ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

b.smile of OC

メイクやファッションよりも女性を美しく見せるもの
感動する心と情熱を持った生き方
それが私の笑顔の秘密

Episode 5

リサ・マクデノン

インテリアデザイナー


リサ・マクデノンさん
街に対する愛は、子どもの頃から生まれ育った地元を愛するような気持ちと、その街出身ではないのに、いつのまにかその街が大好きになってしまうような愛の二種類があると思います。

OCのラグナ・ビーチに住み、インテリアデザインの事務所を構えているリサ・マクデノンさんは、ラグナ・ビーチ出身ではないにも関わらず、この街をこよなく愛していると語ってくれました。

ラグナ・ビーチ

ラグナ・ビーチの眺めに恋に落ちて


リサ・マクデノンさんとラグナ・ビーチの出会いは大学時代でした。OCにあるカリフォルニア大学アーバイン校でアートを勉強していたリサさんは、写生の課題のために美しい風景を求めて行くあてもないままに車を走らせるうちに、他のビーチとは違う個性的な景色に出会います。海の近くまで迫る切り立った崖の上に連なる美しい建物、そして、真っ白な砂浜……。リサさんはこのビーチシティーにすっかり夢中になってしまいました。

北カリフォルニア出身のリサさんは、当時OCのことをあまり知りませんでした。実はリサさんが虜になった街は、美しい風景に惹かれたアーティストが集まり、その景色を描き続けたことで有名なラグナビーチだったのです。

多くの海岸があるOCですが、そんな中でも確かにラグナ・ビーチは独特の雰囲気を持っています。懐が深く、どんな個性豊かな人でも受け入れてくれそうな空気を持つ魅力的な街です 。


ラグナ・ビーチ


『小さい街』の魅力


大学卒業後一年だけのつもりで移り住んだリサさんですが、気づけばそれ以来17年間もラグナ・ビーチにとどまっています。何がそんなに彼女を夢中にさせたのでしょうか?

「この小さな街のサイズがとても気に入っているの。それから色々な人がいるところも」

ラグナ・ビーチのダウンタウンの中央を通るフォレスト通り。それはリサさんが幼い頃を過ごした東海岸にある小さな街を思い出させるのだとか。一本の大通りの周りに立ち並ぶローカルのお店たち。それを見た時、新しい場所にもかかわらず、懐かしさを覚えたそうです。

ラグナ・ビーチ

インテリアデザインができること


リサさんは、ラグナ・ビーチのダウンタウンでインテリア・デザインの事務所を構えています。インテリア・デザインというと家具や壁紙を選んだりする仕事を思い浮かべますが、彼女の仕事はそれだけにとどまりません。

「私の仕事で本当に大切なのはクライアントの話をよく聞き、彼らの気持ちになって考えること。クライアントが夫婦の場合は、両方の言い分をよくきいて、そして二人を満足させられるような解決法を考えます。クライアントは私の作り上げた空間で毎日を過ごすのですから、空間を作った後は、本当にそこで毎日を過ごしたいか?を真剣に考えるようにしています」

クライアントから「おかげで命を救われた」と感謝されることもあるそう。大きなプレッシャーの下で仕事をしているクライアントにとっては、<リラックスできる自宅の空間>はストレスを解消し、血圧を下げ、本当に命を救うほど大事なものなのです。

またインテリアデザインは美容にとっても重要。

「キレイになるためには、よい照明のついた洗面所が欠かせません。それにとどまらず、美しい空間に身を置くことは、その中にいる人の気持ちを本当に高め、嬉しさや幸せな気持ちを引き起こしてくれるものだと思います。だから、美しい空間を作り出すことは女性を美しくするということでもあるのです」

インテリアデザインがいかに人の気持ちや、美しさにまで影響してしまうのか…常に美しさについて、そしてインテリアについて真剣に関わってきたからこそ出てくる言葉だと思いました。

リサさんと家族


大好きな街の一部になる


ラグナ・ビーチに住み、そして働いているリサさんと一緒にラグナ・ビーチを歩くと、様々な人から声がかかります。

「ハーイ!」
「元気?」

それは、彼女の友達だけではなく、クライアントも多くいます。彼女のオフィスの目の前にあるヘアサロンは、建築の段階から関わったものですし、ホテル、ブティック、そして個人の住宅まで、リサさんは、ラグナ・ビーチで様々な仕事を手がけてきました。

「個人の邸宅を手がけるのも好きだけれど、お店などの商業物件も楽しいわ。様々な人が私の作り上げた空間に身をおいて、そこを好きだと言ってくれたりするのはとても嬉しいの」

自身のデザインを通じて、ラグナ・ビーチという大好きな街の一部になっているリサさん。街の人と交わす笑顔は、まるで家族といる時のような暖かなものでした。

(文:スタッフライター 池嶋ゆい)

Lisa McDennon
Lisa McDennon(リサ・マクデノン)

インテリアデザイン事務所『リサ・マクデノン・デザイン』のオーナー。ファインアートのバックグラウンドを生かし、ラグナ・ビーチの自然のモチーフとカリフォルニアモダンの融合したスタイルで、地元ラグナ・ビーチを初め多くの商業物件や個人邸宅のインテリアデザインを手がける。

『Lisa McDennon Design』: http://lisamcdennon.com/

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • anmin_144821323
  • スパゲッティーミートソース

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP