ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

「クラシック、でもモダン」なトレンドを耳元に

01_ear

いよいよ、パーティーシーズンが到来しました。街はすっかりクリスマス一色に染まり、流れるクリスマスソングに心躍る今日この頃。パーティーにふさわしい装いを選ぶことは、このシーズンならではの贅沢な楽しみでもあり、やや頭を悩ませる種でもあります。わずかなさじ加減で、劇的な変化をもたらしてくれるアクセサリーは、コーディネートの頼もしい救世主。コスチュームジュエリーは、オフィスから直行するパーティーにも、買い物帰りの食事会でも、ひとたび身に着ければ、瞬時に華を演出します。さて、クリスマス気分を盛り上げる最適な一点とは……?

2013秋冬から2014年春夏期のランウェイをにぎわしていたアクセサリー・トレンドのひとつは、大振りイヤリング。ドロップシェイプ、シャンデリアデザイン、カラーストーン、アンティークゴールドなど、さまざまなデザインながらも、いずれもクラシックでかつ不思議な魅力が漂います。これらのイヤリングに共通するのは、その大胆なサイズ。パッと顔周りを艶やかに彩り、印象をがらりと変えてしまう存在感のある大きさです。クラシックデザイン&モダンサイズのイヤリングたちは、巷のアクセサリー市場だけではなく、アンティーク、ヴィンテージ市場でもその姿を披露してくれます。

旬のコスチュームジェエリーを求めて、いざ、古き良き時代を彷彿させるアンティーク街、ダウンタウン・オレンジへ。クリスマスカラーで飾り付けられた街の中心部は、噴水のある小さな公園を軸に十字に小路が広がり、アンティークモールやヴィンテージショップが軒を連ねています。

02_orange1

03_orange2

ダウンタウン・オレンジのアンティーク街は、クリスマス一色です



この中でも、エレガントで女性らしいアイテムのセレクトに定評のあるヴィンテージショップが「Lost&Found」。ホワイトカラーのドロップイヤリングがとてもよくお似合いのクリスティーン・ゲッシーさんは同店の常連です。

04_orange3

「今日はドロップデザインのイヤリングで全体のトーンを統一してみたの。いつもはゴージャスなヴィンテージ・イヤリングを、普段のデニムに合わせたりしているのよ」とクリスティーンさん


05_orange4

ヴィンテージドレスを眺めていたOC(オレンジカウンティー)女子たちは、ミックスコーディネートがお好き



こちらのアンティーク街は、どの店に入ろうとも20年代~30年代、50年代〜60年代のお目当てのコスチュームジェリーが溢れんばかり。18世紀から19世紀の貴金属のジュエリーと比較すると、コスチュームジュエリーはコストパフォーマンスも驚くほど優秀なため、さまざまなデザインに挑戦できそうです。


06_orange5
07_orange6

選択肢が多く迷ってしまいそうなアンティークモールの中



今季トレンドの要素である「クラシカル、でもモダン」なイヤリングを選べば、今の空気感を手軽に演出できるヴィンテージアクセサリー。アンティーク「調(風)」のデザインではなく、ヴィンテージ「そのもの」のイヤリングは、一点ものでもあり、他の人との差別化を図りたいOC女子にとって費用対効果の高いお買い物のようです。

「一点もの」にこだわり、好みの色合いのカラーストーン、ラインストーンなど、アクセサリーパーツを利用してオリジナルのイヤリングをハンドクラフトしてしまうのも、OC女子ならお手のモノ。早速、場所を移動し、ハンドクラフトショップの大手「Jo-Ann」へ足を運びました。


08_joahn1
09_joahn2

さまざまなパーツが一面に並ぶJo-Ann店内、ここでも迷ってしまいそうです



所狭しと並ぶアクセサリーパーツは、天然石や人工石等の素材、カラフルな色やサイズも豊富で、創作意欲にこと欠くことはありません。イヤリングパーツ、またはピアスパーツの既製の留め具を利用すれば、あとは好みのアクセサリーパーツを繋ぐだけで簡単にオリジナルアクセサリーを作ることができます。

10_joahn3

アクセサリー制作の書籍も充実。個性的な特大ビーズは一連で販売されています



どこか懐かしいデザインを現代的な遊び心で身にまとってしまうOC女子の、トレンドとの適度な距離の取り方は見習いたいもの。一過性のある流行要素は上手におさえながらもトレンドに媚びることなく、自らの選択眼で流行を自分自身のスタイルにしてしまう軽やかさは、まさに「クラシカル、でもモダン」。今期のアクセサリー・トレンドに相通じるコンセプトを、すでに彼女たち自身が体現しているようです。

全身をトレンドアイテムで身を包むのは気が引けても、耳元を飾るアクセサリーなら、取入れやすいはず。私だけの一点で顔周りを彩れば、表情も映え、気分も上々です。揺れるイヤリングを耳元で感じながら、胸高鳴るクリスマスの集いに、さぁ出掛けましょう。


【参考】(英語)
http://www.ocregister.com/articles/earrings-536442-pair-work.html
http://en.vogue.fr/jewelry/jewelry-news/diaporama/fashion-week-jewelry-trends-fall-winter-2013-2014-chanel-balmain-dior-lanvin-saint-laurent-givenchy-oscar-de-la-renta-dolce-gabbana-versace-alexander-mcqueen/12179
http://www.joann.com/


kasavan

カサヴァン 佳奈  Writer

楽しむことに貪欲なLA・OC(オレンジカウンティー)女性に感化され、「HAPPYであることこそ、“美”の源」がモットーとなった渡米6年目、一児の母です。ビーグレンイッシュ フリーランスライター。彼女達を幸せにしている「衣・食・住」とは何か、日々模索中。OCから私達の生活に取り入れたい彼女達のTipsをお届けします。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • facewash
  • cakee

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP