ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

LA女性ライダー、美しくハンサムな生き方

01_rider

ロサンゼルスには「モーターレディ」という、女性だけで結成されたオートバイクラブがあります。バイクと聞くと、やはり男性を先にイメージしてしまいがちですが、このクラブの女性たちは、男性顔負けの腕と技術を持っています。その姿は実に恰好よく、どこか飾らない美しさも加わる、「格好美しい」といえるような不思議な魅力を放っています。

私は二輪の免許を持っているわけではありませんが、父がハーレー乗りであることの影響で、オートバイを眺めることは大好きです。長距離を走ることやグループでの高速道路走行など、バイクは乗用車に比べ、体力的にも精神的にもいかにタフでなければならないかという状況を見てきました。ですので、女性ライダーと聞くだけで「すごい!」と、ただただ感心してしまいます。

女性ライダー

今まで男性に混じる女性ライダーの姿を数多く見てきました。そこで、いつも「なぜだろう」と考えてしまうことがひとつありました。それはどこの国や地域でも、彼女たちがバイクにまたがる姿や仲間と談笑している時の何気ないたたずまいが、とても美しいというところです。外見のオリジナルファッションはもちろん、内側に秘める誰にも負けない何かが見え隠れするようで、ついつい見とれてしまうのです。

どこか周りと違う魅力を放つ女性ライダーたち。彼女たちは、どのようにしてライダーとしての人生を歩み、どのような思いでこの大きなマシーンに乗っているのでしょうか。モーターレディの創始者であり、写真家やデザイナーとしても活躍する当グループのリーダー、アリシア・エルフヴィングさんにお話を聞いてみました。

女性ライダー

自分のバイクを点検するアリシアさん



「モーターレディを始めたのは2011年のことです。当時はグラフィックデザインの仕事をしたり、写真家として会社経営をしていました。タンブラー(Tumblr)やブログなど、簡単に写真を載せられるウェブサイトが流行り出した頃で、私もバイクにまつわる個人の写真をブログに載せてみようと考えたのです。フォロワーが増え、ブログを通したくさんの素敵な人々に会うことができました。それが、モーターレディの始まりです」。

バイクに対し、大きな情熱を持つアリシアさん。大きな二輪をコントロールするそのパワーの源は一体何なのでしょうか?

「私のバイクに関する唯一の影響は、オートバイそのもの。抽象的でわかりづらいかもしれませんが、バイクにただ魅了されたということだけです。モーターレディのスローガンである、“女性はバイクに乗るために生まれ、バイクは女性のための乗り物である”というキャッチフレーズが、私のすべてを意味しています」。

このキャッチフレーズには、どのような意味が込められているでしょうか?

次ページ:キャッチフレーズの意味とは?>>

1 2
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 引っ越し
  • goruru

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP