ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

ダイエット中なのに食べちゃう方必見!これで食欲がコントロールできる!?

本格的な夏を迎え、肌の露出に比例して高まるダイエット願望。
でも、痩せたいと思えば思うほど高まる食欲……。
今回は、そんなジレンマに陥っている方に耳寄りな食欲をコントロールする方法をご紹介します。


アメリカの女性たちに絶大な支持を誇る現役外科医、ドクター・オズが司会を務める人気健康情報番組、『THE DR. OZ SHOW』によると、手軽に実践できる食欲を抑える働きのある食材があるそうです。

グルコマンナン

こんにゃくの主成分である「グルコマンナン」は水溶性の食物繊維。
体の中に入ると、スポンジが水をどんどん吸収するように水分を吸収して膨らみ、空腹感を和らげると同時に、炭水化物やコレステロールの吸収を抑えるため、ダイエットの強い味方になってくれます。また、体内に溜まった有害物質や老廃物を排出してくれるので、整腸作用や便秘を解消する働きもあります。腸内が健康になると、代謝機能がアップして痩せやすい体になるといいます。

このような働きのため、アメリカではグルコマンナンは“ダイエットサプリ”として健康志向の高いスーパーやドラッグストアで販売されています。

<グルコマンナンの効果的な取り入れ方>

• グルコマンナンのパウダー(こんにゃく粉)を利用する

ドクター・オズオススメのグルコマンナンの効果的なとり方は、パウダー状のグルコマンナンを好きな食べものや飲み物に混ぜる方法。グルコマンナンパウダーは味がないのでパスタのソースやスープに混ぜたり、ヘルシーに野菜ジュースやフルーツのスムージーに混ぜたり色々と応用ができます。

★食欲を抑えるグルコマンナン・グリーンジュース!★


グルコマンナンパウダーを使ったドクター・オズおすすめのヘルシーでダイエット効果抜群の野菜ジュースのレシピをご紹介します。

材料:3~4杯分
グルコマンナンパウダー 小さじ1
ほうれん草  2カップ
キュウリ  2カップ
セロリ 1本
パセリ  1束
リンゴ  2個
ショウガのすりおろし 小さじ1
ライムの搾り汁 1個分
レモンの搾り汁 1/2個分

作り方は材料全てをブレンダーで混ぜるだけ!
このレシピで飲みにくさを感じる方は、ハチミツ大さじ1杯とミネラルウォーターを1カップ入れると飲みやすくなりますよ。

お腹が空いた時や夕食の代わりにこのジュースを飲めば、ダイエットの強~い味方になってくれそうです。

• シラタキを利用する

茹でたシラタキをパスタ・うどん・ラーメンの麺の代わりに利用すると、低カロリーでお腹も満足するダイエット食が手軽に作れます。また、シラタキを細かく切ってお米と半々に混ぜて炊けば、カロリーが気になるご飯も安心して食べられます。

グルコマンナンはダイエットに効果的なことから、日本では「こんにゃくダイエット」が一時ブームになりましたが、こんにゃくを大量に食べると腸閉塞を引き起こす危険が高くなると言われますので、食べ過ぎないようにしましょう。

食欲を抑える効果のある食材として、グルコマンナンの他には、次のようなものがあります。


グレープシードオイル



ぶどうの種から抽出されるオイル。抗酸化作用の高いポリフェノールやビタミンE、リノール酸やオレイン酸が豊富です。グレープシードオイルにはインスリンの働きを助け、脂肪の燃焼を促進する働きがあるそうです。また、胃に入った食べ物や水分が胃から排出される時間を遅らせる作用があるため満腹感が持続します。

効果的な取り入れ方としては、毎日お昼ごはんの2時間前に小さじ2杯のグレープシードオイルを飲むと良いそうです。


パインナッツ(松の実)



松の実だけに含まれるオイル、ピノレン酸にはコレシストキニン(CCK)やグルカゴン様ペプチド(GLP-1)という食欲を抑制するホルモンの分泌を促す働きがあるといいます。ピノレン酸を摂取して食欲が低下し、食事の摂取量が36%も減ったという研究結果も報告されているようです。

このナッツはたんぱく質も豊富なので、毎日一握りほどのパインナッツを食べるとダイエットに効果的なのだそうです。


フェンネルティー(ウイキョウ茶)



ダイエットのハーブとして古代ギリシャの女性たちに愛飲されていたと言われるフェンネルは、食欲を抑える働きやクレンジング効果があるそうです。利尿作用や発汗作用があるのでむくみ防止にも効果的。また、消化を助け栄養の吸収を高める一方、脂肪の燃焼を促す働きがあります。胃腸系のトラブルや便秘の改善にも良いといいます。

* 妊娠中の方は摂取を控えた方がいいそうです。

いかがでしたでしょうか。
「痩せたいのに、ついつい食べ過ぎてしまう~!」とお悩みの方は、お試しくださいね。ただし、どの食材もとり過ぎはよくありませんので、自分の体に合わせて適量を取り入れてくださいね。

【参考資料】(英語)

http://www.doctoroz.com/videos/dr-ozs-glucomannan-recipes

http://www.doctoroz.com/videos/best-ways-control-your-hunger



Kayo

水野 加代  Writer

ハワイの海に魅せられ、16年間住み慣れた南カリフォルニアからホノルルへ移住。 現在はエステティシャン&ボディマッサージセラピストとして日々女性の美をサポートする傍ら フリーの美容ライターとして女性の美と幸せをサポートする情報を発信しています。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 料理
  • ポリリン酸

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP