ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

BBの次はCC。アメリカ美容業界の新トレンドとヌーディーヴェールの関係とは。

アメリカの美容トレンドリサーチのため美容専門店「セフォラ」にやって来ました。ここは様々な製品が揃うだけではなく、知識豊富な美容部員や、メイクアップアーティストによるデモンストレーションが受けられる嬉しいスポットです。

アメリカの美容ショップ「セフォラ」の店頭
ちょうど映画『オズ はじまりの戦い』が公開された週でしたので、映画とコラボレーションしたアイメイクのパレットや、映画の中でキーとなっている色「エメラルド」をテーマにしたアイテムなどが目立ちました。

映画をテーマにしたメイクアップパレットアーバンディケイのパレット

ミシェル・ウィリアムズ演じる良い魔女グリンダをイメージしたパレットと、ミラ・クニス演じる悪い魔女セオドアをイメージしたパレットの二種類があり、それぞれにあったアイメイク用のカラーが集められています。メタリックな入れ物も可愛い!こういうテーマをもったパレットは見ているだけでワクワクしますね。


CCクリームそんな楽しい店内で目を引いたのはCCクリームという製品。BBクリームはしばらく前からアメリカでも人気で、それだけを集めたセクションもあるほどですが、CCクリームとは一体何なのでしょうか?

メイクアップアーティストでもあるアリアナさんにお話を伺いました。

「CCクリームはまだ出てきたばかりの、今、美容業界で最も熱いアイテムと言えます。

BBクリームの多くがカバー力と UV防止効果中心なのに対し、CCクリームにはトリートメント効果が入っているのが特長。CCクリームは肌を健康にし、顔色や肌のツヤなどを改善してくれると言われています。カバー力とUV防止効果が中心であるBBクリームに比べると、CCクリームはよりスキンケア効果に力を入れている印象です 。 今、この店では二つのCCクリームを取り扱っているけれど、これからもっと出てくると思います」


ヌーディーヴェール素肌をキレイに見せて UVカットしてくれるだけではなく、トリートメント効果も高いというというマルチタスクのCCクリーム。これは去年発売したビーグレンの「ヌーディーヴェール」の特徴と非常に似ています。また、ビーグレン製品はお肌の奥まで働きかける浸透テクノロジー<QuSome>により、高いスキンケア効果が期待できます。

ビーグレンがヌーディーヴェールで提唱したスキンケア化粧下地というアイテムは、今年になって登場してきたCCクリームというトレンドを先取りしたコンセプトから生まれたわけです。

BB、CCの次はDD!?


アメリカの美容マニアの間では「次に出るのはDDクリーム」などという噂が囁かれています。

「ビューティ・バーム」「ブレミッシュ、バーム」などの意味があった「BB」、「カラー・コレクション」「カラー・コントロール」などの意味がある「CC」に続き「デイリー・ディフェンス」をテーマとしたDDクリームは足やボディ向けの少し重い質感の保湿クリームになる予定だとか。顔だけではなくボディのスキンケアも重視されてきたことの現れかもしれません。

今後ビーグレンが発表する新製品のコンセプトが、その後EEクリームやFFクリームのような名前で話題になるかは分かりません。それよりも、ビーグレンの開発チームはトレンドの裏にある本質的なスキンケアへの欲求を満たす製品を生むために開発を進めています。

そして今後も、ヌーディーヴェールのようにトレンドの一歩先を行くアイテムを次々と生み出していくはずでしょう。


Yui

池嶋 ゆい  Editor / Staff Writer

7年前に渡米。メディア関係の仕事を経て、現在ビーグレンイッシュのライターをしています。好きな言葉は「なせばなる」。好きな香りはベルガモット。いつまでも美しくアクティブな女性たちの秘密を求めて今日も取材に走ります!!

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 795316b92fc766b0181f6fef074f03fa-300x128
  • ポルチーニのディップ

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP