ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

まるでブティックのような、女性専用フィットネスジム

womens fitness

ロサンゼルスは、ほとんどの大人が一人一台車を所持し、5分ほどの距離でさえ歩くことをしない車社会の街。自宅から学校や会社、買い物など、目的地まで車に乗り、用を済ませたらまた車に乗って自宅のガレージまで戻る。何かと歩くことの多い日本と比べ、日常生活における運動量は皆無に近いかもしれません。

そのため、健康やダイエットを意識して多くの人が通うフィットネスジムは、ロサンゼルスの人々の生活にとても近い存在です。そんなジム利用人口が多いロサンゼルスのハリウッドで、女性が楽しく、気持ちよく利用できる素敵なフィットネスジムを見つけたのでご紹介します。

pink iron entrance
pink iron weight

こちらのジムは、女性が安心して楽しくカラダ作りに励めるような環境を目指して作られた、その名も「ピンクアイロン(PINK IRON)」。女の子なら誰もが大好きなピンクを基調とし、鉄のダンベルなど、機材もかわいらしくピンク色にカスタムされたユニークなジムです。

pink iron fitness room
pink iron main floor

女性オーナーが運営する同ジムは女性専用。オーナーのホーリーさんは以前、ルイジアナ州にある大手フィットネスジムで働いていましたが、新規顧客に対し半ば強制的に会員登録を迫り、高い料金と契約書でがんじがらめにする、そんなノルマに追われる毎日や、汗まみれの人が使ってはそのままになる機材や施設の不衛生さに、うんざりしていたと言います。

フィットネスにパッションを持つホーリーさんは、女性として自分が安心して使えるジムを形にしたいという夢を叶えるべく、かねてから憧れていたロサンゼルスに拠点を移し、ピンクアイロンをオープンさせました。

全米でチェーン展開をしている大手のフィットネスジムは、施設が大きく、トレーニング機材も豊富。また、どの地域に行ってもその町にある施設を利用でき、旅行や出張中でも生活のリズムを崩すことなく体を動かすことができるというメリットもあるため、とても人気です。

一方で、地元のコミュニティーに根ざしているような、こじんまりとしたプライベートジムもアメリカにはたくさんあります。施設は小さいながらも、ジムのオーナー自らがトレーニングのアドバイスをくれたり、いつも同じ人たちが来ているので、トレーニング仲間を作れたりなどのアットホームさが魅力。ピンクアイロンはまさにそんなジムです。

ピンクアイロンのスタッフやパーソナルトレーナーは、もちろん全員女性。まるでモデルや女優さんのように美しい人たちばかりです。皆とてもフレンドリーで、活気と熱意にあふれていて、「私も彼女たちのようになりたい!」と、良い刺激になりそうです。

そして同ジムは、年間契約ではなく、月謝制や一回の利用ごとに支払うシステムを取っています。ジムには行かなくなってしまったのに、契約が残っているため、毎月口座から料金が引き落とされ続けてしまうような心配はありません。

また女性専用のため、衛生面には配慮がされ、常に清潔な状態が保たれています。ピンク色のダンベルを使ってトレーニングをしていると、不思議と女性らしさをを意識する体作りができるのもメリットかもしれません。

pink iron fitting room1
pink iron fitting room2

また更衣室はハリウッドを意識し、まるで映画スターのドレッシングルームのよう。しっかり体を動かしてたっぷり汗をかいた後、ここで身だしなみを整えていると、夜の街にでも繰り出したくなるほどのワクワク感が生まれます。

ピンクアイロンは、さまざまな点から感化され、女性のなかに潜む美しさやモチベーションが引き出されるジムです。

素敵な場所、憧れる環境に自分を置き、そこにふさわしい自分になろうと努力することはとても大切だと思いませんか。初めはドキドキして緊張しますが、気が付くとしっくりきている、その状況にふさわしい自分に成長しているはずです。このようなジムに限らず、たとえばお稽古事、素敵なレストランでの食事や身に着ける服など、少しだけ背伸びをしたような環境を日々の生活に積極的に取り入れて、自分の持つ魅力を最大限に引き出していきましょう。

【PINK IRON】
310-360-PINK(7465)
1106 N. La Cienega Blvd.
West Hollywood, CA 90069
www.pinkiron.com



Sonoko

石山 園子  Editor / Staff Writer

ロサンゼルスの出版業界において約15年間、情報収集のために街中を毎日飛び回っていました。「美しい」「楽しい」「美味い」ものに触れ、常に刺激を受けていたいと願い、現在はビーグレンイッシュ ライター&エディターに。気になるローカル情報や最新美容事情を皆さんにお届けしていきます!

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • art-class
  • healthy food

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP