ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

キャサリン妃の産後ボディをめぐる論争

キャサリン妃の産後ボディ

Featureflash / Shutterstock.com



7月22日末に男児を出産されたイギリス王室のキャサリン妃。
出産後初の公式行事に参加した際には早くもスリムな姿に戻っていることが写真に撮られています。その見事な体型の変化は多くの人に賞賛のため息をもたらしましたが、 実は、キャサリン妃の「お腹」をめぐっては、出産後の二ヶ月間、英語圏のメディアではちょっとした騒動になっていました。

出産後初めてジョージ王子を抱いて病院から現れたウィリアム王子とキャサリン妃。その時のキャサリン妃のお腹が、まるでまだ妊娠しているかのように大きいままだったのです。 ゴシップ誌OK!は「キャサリン妃は一体何人の子供を宿しているんだ?」という見出しで、すぐにダイエットプランを発表しました。

この雑誌の表紙に対し、イギリスのTV&ラジオパーソナリティであるケイティ・ヒルさんは「出産の翌日からすぐにボディを戻すためにダイエットを勧めるなんて、キャサリン妃のみならず、女性に対して必要以上のプレッシャーを与えている」と批判。この雑誌OK!のボイコットをツイッター上で呼びかけたのです。

雑誌OK!誌のボイコットを呼びかけるケイティさんのツイート
更に、自らも6歳と3歳の二人の子供を持つ母であるケイティさんは、自分の出産2ヶ月後の写真を公開し、出産後もまだまだお腹が大きい状態であったことを告白。女性の体はそんなに産後すぐに元に戻るものではないと訴え、新しく母親になる女性に対して「すぐに体重を落とさなければいけないなんて思わないで」というメッセージを発しました。

ケイティ・ヒルさんのツイート
彼女のこの呼びかけとツイートは瞬く間にネット上で広がり、イギリス国内のみならず、オーストラリア、カナダ、そしてアメリカのテレビにも出演することになりました。

「私は単に、新しく母親になる女性たちに安心してもらいたかっただけなの」と語るケイティさんは、自らのツイートがこんなにも広まったことに、困惑し、そして圧倒されてしまったといいます。

キャサリン妃が産後のリアルな姿を発表したことをサポートしたのはケイティさんだけではありません。ニューヨークで母親になるためのイベントやサービスを展開しているリスさんは「キャサリン妃は女性に対して正しいメッセージを送っていたと思うわ。ハリウッドセレブ達は、出産後3週間ですぐにビキニに身を包んで姿をあらわすけれど、それって現実的じゃないもの」と語っています。

出産後のボディケアは多くの女性が悩むことですが、出産後にお腹のサイズがすぐに元に戻らないのは普通のこと。人によって、数ヶ月、時には、一年もお腹が戻らない時があるのです。ところが、多くのハリウッドセレブは出産後ほぼ完璧な体型に戻るまでメディアに姿を表しません。 また、メディアも子供を生んだ後すぐに体型が戻ることが当然であるかのように振る舞うために、多くの一般女性は出産後、自分の体に何が起こるのかはっきりわかっていないのだといいます。

まるで魔法のように体型を戻してしまうセレブリティ達の影に共通しているのは、大きなプレッシャーと、パーソナルトレーナーなどをつけた血のにじむようなダイエット。そして時には、修正された写真だったりするのです。

産後ダイエット業界で働くプロのパーソナルトレーナーも、その現実を指摘した上で、キャサリン妃の決断を支持しています。カリフォルニア州の産後ママ向けのパーソナルトレーナーのヘレンさんは「キャサリン妃があのような形でメディアに出たことは素晴らしいと思うわ。なぜなら私達が本当の母親のお腹を見る機会は全然ないのだから」と語ります。「多くの有名人の産後の写真は、画像修正されているのよ。偽物なの!」

体型の変化のような繊細な話題については、女性同士でも本音で話すのは難しく、多くの方がメディアやインターネットを使って情報収集をされるのではないでしょうか。今回のキャサリン妃の選択、そして、それに続く騒動は、女性の体のイメージなどについて深く考えさせられるきっかけとなりました。

産後ダイエット

さて、今回の騒動のきっかけを作ったキャサリン妃ですが、ダイエットについては「特に特別なことはしていない」とのことです。ただ、キャサリン妃はジョージ王子を母乳で育てているとも語っています。母乳で育児をすると、母乳を与えない時と比べて一日あたり約500カロリー多く消費するそうなので、出産後の公式行事で見せたスリムな体型はその影響があるかもしれません。また今後興味深い情報が出てきたら、いち早くこちらでご紹介したいと思っています。


女性のライフスタイルはライフステージに応じて変化し、それに応じて体や肌の悩みも移り変わっていくものです。事実をしっかりと知り、受け入れながらも、常に努力と正しいケアをすることで、内面から自信に満ちた笑顔が生まれてくるのだと思います。ビーグレンイッシュはリアルな女性たちが、いつも自信に満ちた笑顔でいられるような情報をこれからもお届けしていきます。




キャサリン妃が結婚前にしたと言われるのが「デュカン・ダイエット」その方法はこちらから。

【取材協力】
http://katyhillsblog.com

【参考記事】(英語)
http://katyhillsblog.com/2013/07/30/from-tweet-to-today-show/
http://ca.news.yahoo.com/real-mothers-look-kate-applauded-not-hiding-post-220902061.html

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • new_school_year_130517312
  • 登山_145922501

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP