ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

全身で音を感じて癒やされる。サウンドヒーリング

好きな音楽を聴くとリラックスできる、ということはすでに広く知られています。しかし、それだけにとどまらず、様々な楽器を使った「サウンドヒーリング」というセラピーが存在するそうなのです。サウンドで癒されるとは一体どういうことでしょうか?癒やしはもちろんのこと、「音」そして「音楽」が好きな私にとっては見逃せないトリートメントです。さっそくLAにあるスタジオ「セイクリッド・ノッツ」を訪れました。

サウンドヒーリング

Photo Courtesy of Kathryn Pallakoff & DailyCandy



まずはベッドにうつ伏せに横たわり、エッセンシャルオイルのよい香りを胸いっぱいに吸い込みます。その後、すすっと背中を軽く押されます。マッサージというほどではないのですが、軽く調整されているような感じ。もっともこれは、「サウンドヒーリング」のほんの序章にすぎません。

サウンドヒーリングの道具 いよいよ楽器を使っていきます。まずはチューニングフォークという巨大な金属製の音叉を使います。音を出した後、膝の裏、首の裏、背中、腰、そして腕の裏側など体の様々な部位に当てていきます。このトリートメントは、東洋医学の考えを取り入れているそうで、ツボを鍼灸で刺激したり、指圧したりする代わりに、ビリビリと震える音叉を押し当てることで、体を癒やしていくのだそう。音叉が奏でる音は決して大きくありませんが、振動のおかげで音が体の中に入ってくるような独特の感覚を覚えました。ディジリドゥまた、低く優しく歌っているような音を出すチューニングフォークを頭の近くに近づけられると、まるで細い指で頭をやさしくマッサージされているように、固く凝った首筋や背中がゆっくりと解きほぐされていくのがわかります。

続いて大きな金属製のボウルが背中に置かれます。これはチベット仏教の儀式の中で使われていた「チベタン・シンギングボウル」という楽器。木製の棒でボウルをこすると、体全体を包み込むような音色が響きわたります。複数のボウルから生まれる音の重なりはどこか神聖で、心が洗われるようです。

また、オーストラリアの先住民であるアボリジニが使っていたという楽器ディジリドゥも使います。無骨で素朴な楽器から生み出される太く温かみのある音色が部屋中に充満していきます。音をただ耳で聞くのではなく、全身音に包まれて、体で音を感じる……今までに体験したことのないような時間が過ぎていきました。


「ホリスティック」なサウンドヒーリング


今回サウンドヒーリングをお願いしたセラピストのキャサリンさんはジャズ・ミュージシャンの父を持ち、自らも音楽を嗜むため、常に「サウンド」の力を身近に感じていました。そんな彼女がマッサージセラピストとして様々なテクニックを習得する中で「サウンドヒーリング」の力に注目するのは自然な流れだったそうです。

「サウンドヒーリングはLAでもまだ比較的新しいものです。最近では、心や体に不調を覚えた時に、それぞれの症状に働きかけるのではなく、全体に働きかける“ホリスティック“なアプローチや、オルタナティブ・メディスン(代替療法)が注目を集めているため、その一環としてサウンドセラピーも捉えられているのです」

「私のスタジオでは、ロルフィングやクラニオセイクラルセラピーなど、様々なトリートメントを提供しているので、クライアントとカウンセリングをした上で、その人にピッタリのトリートメントを提案します。サウンドトリートメントは、体の痛みや歪みというよりも、より精神的に煮詰まっている場合、自分の中にわだかまった思いなどがある場合におすすめしています」


キャサリンさん

キャサリン・パラコフさん

サウンドヒーリングの効果は、ストレス解消はもちろんのこと、精神的なものが大きいそうです。心の中で「壁」となっていたものがなくなり、以前からやってみたかったことに挑戦できたり、素敵な出会いがあったり……キャサリンさんはクライアントからそんな体験談をよく聞くそうです。それだけではなく「美しさ」に対しても効果が期待できるものだとか。

「“美しさは内面から”という言われるように、人は、元気に満ちて、落ち着いている時に、内面から美しく輝きだすのだと思います。サウンドの振動は、心の中で凝り固まった想いを解きほぐし、体を微調整してくれます。心の中がクリアーになった時に、私達は自分たちが真に望んでいたことを選びとります。美しさとは、自分自身に対して心の底から正直であることから生まれるのです」


サロンを出た後は、まだ少し自分の体が浮いているようなふわふわした感じ。でもその余韻が消えた後は、どっしりと大地に足がついているような感覚を覚えました。更に翌日からは、これまで以上に物事に対して前向きに、そして穏やかに接することができるようになっていたのです。これも、サウンドヒーリングの効果なのでしょうか。

「癒し系音楽を聴くのかしら」なんて、軽い気持ちで捉えていたサウンドヒーリングでしたが、実際に経験してみると、全く異なるものだということがわかりました。
どんな素敵な音を出す楽器も、演奏し続けるうちに音程が狂ってくるため、「チューニング」は非常に大切です。人間も、定期的に「チューニング」して感性を研ぎ澄ますことで、クリアな気持ちでまた日々を始められるのかもしれませんね。

【参考】
取材協力:Sacred Knots
Waverly Dr. Los Angeles, CA 90039
http://www.sacredknots.com/

【参考記事】(英語)
http://www.dailycandy.com/los-angeles/flipbook/153410/Holistic-Healing-in-LA#slide=9



Yui

池嶋 ゆい  Editor / Staff Writer

7年前に渡米。メディア関係の仕事を経て、現在ビーグレンイッシュのライターをしています。好きな言葉は「なせばなる」。好きな香りはベルガモット。いつまでも美しくアクティブな女性たちの秘密を求めて今日も取材に走ります!!

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 癒し_129228689
  • rcb

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP