ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

正しい骨盤矯正できれいな姿勢と美脚をつくる

女性

最近、運動量が少なくなったせいか、自分の下半身のある変化が気にかかり始めました。かつては真っすぐだった足のラインが若干曲がり気味に、そして、前よりも骨盤が緩んだような、不思議な感覚も時々体で感じ取っています。

なぜ、私がそんな体の状態がわかるのかというと、昔から続けていたクラシックバレエのおかげで、お尻に力を入れて真っ直ぐに立つことに慣れていたからです。最近はハイヒールを履く頻度が高く、さらに仕事では座ったままの状態での作業が多いため、昔と今のその感覚の差は歴然。どうも、腰の辺りがそわそわし、落ち着きません。これは、骨盤が歪み始めた証拠です。

骨盤は、私たちの体の中心に位置していることから、その他の体のパーツに大きく影響してきます。中心部をしっかりと正すことは、足や姿勢なども美しく矯正させること。太りにくい体をつくり上げ、真っ直ぐな足のラインを取り戻し 、胸が張ったきれいな姿勢を手に入れることが可能なのです。

年齢を重ねるにつれ、姿勢が悪くなってきた、足の形に変化が現れた、という悩みを抱える人も多いかと思います。そこで今回は、正しい骨盤の位置説明と、バレエの動きを取り入れた、簡単な骨盤エクササイズをご紹介したいと思います。


骨盤の「正しい位置」とは?


骨盤正面

そもそも、骨盤の正しい位置とはどのような状態なのでしょうか。上の図は、左が女性、右が男性の骨盤です。女性の骨盤は男性よりも丸く、横広でお椀のような形をしています。これは、女性が赤ちゃんをお腹で育てやすくするためですね。

骨盤横向き

上の写真は骨盤を横から見た図です。左の図が正しい骨盤の位置です。ご覧になっていただくとわかる通り、前の2つの点が直線上にきれいに位置していることが確認できます。

そして、骨盤がずれる、緩むということは、右の図のように、この点の位置がライン上から外れるということ。出産や、年齢を重ねることにより、下の点(恥骨)の位置が後ろに下がることがあります。これが背骨に影響し、腰痛・肩こり、腰回りが太めになったり、姿勢が悪くなったり、O脚を引き起こす原因となるのです。

次ページ:1日3回、お家でできる簡単な骨盤矯正法をご紹介>>

1 2
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 乾燥

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP