられています。アメリカだけでなく、BBC(イギリス)、ZDF(ドイツ)、NHK(日本)など各国のメディアでも紹介され世界的に注目が高まっています。


ラフターヨガの健康効果


「笑い」をエクササイズとして行うラフターヨガには次のような効果があるといいます。
  • 血液の循環がよくなる
  • リラクゼーション効果
  • 痛みを和らげる
  • 不安感やストレスの軽減
  • 免疫力の向上
  • 肺活量の増加
  • 臓器の活性化
  • 心臓病の予防
  • コニュニケーション能力の向上
  • 協調性の向上


ラフターヨガの歴史


『ラフターヨガ』は、1995年にインド人医師のマダン・カタリア博士により考案されたエクササイズです。
当時、『Laughter: The Best Medicine(笑いは最高の薬)』というタイトルの記事を執筆していたカタリア博士は、体と心の健康をもたらす「笑い」をストレスの多い日常の生活に活用する方法として、1995年3月、インドのボンベイにある公園で健康のために笑う、『ラフタークラブ』を発足しました。

当初は集まった人々でジョークをいい合ったりして笑っていましたが、ジョークに笑えなかったり、ネタがないなどで笑いが持続しなかったそうです。笑いを持続させるいい方法はないかと模索していた時、「笑うという行為自体が楽しいという感情を生むため、作り笑いも自然の笑いと同様の健康効果をもたらす」ことを知り、ジョークに頼る必要なく、「エクササイズとしてただ笑う」というコンセプトが生まれました。

そして、当時ボンベイ大学でヨガの講師をしていた奥様のマドゥーリ・カタリアさんが「笑い」にヨガの呼吸法とエクササイズの要素を加え、ラフターヨガが完成しました。


世界に広がるラフタークラブ


ラフタークラブ

1995年にインドのボンベイにある公園でたった5人から始まったラフタークラブは、現在では世界60カ国以上に広がり、ラフタークラブの数は6,000以上、その会員数は1万人以上に広がっています。

日本にも150以上のラフタークラブがあるそうです。ご興味のある方はラフターヨガ・ジャパンのサイトからお近くのラフタークラブを探してみてくださいね。
ラフターヨガ・ジャパン http://laughteryoga.jp/club/


ラフターヨガを体験してみました!


ラグナビーチ
ビーグレン本社があるハンティントンビーチから車で約30分ほど南にあるラグナビーチのラフタークラブに参加してみました。

このクラブは、アメリカのメディアに注目されているラフターヨガマスター、ジェフリー・ブライアー氏が主催するクラブで、インド以外では世界で唯一毎日ラフターヨガを行っています。


平日の早朝8時。眠い目をこすりながら集合場所のビーチに着くと、ヨガマスターのジェフリーさんをはじめ参加者の皆さんが満面の笑顔で「ようこそ!」と迎えてくれたので、ホッと、和やかな気分になれました。参加者の皆さんと軽く挨拶を交わした後、まずはウォーミングアップ。皆で輪になり、ヨガマスターの指導の下で軽いストレッチをして深呼吸をします。

ヨガマスター・ジェフリー

ウォーミングアップ後は、笑いを誘うラフターエクササイズ。インドの挨拶、ナマステをイメージして手を合わせ、「わ、はっはっはっ!」と参加者一人ひとりと挨拶をします。「さぁ、笑いましょう!わ、はっはっはっ!」といわれても、いきなりしらふでは笑えず戸惑いましたが、大声で笑っている他の参加者の方々と挨拶をしているうちに、だんだん笑いが伝染して面白くなってきました。

すると、「次は、鳥になって自由にとんでみましょう!わ、はっはっはっ!」と、マスターのかけ声。みんなで「わ、はっはっはっ!」と笑いながら、鳥のように両手を広げ、岩の上にのぼったり、ジャンプしたりとまるで小さな子供のように、自由に心のおもむくままに動きまわります。他の人が見たら異様に映るだろうな~と気恥ずかしい気持ちでしたが、だんだん心が開放されていき、そのようなことは気にしなくなっていきました。

このようなエクササイズをいくつか続けていくうちに、だんだんと楽しい気分になっていき、いつの間にか自然に笑えるようになっていました。最後は皆で輪になり仰向けに寝て、また「わ、はっはっはっ!」と大笑いをしたあと、目を閉じて静かに瞑想をします。早朝のひんやりした潮風を感じながら砂浜に寝転んでいると、とても清々しく、リラックスした気分になります。

初めてのラフターヨガ体験は、心がほぐされたような感覚でした。また参加したいと思います。

(ラグナビーチのラフターヨガの様子はコチラのビデオでご覧下さい。)


【参考資料】(英語)
Laughter Yoga International http://www.laughteryoga.org/
The Laughter Yoga Institute http://lyinstitute.org/about-laughter-yoga/



Kayo

水野 加代  Writer

ハワイの海に魅せられ、16年間住み慣れた南カリフォルニアからホノルルへ移住。 現在はエステティシャン&ボディマッサージセラピストとして日々女性の美をサポートする傍ら フリーの美容ライターとして女性の美と幸せをサポートする情報を発信しています。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 愛用者の声
  • カールスジュニア

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP