ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

心も体もエクササイズ。山を走る「トレイルラン」

市民の趣味として、すっかり定着している感のあるランニング。近所を走るジョギングから、LAマラソンなどの本格的な長距離走、さらにはテーマを決めて開催される楽しい「ファンレース」まで、さまざまなスタイルのランニングが存在します。美容や健康に対するランニングの効果は理解しながらも「ただ走るのは退屈」という人々の思いに応えるかのように、趣向を凝らしたレースが生まれているわけですが、そのなかでLAやOC(オレンジカウンティー)で注目を集めているのが、「トレイルラン」です。

トレイルラン
トレイルランとは山道(英語でトレイル)で走ること。海というイメージのあるLAやOCですが、意外と山が多く、トレイルも多いのです。OCのランニング仲間のなかでも最近注目を集めているトレイルランに参加するため、グリフィスパークで行われたイベントに参加しました。

ハイキングのためには何度も歩いたことのあるこのコースですが、走るのは初めて。狭い道や、整備されていない土道など、走りづらい場所もありましたが、時折現れるLAの街並みは息を飲むように美しく、思わずカメラのシャッターを連続で押していました。途中寄り道をしながらも、10キロの道のりを約1時間半でゴールしました。登りのあるコースのため、距離あたりの所要時間は長くかかっているのに、あっという間というくらい短く感じたのには驚きました。

トレイルラン2

http://alcantarphoto.com/



他のファンレースの様に、派手な飾り付けや大音量の音楽が流れているわけではないのに、一瞬も飽きることはありませんでした。舗装されていない山道を走るため、一歩一歩集中しながら足を進んだからでしょう。また、周囲の景色が絶えず移り変わる自然のなかで楽しみながら走ったことも、飽きなかった理由だと思います。

主催者のキーラさんレースを主催している キーラ・ヘニンガーさんは、高校時代から陸上選手で、アウトドアブランド「パタゴニア」のウルトラランチームで走るなど、本格的にプロとして活動してきました。たまたま家のすぐ近くにトレイルがあったため、山道を走ったところ、その楽しさにすっかり虜になったのがトレイルランを始めたきっかけ。今では、レースコーディーネーターとして、トレイルランの魅力を人々に広めるため、OCとLAでいくつものトレイルランのレースを開催しています。

トレイルラン参加者のジェニファーさん
今回初めてトレイルランを経験したというジェニファーさん。トライアスロンなども走っているそうですが「トレイルは膝にやさしいのでとても好き。また走りたい!」と笑顔で応えてくれました。

トレイルランに参加した家族 「娘も一緒に走りました」と完走後の爽やかな笑顔。

山道を走るということで、タフな男性ランナーが多いのではないかと想像していましたが、女性ランナーが多いのに驚きました。また家族や婚約者などと一緒に走っている方も多く、小規模なレースながら、和気あいあいとした印象でした。

長距離走をしていると、「もっと長く走りたい」「もっと速く走りたい」といった「数字に換算される記録」を追い求めがちな自分に気づきます。それは、常に「結果を出すこと」を求められている現代人の悲しい習性かもしれません。

しかし、初めてのトレイルランで10キロという決して長くはない距離を走って気づいたのは、「量より質」が大事ということ。コースによって個性が異なるトレイルランなら「記録」を忘れて思い切り楽しめます。いつもより短い距離でも、周りの風景を楽しみ、胸いっぱいに爽やかな空気を吸い込みながら一歩一歩を踏み出すトレイルランなら、ランニングという身体の運動だけでなく、心のエクササイズにもなっているはず。それがトレイルランの人気の秘密でもあるのでしょう。

もし、美容や健康のために心がけている習慣がある場合、その“質”を見直してみませんか。毎日なかば無意識で行うようになってしまっていた習慣も、“質”にこだわり、楽しみながら行うことで、心への効果も期待できること間違いなしです。




走るのが苦手な場合は歩くだけでも効果バツグン!運動に不慣れな方はまず、「自然の中をウォーキング」することから初めてみるのもおすすめです。


Yui

池嶋 ゆい  Editor / Staff Writer

7年前に渡米。メディア関係の仕事を経て、現在ビーグレンイッシュのライターをしています。好きな言葉は「なせばなる」。好きな香りはベルガモット。いつまでも美しくアクティブな女性たちの秘密を求めて今日も取材に走ります!!


  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 耳ツボマッサージ
  • クリスマスBIGセール(JP)

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP