ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

この秋は美味しく食べて、美しく痩せる!

diet_109942022

美味しい旬の食べ物が豊富な食欲の秋にダイエットするのは至難の業。食べるのを我慢して減量すると、ストレスが溜まってしまい逆効果になることも……。そんな無理なダイエットは、一時的な体重の変化は期待できても、肌が疲れた感じになってしまったり、代謝が低下して逆に太りやすい体質を作ってしまったりという結果になりかねません。

リバウンドすることなく健康的に美しく痩せるには、体に必要な栄養はしっかりと補給しながら代謝をアップさせて、脂肪を燃焼する体を作ることがポイントです。

今回は、脂肪を燃焼してくれる食べ物を賢く毎日の食事にとりいれて、「美味しく食べて、美しくダイエットできる食事術」をご紹介します。

美味しく食べて美しく痩せる8つのポイント


• 毎日120gのタンパク質をとる

• 朝食にタマゴを食べる

• 食事の前にグレープフルーツやリンゴをとる

• アボカドオイルやオリーブオイルをとる

• イワシやサバを食べる

• 食物繊維をとる

• 豆類を食べる

• 唐辛子やトマトで代謝アップ


美味しく食べて美しく痩せるダイエットメニュー


【朝食】

アボカドとトマトのオムレツ
リンゴ1/2個
グレープフルーツジュース


breakfast_9405
朝はタンパク質が豊富なタマゴに、アボカドとトマトをたっぷり加えたオムレツでスタート。トマトに多く含まれるリコピンは抗酸化作用の他に代謝をアップする効果もあるそうです。アボカドに豊富に含まれるオメガ3系脂肪酸は満腹中枢を刺激して食欲抑制ホルモンの分泌を促す働きがあるといいます。

美しく痩せるには、タンパク質は毎日しっかりとりたい栄養素。タンパク質は、代謝を促進する働きの他に、食欲を抑える効果があるといいます。また、最近ルイジアナ州立大学が行った研究によると、同じカロリーの朝食をとってもタマゴを食べたグループの方が体重の減りが大きかったのだそうです。

食事の量を控えたい方におすすめなのが、食前のグレープフルーツやリンゴ。食物繊維や栄養素が豊富なグレープフルーツやリンゴを食べると、空腹感を抑えることができるのだそうです。


【昼食】

リンゴ1/2個
チキンと大豆のトマトスープ


lunch_9436
ランチには、チキンの胸肉と大豆をトマトの水煮と固形のコンソメで煮込んだスープはいかがでしょうか。

チキンの胸肉やビーフの赤身肉など脂身の少ない肉は良質なタンパク質が豊富なので代謝を良くして脂肪の燃焼を促進します。また、大豆などの食物繊維の多い豆類は満腹感を与え、消化されにくいでんぷん質を多く含むため、カロリーの吸収を半分くらいに抑えることができます。また、血糖値を下げ、脂肪の燃焼を促します。

チキンと大豆のスープは体が温まり、満腹感を与えてくれるので夕食にもおすすめのダイエットメニューです。


【夕食】

イワシのオーブン焼き
海草サラダ


dinner_9461
イワシのオーブン焼きは、旬のイワシが簡単に美味しくいただけるダイエットメニューです。たっぷりのオリーブオイルで炒めたトマトの上に、ニンニクとパセリのみじん切りを加えたパン粉をまぶしたイワシを並べ、オリーブオイルをたっぷりかけてオーブンで15~20分ほど焼きます。

秋に旬のイワシやサバは、高い抗酸化作用で知られるコエンザイムQ10(CoQ10)やオメガ3系脂肪酸が豊富。CoQ10は強力な抗炎症作用と抗酸化作用があり、細胞を活性化してカロリー消費率がアップします。

また、オリーブオイルやアボカドオイルは、満腹感を伝えるホルモンの分泌を促進し、炭水化物の吸収を遅くして血糖値を安定する働きがあるといいます。血糖値の急激な変化は脂肪を蓄えやすくしますし、気分を不安定にするため、食欲増進や食べ過ぎの原因になります。

海草サラダやコンニャクなど食物繊維を多く含む食べ物は、カロリーを気にすることなく満腹感をえられるダイエットの強い味方。消化器官でスポンジのように糖分や脂肪、炭水化物を吸収して、カロリーや脂肪として蓄えるのを防ぎます。また、肌あれや肥満の原因となる便秘を解消して、代謝に大きく影響する胃腸の働きを整えます。

主食のご飯は、白米よりも栄養価が高くて食物繊維が豊富な玄米と、シラタキを細かく切ったものを同等に混ぜて炊いたシラタキ玄米ご飯にすると、食物繊維をたっぷりとりながらカロリーを大幅にカットできます。

就寝前はフェンネルティー(ウイキョウ茶)を飲むのがおすすめです。ダイエットのハーブとして古代ギリシャの女性たちに愛飲されていたと言われるフェンネルには、食欲を抑える働きやクレンジング効果があるといいます。また、消化を助け栄養の吸収を高める一方、脂肪の燃焼を促す働きがあります。胃腸系のトラブルや便秘の改善に も良いといいます。(妊娠中の方は摂取を控えてください)

また、食事の間にお腹が空いてしまう場合は、リンゴを食べましょう。一口サイズにカットしたリンゴをジップロックなどに入れて携帯しておくと便利ですよ。

食べない無理なダイエットは卒業して、この秋は美味しく食べてキレイに痩せましょう!

【参考資料】
http://www.allure.com/beauty-trends/2010/eat_more_weigh_less#slide=3
http://www.doctoroz.com/slideshow/eat-yourself-skinny?gallery=true
http://www.newbeauty.com/slideshow/76-add-these-nine-fat-burning-foods-to-your-diet/


Kayo

水野 加代  Writer

ハワイの海に魅せられ、16年間住み慣れた南カリフォルニアからホノルルへ移住。 現在はエステティシャン&ボディマッサージセラピストとして日々女性の美をサポートする傍ら フリーの美容ライターとして女性の美と幸せをサポートする情報を発信しています。



  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • spiritual_guide_137041505
  • bathtime_105769856

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP