ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

インターナショナル・メイクアップ・アーティスト・トレードショー(IMATS)レポート

IMATS

LA郊外で行われた国際メイクアップアーティストトレードショーに行って来ました。この展示会は、バンクーバー、シドニー、トロント、ロンドン、ニューヨーク、そしてLAなどで行われる国際的なショーです。雑誌『メイクアップ・アーティスト』誌の編集長マイケル・キーは1997年の8月に、ロサンゼルスで初のIMATSを開催しました。

メイクアップ界では世界最大のトレードショーです。何千人ものメイクアップアーティストやベンダーなどの関係者が集い、最新の情報を教えるセミナーに出席し、技術を磨いたり、情報交換を行ったりします。

KABUKI


Photo by Karl Gian

Photo by Karl Gian

レディー・ガガやクリスティーナ・アギレラ、またH&Mを初め多くの広告のメイク・アップを手がけるアーティストKABUKIがメイク・アップの実演を行いました。

KABUKIはマドンナ、グウェン・ステファニー、グウィネス・パルトロウ、カイリー・ミノーグ、ナオミ・キャンベル、そしてマイケル・ジャクソンなどを手がけてきたカリスマメイクアップ・アーティストです。雑誌ではVOGUE誌やELLE誌、テレビ・ドラマ『SEX AND THE CITY』、映画『パーティー・モンスター』などでメイクアップを手がけています。

Courtesy of 'Make-Up Artist' magazine Photo by Deverill Weekes

Courtesy of ‘Make-Up Artist’ magazine Photo by Deverill Weekes



彼の手がけたメイクアップはやはり舞台向けの華やかなものでありました。ソフトな語り口で自らのメイクアップ方法を解説する彼にはカリスマを感じました。

LIME CRIME


LIME CRIMEの新作発表
ドリーミーなデコレーションが印象的な『LIME CRIME』はとても賑わっていました。創業者のDoe Deereの世界観が表現されたメイク・アップです。Aquataeniaという人魚と海をテーマにした新しいパレットの発表を行なっていました。タトゥーのデザインを思わせる西海岸っぽいビジュアルですね。鮮やかなパレットは肌に乗せた時の発色もよかったです。

ベネフィットによる「ブロウバー」


ブロウバー

今、アメリカでは、豊かで太い眉毛が流行り!サンフランシスコ発、ポップ&レトロなデザインで人気を集めるコスメブランド『ベネフィット』はブロウバーコーナーを開設し、眉毛のお手入れサービスを披露。実際に店舗でも受けられるサービスです。グラマラスな眉毛を求めて多くの人が並んでいました。その場でお手入れをしてくれるだけではなく、メイク道具や、家でのお手入れ方法などを詳しく教えてくれるのも嬉しいです。

プロご用達!ブラシ売り場


プロ用ブラシ ブラシ

抗菌処理が施された化粧ブラシ。プロ向けには、使い捨てできる大量パックのパフや、チップなどが売られていました。肌に触れるブラシは、そこに細菌が感染してしまう危険性もあります。多くの人をメイクするメイク・アップ・アーティストは特に気を付ける必要がありますが、個人でも定期的にクリーニングするとよいですね。専用のクリーナーも多く売られていました。

ブラシ売り場

また、動物性のものを使わないことを意味する「ヴィーガン」というキーワードはよくレストランで目にすることが多いのですが、このように道具の世界にも使われているのが印象的でした。

お肌の表面を滑らかにしてくれるモイスチャライザー


モイスチャライザー
会場では多くのモイスチャライザーが売られていました。その多くはその後にメイクアップが乗りやすくするための「プライマー」としての機能を重視したものがほとんどでした。しっとりとしたというよりも、さらっとした仕上がりが多かったです。

お肌に潤いを与え、それでいて表面を滑らかに整える、ということはキレイで崩れないメイクアップのためには必要不可欠なのですね!

エアブラシメイクアップ用のグッズも流行っていました。


エアブラシメイクアップ用のグッズも流行っていました。

エアブラシ・メイクアップ
エアブラシ用に使えるリキッド・ファンデーションも、エアブラシがない人でもそのまま使えるそうです。

ツール
ボトルの最後までかきとることができるツール。プロは最後の一滴まで無駄にしません。

カラフルなメイク
カラフルなメイク

「色」で遊ぶメイクアップ。見ているだけで心が浮き立ち、クリエイティビティーが刺激されますね。中にはこんなユニークなメイク・アップを実演している人も!

変わったメイク・アップ ユニークなメイク

特殊メイクアップフロア


映画産業が集まる街ハリウッドがあるロサンゼルス。この街のメイクアップアーティストは映画向けの特殊メイクも手がけています。特殊撮影のブースが多く出展していました。

特殊メイクアップミュージアム
特殊メイク
特殊メイクの体験コーナーもありました。

特殊メイクの体験コーナーもありました。



メイクアップといっても本当にバラエティ豊富。メイクアップの可能性とその威力にすっかり圧倒された一日となりました!


Yui

池嶋 ゆい  Editor / Staff Writer

7年前に渡米。メディア関係の仕事を経て、現在ビーグレンイッシュのライターをしています。好きな言葉は「なせばなる」。好きな香りはベルガモット。いつまでも美しくアクティブな女性たちの秘密を求めて今日も取材に走ります!!

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 花火大会
  • 小野さんと本間さん

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP