ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

肌がきれいな男は出世する?アメリカで広がるメンズスキンケア

男性用スキンケア スキンケアの世界でメンズコスメが存在感を増しています。

もちろんスキンケア業界全体からみると「男性向け」は一部にすぎません。しかし、その割合は確実に毎年右肩上がりに成長しています。その勢いは北米最大のコスメ見本市『コスモプロフ』でも肌で感じることができました。

メトロセクシャルを超えて


これまで男性のスキンケアは、小奇麗で細身、また、ユニセックスで都会的な男性「メトロセクシャル」トレンドの一貫として語られることが多かったと思います。

Pierce Brosnan Ultimate 007 Edition (Goldeneye / The World Is Not Enough / Die Another Day)Beckham: Both Feet on the Ground: An Autobiography
※メトロセクシャルの例としてよく挙げられたセクシーな英国スパイ007やデイビッド・ベッカム

また男性向けスキンケアは、「これをつければ女性にモテる」というような切り口で宣伝される比較的若者層へのアプローチの製品が中心でした。

しかし今は「メトロ」っぽくない、メトロだと思われたくない男性や、「モテること」を必ずしも目的としない大人の男性のためのコスメラインが出てきています。

広がる男性用化粧品男性用化粧品

「これまでの男性用化粧品はちょっとナヨナヨしすぎていると思ったんだ。あと、ハイエンドすぎる高級なものとかね。もっと、働く男が毎日使えるスキンケアラインを作りたかったのさ!」

そう語るのは、デューク・キャノン・サプライ・カンパニーの共同創設者、サムさん。

「アメリカ製」にこだわり、実際に軍隊のモニターの意見を取り入れながら 「女性向けのものよりも約3倍大きく、一度買えばずっと使える石けん」を作っているそう。

無骨で大きなソープは、まるでレンガのようですが、シンプルなかっこよさがありました。アウトドアや機械いじりなどで真っ黒に汚れた手でもしっかりキレイにしてくれそうです。

自然派・オーガニック・アンチエイジング…


メンズコスメの個性は他にも広がっています。

男性向けスキンケア

サミュエルさんボストンで「メンズソープショップ」を立ち上げたサミュエルさんは、かつて国連職員として美容とは関係ない仕事をしていたそうです。が、男性にとっては「天然素材」などの選択肢がとても少ないことに気づきました。そして、レモングラスやイランイラン、ベチバーなど天然素材のエッセンシャルオイルを利用し、ボディソープやアフターシェーブローション、またシェービングクリームなどを作り上げたそうです。

また、「アンチエイジング」ケアをする男性も増えています。また長年コスメ製造会社を営んでいるダナさんは、女性向けのラインを展開していたところ、「男性もこの製品を使っていいのか?」「メンズラインはないのか?」という問い合わせが急増していることを痛感。そこで、ダナさんは4ステップで完結し、アンチエイジングも意識した男性のためのメンズラインを立ち上げたそうです。モイスチャライザーやアイクリームなど、女性向けにも引けをとらない、しっかりとアンチエイジングを意識した製品だそう。

「男性は、これとこれをこの順番でつけてねと言われたらそれをしっかりやり続ける傾向がある気がするわ。あとは、女性はいろいろなブランドを試したり、新製品を試したりするのが好きだけど、男性は一度使いはじめたらその製品を使い続ける人が多いわね」と興味深い話を聞かせてくれました。


女性と男性では肌質や消費行動に違いはあるものの、毎日フェイシャルケアをする男性が多くなっていることは間違いなさそうです。

この変化はより多くの男性がサービス業に従事するようになってきたこと、そして仕事場での競争が激しくなってきていること、そして男性の美しさの基準というものが変化しつつあることなどが関係しているようです。女性だけでなく、男性にとっても「見た目」が重要な時代なのですね。

自分の肌の状態や肌が求めているものを知りそれに合った製品を選んで毎日スキンケアをする……そんな、女性にとっては「当たり前」とも思えることが、今後は男性の間でも普通のこととなっていくのでしょう。

もちろん、肌に合っていて、効果のある成分が入っているのならば、メンズ向けでない製品を使ってもいいのですが、これまでの製品はコンセプトやデザインなどが、男性にとって使いたくなる魅力がなかったということかもしれませんね。また売り場などが男性にとって入りづらかったということもあるでしょう。

キレイで清潔感のある肌は、性別を問わず気持ちのよい大事なものです。肌がキレイだと、表情もイキイキしてきます。

ビーグレンはシンプルで機能的なデザイン。男性の方にも多くご利用頂いております。


【取材協力】
DUKE CANNON SUPPLY CO. (http://dukecannon.com/)
The Men’s Soap Shop (http://www.themenssoapshop.com/)
Menza Skin Care (http://www.jodannasboutique.com/menza.html)

【参考記事】(英語)
https://www.npd.com/wps/portal/npd/us/news/press-releases/pr_120208/
http://www.premiumbeautynews.com/en/male-grooming-market-grows-at,4457
http://online.wsj.com/article/SB10001424052970203687504576655331418204842.html


Yui

池嶋 ゆい  Editor / Staff Writer

7年前に渡米。メディア関係の仕事を経て、現在ビーグレンイッシュのライターをしています。好きな言葉は「なせばなる」。好きな香りはベルガモット。いつまでも美しくアクティブな女性たちの秘密を求めて今日も取材に走ります!!

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • summer-job_112693867
  • 目元の悩み_143490691

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP