ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

友達つきあいで痩せる?友情と体重の不思議なカンケイとは

ダイエットといえば、食事や運動方法に注目した方法論が紹介されることが多いですが、実は「人間関係」や「社交活動」も体重に影響しているかもしれないことがわかりました。

フレンド

社交的な人は痩せる?


オハイオ大学がネズミを使って行った研究によれば、複数の仲間と過ごしたネズミは、一匹で過ごしたネズミより体脂肪が少なかったそう。数週間、他のネズミやおもちゃなどを与えられた環境に置かれたネズミは、より高カロリー・高脂肪の食事をしているにもかかわらず、腹部の脂肪が一匹で過ごしたネズミと比べると約5割も減っていました。

これは、他のネズミとの社交的な刺激のおかげで、脂肪を貯めこんでしまう「白色脂肪」がカロリーを燃焼させる「褐色脂肪」へと変化するからだと言われています。褐色脂肪を増やすためには、運動などが有効とされてきましたが、「社会的な刺激による脂肪の減少は、運動することによって得られる脂肪の変化よりも大きい」とこの研究を行ったマシュー・デュアリング博士は語っています。

ドッグ

理由はまだはっきりとしませんが、動物の脂肪は「仲間の有無」という環境の変化に大きく左右されるらしいことがわかったのです。


身近な人と自分の体型には相関関係がある?


人間関係と肥満については、もうひとつ興味深い研究があります。

フラミンガム・ハート・スタディ(FHS)という長期間に渡り循環器の研究を続けている医学機関がニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスン誌に発表した研究によれば、肥満とされる人々の社交的分布を調べたところ、肥満の人は同じように太っている友達や家族を持っている確率が高いことがわかりました。

例えば、兄弟の一人が肥満の場合、もう一人も肥満である確率は40%増え、そして、配偶者の一方が肥満であれば、もう片方が肥満である確率は37%増えるとのこと。体型において「類は友を呼ぶ」とでもいうべき現象がみられていたのです。

体型に影響を与えあう度合いとしては、同性同士の方が異性同士よりもより大きく、また単に近所に住んでいるという意味での「近さ」だけ体型に関する類似は見られませんでした。

側にいる親しい友人の体型が自分の体型にも影響を与えているかもしれないのでしょうか…なんだか面白いですね!これは、体型が遺伝的な要因はもちろん、毎日の生活習慣と深く関わっていることを示唆するものだと言えそうです。

もちろん、痩せた友達との友達づきあいを増やすことがすぐに自分の体型の変化につながることは難しいでしょう。しかし、痩せている友達とつきあって彼らのライフスタイルを参考にすることは、あなたのダイエットの役に立つかもしれません!

【参考記事】(英語)
http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMsa066082
http://www.sciencedaily.com/releases/2011/09/110906121242.htm


Yui

池嶋 ゆい  Editor / Staff Writer

7年前に渡米。メディア関係の仕事を経て、現在ビーグレンイッシュのライターをしています。好きな言葉は「なせばなる」。好きな香りはベルガモット。いつまでも美しくアクティブな女性たちの秘密を求めて今日も取材に走ります!!


  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • スムージー
  • アボットキニー

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP