ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

リーズナブルなプロのメイクで、手軽にセレブのような生活を

リーズナブルなプロのメイクで、手軽にセレブのような生活を
スキンケアと同じように、多くの女性が毎日行っているメイクアップ。メイクをする理由は、「いつもの自分より少しでもキレイに見せたいから」「日中、外気などの刺激から肌を守るためにファンデーションだけを塗る」など、人ぞれぞれでしょう。

メイクは、必ずしなくてはいけないものではありません。ですが人に会う場合など、服装に気を遣うのと同じように、女性の身だしなみとしては必要なことなのかもしれません。私自身もせめて最低限はという考えのもと、毎朝時間と戦いながらメイクをしていますが、そのやり方は特に誰に教わったわけではなく、雑誌で紹介されているメイク特集などを参考にしながらの見よう見まね。メイクをする女性の多くも、同じような日々ではないでしょうか。

そんな多くの女性たちが悪戦苦闘しながらも向き合っているメイクですが、意外にも時間やテクニックを要し、その仕上がり具合で印象を大きく変える、女性にとってとても重要なもの。プロのメイクアップアーティストにしてもらえることが理想的ですが、そのような機会は成人式や結婚式など、何か特別な時だけのものでしょう。普段からプロにしてもらうことは、芸能人やセレブでもない限り難しいことですね。

そんななか、とても良心的な価格で、プロフェッショナルなメイクアップアーティストにメイクをしてもらえるサービスを提供する、「ブラシントン(BLUSHINGTON)メイクアップ&ビューティーラウンジ」というサロンを見つけました。

02_blushingon_reception

創設者は、ファッション業界においてPRやマーケティグの経歴があるステファニーさん。華やかな場に足を運ぶ機会も多かった彼女は、いまいち自分のメイクの仕上がりに自信がなく、だからと言って毎回プロに頼むには制限がある……、それなら自分で立ち上ようというアイデアから、テキサス州ダラスでスタート。その後、カリフォルニア州のウエスト・ハリウッド、昨年12月にはOC(オレンジカウンティー)と一気に3店舗オープンさせました。

メイクアップ用品を扱うお店やサロンは、「黒」「赤」などビビッドな色が使われていることも多く、個人的にどことなく入りにくく、近寄りがたい印象がありました。でも「ブラシントン」は、サーモンピンクとクリーム色で統一された、やさしくて柔らかいイメージ。清潔感と品がある、とても素敵な印象のお店です。

03_blushingon_dresser

同店のメニューは大きく分けて3つ。下地、ファンデーションからアイメイクまでフルでメイクをしてもらう「フルフェイス」(40ドル・約4000円)、証明写真からオーディション用のヘッドショットまで、カメラ写りを意識したメイク「カメラレディー」(50ドル)、最もテクニックを要する目元のメイクだけをお願いする「アイオンリー」(30ドル)があります。今回私は「フルフェイス」を試してきました。

まずはウェブサイトにもあるサンプルから、希望の仕上がりスタイルを選びます。

・ピュア&シンプル(清潔感のあるナチュラルな仕上がり)
・シンプル&グロウイング(少し日焼けをしたようなセクシーな仕上がり)
・ライフ・オブ・ザ・パーティー(クラブやバーに行くのにオススメな仕上がり)
・ラッキースター (50年代のハリウッドスターを彷彿させるゴージャスな仕上がり)
・スモーク&ミラー(おしゃれに敏感でセンスある見た目の仕上がり)
・カッティングエッジ(ランウェイから飛び出してきたようなクリエイティブな仕上がり)

午前中にお邪魔した私は、その後に戻るオフィスでも好印象になるように、「ピュア&シンプル」をお願いしました。

早速鏡の前に座ると、メイクアップアーティストのジャズミンさんが肌質などのコンサルティングをしながら化粧下地やファンデーションなどを選択。同時に肌の色に合わせてファンデーションをブレンドしていきます。

リーズナブルなプロのメイクで、手軽にセレブのような生活を

今回担当してくださった、メイクアップアーティストのジャズミンさん。
同店には約10名のメイクアップアーティストがいます。



顔の彫りの深さが、私たち日本人とはまったく違うアメリカ人向けのメイクは、目や頬のシャドーがきつく、同じようなメイクを施されてしまうと、随分と派手な印象になります。サンプルは大きく分けた6種からの選択でしたが、「普段どのようなメイクをしているのか」「どんなタイプのファンデーションを使っているか」「アイメイクはしているか」「どんな色が好みなのか」「週どのくらいの割合でメイクはしているのか」など、30分間のメイク中にこと細かく質問をしながら、顔、ライフスタイル、目的によって、私にぴったりの「ピュア&シンプル」メイクに仕上げてくれました。

私の前に来ていた女性は、不動産のお仕事をされている方で、この日はご自分のビジネスカードに使うヘッドショットを撮影するため、「カメラレディー」のメイクをしてもらいに来たとのこと。
「今日は初めて撮影用のメイクをお願いしたんですが、普段から大切なお客様とのミーティングの前には、よくこのサービスを利用してます。やはり仕事をする上で人に与える印象はとても重要だと思いますし、そして何より、ちょっと贅沢な気分が手軽な金額で受けられるので」と話されていました。

また、パパッと15分ほどでお直しをしてくれるサービス(20ドル)もあります。夕方には、会社帰りにデートやパーティーの予定が入っているという女性たちで、いつも予約がいっぱいなのだそう。メイクアップの個人レッスンや出張ブライダルメイクも行っています。

そのほか、同店の少しユニークなサービスとして最近とても人気があるのは、「プリティー・パーティー」。誕生日会や女子会など、プライベートルームでパーティーをしながら、順番にプロにメイクをしてもらうというサービスです。そして皆がキレイになった後は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のように “ガールズ・ナイト・アウト(女友達でクラブやバーにくり出す夜遊び)”がアメリカ人女性の楽しみ方なのだとか。

05_blushingon_party

「プロのメイクを良心的な価格でお手軽に」がコンセプトの「ブラシントン」。毎日のメイクをとまではいかなくても、たとえば、時々集まるお友達同士でのランチ、お洒落をしてディナーに出掛ける夜など、いつもの生活にちょっとした「特別」が取り入れられるサービスを利用していきたいですね。

BLUSHINGTON Makeup & Beauty Lounge
401 Newport Center Dr. #A204
Newport Beach, CA 92660
www.blushington .com


Sonoko

石山 園子  Editor / Staff Writer

ロサンゼルスの出版業界において約15年間、情報収集のために街中を毎日飛び回っていました。「美しい」「楽しい」「美味い」ものに触れ、常に刺激を受けていたいと願い、現在はビーグレンイッシュ ライター&エディターに。気になるローカル情報や最新美容事情を皆さんにお届けしていきます!

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • busy-life
  • bath

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP