ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

ジュースクレンズが生み出す、身体と心のリセットタイム

疲れている女性

「今までの自分の体調と、最近何か違う」という戸惑いを感じたりすることはありませんか? できるだけ規則正しい生活を心がけている私は、睡眠も毎日平均7時間はとり、食欲も旺盛で、平均的な女性よりもしっかり食べるタイプです。もともと身体を動かすことが好きなので、毎日とはいかなくても定期的にジムに通うなど、ある程度は身体も動かしているつもり。

そこそこ健康的な生活を送っているにもかかわらず、どうもこのところ疲れがとれない、風邪を引きやすい……。そんなことで、実は人知れず悩んでいました。少しずつ年齢のせいだと諦めの気持ちも出てきた今日この頃、同年代の友人たちと話していた時に出てきた、「デトックス」「浄化」というトピックに、ピンっとくるものを感じました。

ダイエット大国のアメリカ、健康思考の高い人が多いロサンゼルスやOC(オレンジカウンティー)には、さまざまなタイプのダイエットやエクササイズが溢れていますが、今回の私のような場合、体重を落としたり、ダイエットをすることが目的ではないため、運動よりも疲れや年齢と共に身体に溜まってきている毒素をデトックスし、身体のシステムを一度リセットさせることが必要なのではないかと思いました。

そこで、ふと頭に浮かんだのが、最近こちらで流行っている「コールドプレスト・ジュースクレンズ」。健康を気遣いつつ、美味しく楽しめるドリンクとして、一時期は誰もが飲んでいると言えるほど流行っていたスムージーですが、ここ数年前からコールドプレスト・ジュースに取って代わる変化が見られます。

朝食の代わりに、またはジムで身体を動かした後に飲むのはもちろんですが、「デトックス」に向いていると注目が集まり、1日6本のジュースだけを飲むクレンズ(浄化)プログラムを販売するジュース・バーが、次々とオープンしています。

そこで早速、ビーグレン本社のすぐ近くにあるジュース・バー「ネクター」で販売している、「コールドプレスト・ジュースクレンズ」を体験してみることにしました。1日、3日、5日というプログラムがありますが、初めての私はひとまず1日分を。この日身体にとり入れるのは、500mlのコールドプレスト・ジュース6本だけです。

「ネクター」のコールドプレスト・ジュースクレンズ

効果的な利用法は、朝10時に1本目をスタートし、2時間おきに1本ずつ飲み、夜8時に最後の1本を終えると無理なくできるとのこと。ジュースしか身体に入れないため、人によってはお腹が緩くなる可能性も高いとのことで、自宅でゆっくりできる休日に合わせてすることで、のんびりとした時間を過ごしながら、精神的な疲れまでもデトックスもできるのでは! とひらめきました。

コールドプレスト・ジュースとは、家庭にあるような普通のジューサーやミキサーで作るものとは違い、低速回転の特別な製法で、原料の栄養素を破壊することなく果汁を絞り出します。スムージーと違って余分な繊維などは取り除かれているため、身体が消化のためにエネルギーを使うことなく、消化器官を休めながら栄養分を吸収できるそうです。

フルーツと野菜6本のジュースは、飽きさせないためか、ケールやほうれん草の入ったグリーン系のもの、ビーツの入った赤いものからレモネード風味までさまざまなフレーバーがあります。クセのある野菜もフルーツとミックスされることで、思ったよりもずっと飲みやすいテイストです。





1日ジュースだけで過ごすなんて、お腹が空いてしまって夜までもつかしら……と少し心配していましたが、2時間おきにとり入れる500mlもの水分で予想外にお腹は膨れ、空腹に悩まされることはまったくありませんでした。人間の3大欲の一つでもある「食欲」が満たされないことは、身体にとって最大のストレスになります。ところがジュースクレンズは絶食とは違うので空腹にならず、野菜、フルーツに含まれる自然の栄養素をとり入れるため、それらが身体の機能回復をサポートする働きもあるのだそうです。

私はこのジュースクレンズを通して、セルフケアの大切さを学びました。そもそも今回クレンズをすることの目的は、身体にもともと備わっている機能を一度リセットし、スムーズに働くような状態まで引き戻してあげることでした。コンピューターの動きが悪い時に、電源を入れ直すと円滑に動き出すことと似ているかもしれませんね。でもそれは、身体だけではなく、心にも同じことが言えるのではないかと感じました。

ビーグレン世代の女性たちは、「いつまでにこれを終わらせなきゃ」「あれもしなくてはいけない……」と忙しい日々に追われていますよね。しかし、この日はそういうことを一切忘れ、できるだけ予定を入れず、運動も休息日と決めました。そうすることで、返って気持ち的に余裕を持てたことがよかったようで、深い眠りにつくこともできた気がします。おかげで疲れもすっかり取れ、次の週は清々しい気持ちでスタートを切ることができました。

目覚めのよい女性

日本でも少しずつコールドプレスト・ジュースを提供するお店がオープンし始めているそうですが、それでもまだ限られた地域限定のようです。でも、ジュースクレンズやデトックスである必要はなく、何よりもまずは自分の健康に興味を持ち、身体を気遣う行動を何か起こすことが大きな一歩。そのことを通して質のよい時間を過ごし、新鮮な気持ちで明日からまたリスタートできたら、心と身体のデトックスは大成功なのではないでしょうか。ご自分のできる範囲で、定期的に心と身体のリセットタイムを設けてみてはいかがですか。



<自分の身体や心が求める声が聞こえてくる一つの方法>

女性の身体のリズムは、月の満ち欠けとよく似ていると思いませんか。心と身体のリセットタイムに、月のリズムをとり入れてみるのもおすすめです。
心と体に効くムーンエナジー


Sonoko

石山 園子  Editor / Staff Writer

ロサンゼルスの出版業界において約15年間、情報収集のために街中を毎日飛び回っていました。「美しい」「楽しい」「美味い」ものに触れ、常に刺激を受けていたいと願い、現在はビーグレンイッシュ ライター&エディターに。気になるローカル情報や最新美容事情を皆さんにお届けしていきます!

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • ハイビスカスティー

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP