ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

美容をサポートするビーフジャーキーの力

ビーフジャーキー
3月に入り、ロサンゼルスは日差しが強くなり、気温も上昇しています。だんだんと夏に近づいてきました。夏と言えども、砂漠地帯のこの街では日中と夜の温度差が激しく、そのせいで体調を崩してしまう方もたくさんいるようです。そんな時に私の体が欲するものは、 エネルギー満点な食べ物 。体をつくるエネルギッシュな食材、それは「肉」です。

私は普段、野菜中心の食生活を送っています。これと言って気をつけているわけではありませんが、もともとお腹が強い方ではないので、野菜を食べる方が消化にもよく、軽快な体をキープできるような気がします。ですが、野菜だけでは栄養のバランスが良くなく、肌の艶も低下気味になってしまいます。たまには、「ミネラルたっぷりな肉を摂取してよ」と体が叫び出す時があるのです。

ビーフジャーキー

私がそんな時に好んで食べるものは、アメリカの代表的な乾物であるビーフジャーキーです。伝統的な保存食のビーフジャーキーは、コンビニや食料品店など、さまざまな場所で購入することが可能です。日本では、小腹が空いた時に軽くつまめるスルメが乾物として活躍しますが、ここアメリカでは、ビーフジャーキーがおいしいドライスナックとして、大人から子供までに人気があります。

そんなビーフジャーキーは、実はミネラルやタンパク質が豊富で、ダイエット・健康食品として近頃注目を集めています。

タンパク質には空腹感を満たす力があり、エクササイズにも効果がありますので、ダイエットにはたいへん力強い味方です。そして、固くドライなビーフジャーキーを噛むことによって満腹中枢を刺激し、食事の過剰摂取を防ぐこともできます。さらに、ビーフジャーキーには亜鉛や鉄分が含まれており、女性らしい健康的な肌を手に入れることもできるのです。

数々あるビーフジャーキーのブランドの中でも、上質の無添加食品として好評なのが「スリー・ジャークス・ジャーキー」です。


上質のヒレ肉を使用する「スリー・ジャークス・ジャーキー」


スリー・ジャークス・ジャーキー

かわいらしい素朴なデザインの紙製袋に入った「スリー・ジャークス・ジャーキー」を、早速買いに行ってきました。購入できるのは、ソーセージやハムなどの肉製品、ミルクにチーズ、そしてお惣菜などを売っている、「デリカッテセン」(通称「デリ」)と呼ばれる、アメリカ市民に親しまれるお店です。このジャーキーは、オーガニック食材を扱う限られたデリでのみ購入可能です。安くて新鮮な食材を扱う店が並ぶ「グランド・セントラル・マーケット」や「トゥー・ビッツ・マーケット」で、このビーフジャーキーは売られていました。

グランド・セントラル・マーケット

ロサンゼルスにある大きな「グランド・セントラル・マーケット」


デリカッテセン

ハムやチーズが所狭しと並べられている「デリカッテセン」



「スリー・ジャークス・ジャーキー」の大きな特徴は、牛のヒレ肉のみを使用して作られていること。薫製であるにもかかわらず、とても柔らかくリッチな食感を楽しむことができます。

通常のビーフジャーキーが一袋7ドルほどで購入できるのに対し、「スリー・ジャークス・ジャーキー」は15ドルと少々高め。どれほど牛の貴重な部位を使用しているのかがわかります。「15ドルってちょっと高いかもしれないけど、食べてみたらわかるわよ。本当においしいんだから!」と見せてくれたデリの若い女性。期待に胸がふくらみます。

ビーフジャーキー

購入したのは、黒胡椒が効いた「オリジナル」(写真右)と、スパイシーで甘みのある「メンフィスBBQ」の2種。



普通のビーフジャーキーの倍はある厚みで、手に取った感じもとても柔らかいです。「オリジナル」は、シンプルな胡椒が肉そのものの味を引き立て、噛めば噛むほど旨味がにじみ出てきます。「メンフィスBBQ」は見た目通りの辛口。喉を通るピリっとしたスパイスとバーベキューソースの甘さがほどよく、とてもおいしくいただけました。

「スリー・ジャークス・ジャーキー」を口にし、小さい頃に父が作ってくれたお手製のビーフジャーキーを思い出しました。父は手作りの箱の中で、スライスしたビーフを薫製にしてくれたものです。自家製のビーフジャーキーは肉厚で柔らかさもそのままなので、この「スリー・ジャークス・ジャーキー」にとても似ていると感じました。

手軽に肉の栄養を摂取できるビーフジャーキーは、十分な噛み応えと豊富なタンパク質・亜鉛・鉄分で、女性の新しい味方であると言えます。ただし、塩分がありますし、ドライであってもエネルギー満点ですので、食べ過ぎには要注意です。上手にビーフジャーキーを取り入れることで、健康と美しさの手助けにしていきたいですね。

Three Jerks Jerky公式ウェブサイト(英語)
http://www.threejerksjerky.com


toyooka

豊岡 優希  Writer

カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校卒業。現在は、医療大学で美術解剖講師をする他、ロサンゼルスにてアーティストとして活躍中。美容の秘訣は、十分な水分補給とバランスよく食事をする事。オフィシャルウェブサイトはコチラ

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • teen acne
  • acppp

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP