ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

ダイエットの救世主、サフランの秘密

ドライサフラン
「食事制限も運動もしなくても痩せることができる」最近、そんな夢のようなハーブがあるとにわかに話題になっています。その正体はパエリアやサフランライスなどの料理に使われるサフラン。そんな身近なハーブに痩身効果があるとは嬉しい驚きですね。


サフランプラント サフランはアヤメ科に属する花のめしべを乾燥させたもの。古来より料理の香辛料としてだけでなく、医療のための薬草としても利用されてきました。

最近の研究によると、サフランに含まれるHCA(Hydroxyl Citric Acid)には食欲を抑える作用と脂肪の生成を抑える作用があるのだそうです。そのため食事制限や運動をしなくても減量が期待できるといいます。さらに生活習慣病の予防にも効果的で副作用の心配もないことから、減量に役立つ理想的なハーブとして注目が集まっています。

このダイエット効果はアメリカで人気の健康情報番組『Dr.OZ』でも紹介され、サフランのダイエットサプリメントが続々と発売されています。



サフランの食欲を抑制する秘密はセロトニン


サフランダイエット
ダイエットが成功しない最大の原因は“食欲をコントロールすることの難しさ”ではないでしょうか。食べてはいけないと思えば思うほどついつい食べ過ぎてしまい、自己嫌悪に陥ってしまうこともあるのでは。

食欲が抑えられない主な原因はセロトニンの低下があるといいます。セロトニンとは気分の抑揚に深く関係するホルモン。セロトニンが低下すると気持ちが落ち込んだり、ストレスや不安を感じたりします。すると脳が,
ドーパミンやセロトニンの分泌を促進して満足感や安心感をもたらす砂糖や炭水化物を求めるのだそうです。

サフランにはセロトニンの分泌を促す作用があるので、甘いものが食べたくなる欲求や、食事までの空腹感を抑えることができるのだといいます。


ダイエットの味方につける、サフランの摂り方


サフランを摂る方法として、サプリメント、ドライサフラン、サフランパウダー、サフランティーなどがあります。

Dr.OZの番組では、ダイエットには、サフランを加工したSatiereal Saffron Extract(サティエリール・サフラン抽出物)のサプリメントを利用するのが効果的だと紹介されていました。
(*妊娠、授乳中の方やサフランにアレルギーのある方、躁鬱病の方はサフランのサプリメントの摂取をお控えください)

お料理に使われるドライサフランを利用する場合は、深いオレンジ又は赤色で先端は色が薄くなっているものを選ぶと良いそうです。お料理の他にサフランティーとしても利用できます。8~10本のドライサフランに熱湯を2カップ注ぎ、5分ほど蒸らせば出来上がり。お好みでハチミツを入れると美味しくいただけます。

古代からギリシャやエジプト、インドなどで薬として愛飲されているサフランティーは、血液の循環をよくしてくれる他、心臓病の予防や冷え性の改善、更年期障害や月経痛の緩和、胃腸の調子を整えるなどの効果が期待できるといわれています。


サフランを使ったビューティーレシピ


キヌアのパエリア
ダイエットの救世主として人気急上昇中のサフランを美味しく取り入れる方法をご紹介します。南米アンデス地方原産の穀物、キヌアを使ったパエリアはいかがでしょうか。キヌアはアミノ酸のバランスに優れ、ビタミン類やミネラルが豊富。栄養価がとても高い健康食品として評価されています。

キヌアのパエリア


【材料:4人分】
キヌアのパエリア材料キヌア・・・・・・2カップ
エビ、ムール貝・・・・・・適量
トマト・・・・・・小3個
パプリカ(赤)・・・・・・1/2個
タマネギ・・・・・・1/2個
ニンニク・・・・・・4カケ
水・・・・・・3カップ
固形ブイヨン・・・・・・1個
白ワイン・・・・・・ 1カップ
サフラン・・・・・・一つまみ
オリーブオイル・・・・・・1/4カップ
レモン・・・・・・1/2個
イタリアンパセリ・・・・・・適量
塩、コショウ・・・・・・適量

【作り方】
1. キヌアを洗いザルにあげ、水を切っておく。

2. お湯3カップにサフランを浸す。

3. パプリカはヘタと種を除いて縦5mm幅に切る。トマトは1cm角に切る。
エビは殻つきのまま片栗粉をまぶして水で洗う。

4. タマネギ、ニンニクをみじん切りにする。

5. 鍋にオリーブオイル大さじ1を熱してエビ、ムール貝を入れ中火で炒め、ムール貝の口が開いたら白ワインを振りかけ、塩・コショウをして鍋から取り出す。

6. 鍋にオリーブオイル大さじ2を熱し、みじん切りにしたニンニクとタマネギを入れて塩・コショウを振り、中火で妙める。

7.タマネギが透き通ってきたらトマト、パプリカを入れ中火で炒め、キヌア、白ワイン、2.のサフラン水、固形ブイヨンを加えて蓋をする。

8. 時々かき混ぜ、10分位して水分が少なくなったら、ムール貝、エビを並べ再び蓋をして5分程弱火にかける。

9. クシ切りにしたレモンとイタリアンパセリを散らして出来上がり!

お米よりも低カロリー、低糖質で栄養価が高いキヌアで作ったパエリアはダイエットをサポートしてくれるメニューです。くせがなく、プチプチとした食感が楽しめますよ。

サフランのサプリメント、サフランティー、キヌアのパエリアなど、自分に合う方法で上手にサフランを味方につけて、ダイエットを成功させてくださいね。


【参考資料】(英語)
http://www.doctoroz.com/videos/miracle-appetite-suppressant


Kayo

水野 加代  Writer

ハワイの海に魅せられ、16年間住み慣れた南カリフォルニアからホノルルへ移住。 現在はエステティシャン&ボディマッサージセラピストとして日々女性の美をサポートする傍ら フリーの美容ライターとして女性の美と幸せをサポートする情報を発信しています。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 風邪引き
  • お悩み相談03062013

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP