ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

楽しく走ってキレイになるユニークマラソン

ランニング
最近ランニングが人気です。日本でのランニング人口は右肩上がりで、昨年にはとうとう1000万人を突破したと伝えられました。

最近はファッショナブルなランウェアも登場し、「美ジョガー」と呼ばれる女性ランナーも多く見かけるようになりました。自分にあったペースで走る中高年のランナーも増えています。ビーグレンでも社長の児玉アキラは50才の誕生日から走りだしています。

適度な有酸素運動は、生活習慣病の予防になる上、脂肪燃焼効果、基礎代謝アップなどさまざまな効能があるので、ぜひ美容と健康のために取り入れたいもの。

アメリカのランニング人口の推移

Running USA調べ



アメリカでもランニングは人気で、日本人にもおなじみの「ホノルルマラソン」や「LAマラソン」などのレースが開催されていますし、この10年間、競技人口だけでなく開催されるレースの数も増えています。また、アメリカではここ数年、これまでの「ランニング」のイメージを覆すような新たなトレンドが成長しつつあります。

「走るのは苦手だけれど、レースに出てみたい」
「単にもくもくと走るのは退屈」
「記録にこだわるのではなく、走るという行為をもっと楽しみたい」

そんな方でも思わず参加したくなってしまうような「楽しさ」に注目したクリエイティブなレースが次々と生まれているのです。ここでは、OCやLAで開催されているものを中心に、最先端のユニークなレースをご紹介します。

シャボン玉でいっぱいの「バブルラン」


バブルラン
バブルラン


巨大バブルマシーンが生み出すシャボン玉に包まれて走った後は、全身泡だらけ!子供の頃の遊びを思い出すような、楽しくなるレースです。

泥だらけになる「マッドラン」


muddy buddy
泥んこのコースを「走る」というよりもがきながら進むレース。終わった時には全身泥だらけです!これも、日常生活ではめったにできない経験ですね。


テーマパーク内を走るラン・ディズニー


ランディズニー

ミッキーやさまざまなディズニーキャラクターと一緒にテーマパークを走る「ディズニーラン」 様々なディズニーのテーマパーク内で行われる レースです。ハーフマラソンやフルマラソンなどもあるので、本格的なランナーでも楽しめそうですね。

暗がりを走るネオンラン


ネオンラン
光るコスチュームやアクセサリーに身を包み、暗がりを走るレースは、ネオンランや、ファイアーフライランなど様々なものが開催されています。 普段は日中に走るランニングですが、夜に走ってみるのも面白そうです。

走るだけではない障害物走型レースも


障害物
アスレチックのように設置された障害をクリアしていく「障害物競争」型のレースも増えています。走るだけではなく、体全身を使い、まるでテレビのバラエティ番組のような大掛かりなセットで行うレースは、勇気や、仲間同士の助けあいが必要な場面もあります。コースを走りきった後は、体だけではなく、精神面も強くなっていそうです。

これらのユニークなレースの距離は、5キロ~10キロくらいの短いものから、ハーフマラソン・フルマラソンまで様々。自分の体力と好みにあったものを選んで参加できそうです。

色鮮やかに染まるカラフルなラン


実は私も今年いくつかこのようなレースに参加しました。ひとつはカラフルな色に囲まれて走る「カラーラン」です。

カラーラン
カラーラン
距離は5キロ。真っ白なシャツでスタートし、1キロごとに設置された「カラーゲート」を潜り抜けるたびに、どんどんシャツに色が染まっていくというカラフルなレースです。

これまでしっかりランニングしたことがありませんでしたが、このレースに参加するという目標があったために、普段よりも頑張ってスポーツジムで走ることができました。また5キロという比較的短い距離だったのも、初心者にとっては嬉しかったポイントです。当日は、子供連れの家族や、歩いているグループも見かけたこのレース。決して普段から走りこんでいるわけではない友達や、さまざまなレベルの人と一緒に走れるというのは嬉しいですよね。私も自然と笑顔で楽しく完走することができました。

マラソンなど通常のレースにも参加しながら、年間に数回はこういったファンレースに参加しているランナーのテレサさんによれば、「自分の記録にこだわるより、友達や家族と楽しい時間を過ごすため」という目的が大きいそう。

家族や友達と楽しくすごす方法の一つとして、エクササイズにもなるランニングイベントを取り入れる、というのが美容や健康に気を使いながらも楽しむことに本気なアメリカ人の中では人気のようです。

運動や生活習慣は、長く続けてこそ結果が出るもの。いくら頑張ってはじめても、つらすぎて挫折してしまうのは残念です。ランニングにも「遊び」の要素を付け加えることで、楽しみながら続けられる、そんなアプローチは素敵だと思いました。

楽しいランニングレースは最近では日本開催の機運もあるようです。ランニングは苦手という方も、気軽にちょっと走ってみませんか?

【取材協力】
Running USA
The Bubble Run
http://www.bubblerun.com/
The Color Run
http://thecolorrun.com
REI Muddy Buddy Adventure Series
http://muddybuddy.competitor.com/
Warrior Dash
http://www.warriordash.com/
The Neon Run
http://www.theneonrun.com/
Run Disney
http://www.rundisney.com/



Yui

池嶋 ゆい  Editor / Staff Writer

7年前に渡米。メディア関係の仕事を経て、現在ビーグレンイッシュのライターをしています。好きな言葉は「なせばなる」。好きな香りはベルガモット。いつまでも美しくアクティブな女性たちの秘密を求めて今日も取材に走ります!!

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • alt="今週のスピリチュアル占い 8月26日~9月1日"
  • お悩み毛穴_133808201

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP