ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

おいしく、楽しく、心地良く「ローズマリー」の多彩な活用法

ローズマリーのサッシュ

簡単手作りローズマリーのサッシュは、枕元や引き出しの中に忍ばせて……。作り方は文末に



新たな気持ちで迎えた2015年も、すでに12分の1を裕に過ぎてしまいました。年初に掲げた抱負も何一つ実行できないまま、淡々と時間が流れていきます。気ばかり焦りつつも、なんとなくやり過ごしてしまう毎日。大掛りなことができなくても、日々のささやかな楽しみを掬うように見出せていけたら、一歩ずつでも前へ進んでいるように感じられるはず……。一日を大切に過ごしていくことは、毎日を「丁寧」に暮らしていくこと、その最初の一歩はごくごく身近なところにあるのかもしれません。

花や木々を大切に育むことは、日々の楽しみのひとつともなり、毎日成長している草花に触れると気持ちまでみずみずしく満たされそうです。しかしこのガーデニング、育てる植物から場所に始まり、道具や専門知識など全てが必要不可欠に思えて、敷居が高く感じるのは私だけしょうか?

ところがそんな想像をはるかに超え、簡単に育てることができ、さらに多彩な用途で楽しめてしまう苗木があるということを、OC(オレンジカウンティー)にあるプラント・ナースリーストア「グリーン・サム」で教わりました。それは、ドライハーブでも馴染深い身近な植物「ローズマリー」です。

「グリーン・サム」の「ローズマリー」

ローストチキンやバーベキューなど、肉料理用のハーブとして品種改良された品種「バーベキュー・ローズマリー」を含め、同店には常時5種以上の「ローズマリー」が販売されています。「水をやり過ぎてはダメ、忘れているくらいでいいの」と店舗スタッフ。水やりの頻度が少なくても育つ「ローズマリー」は、雨量の僅かなカリフォルニアでは生垣としても広く用いられています。もちろん太陽の当たる所であれば、鉢植えやプランターでも育てることができるため、日本ではベランダ菜園にも向いている育てやすいハーブです。春夏には白や薄青の小花を咲かせ、可憐な姿も披露してくれます。

「グリーン・サム」の「ローズマリー」

太陽をたっぷり浴びて気持ち良さそうな「グリーン・サム」の「ローズマリー」



「ローズマリー」は手入れが簡単なだけではなく、何と言ってもその爽やかな芳香が最大の魅力。このハーブは「オレガノ」「タイム」「バジル」「ラベンダー」同様にミントの一種です。料理にも豊かなアクセントを与えてくれるばかりか、鉄分、カルシウム、ビタミンB6も含まれています。さらに近年では免疫システムや消化機能の向上、さらに記憶力や集中力の維持、脳の若返りも期待できると報告されるなど、うれしい付加価値が豊富な優等生ハーブなのです。

そこで、香り高い「ローズマリー」の風味を堪能できる、女子会でも絶賛のレシピをご紹介します。名付けて「たったこれだけローズマリーポテト」。朝食やつけ合せにも便利で、簡単ながらも小洒落たメニューです。

【たったこれだけローズマリーポテト】

ローズマリーポテト材料
●フレッシュローズマリー……ひと掴み
 (ドライローズマリーでも可)
●じゃがいも……2個
●オリーブオイル……大さじ1杯
●塩、コショウ……少々



作り方
1) じゃがいもの皮を剥き、5mm程度の輪切りにする。
2) 1)をレンジで1分30秒から2分加熱する。
3) フライパンにオリーブオイルにローズマリーを入れ、香りが立つまで熱する。
4) 3)に2)を入れて、きつね色に焦げ目がつくまで炒め、塩コショウで味を調える。
5) 外側がカリカリとクリスピーなうちに召し上がれ。

また、「ローズマリー」はハーブとして料理に活用するだけではなく、さわやかな香りを活かし、枝葉をざっくりと活けても様になります。玄関先に飾れば、お客様を迎えるウェルカムフレグランスに、目にも爽やかです。

ローズマリーのフレグランス

さり気なく置いて、目にも爽やか



手足がかじかむこの季節は、ゆったりと湯船に浸かりたいもの。至福のバスタイムにも「ローズマリー」は大活躍してくれます。重曹にひとつまみの「ローズマリー」を入れた入浴剤は、リラックス効果抜群です。

【ローズマリーの入浴剤】

材料
●ローズマリー ひとつまみ程度
●重曹 大さじ2杯強
作り方
材料を混ぜ合わせるだけ。出来上がり!

さらに、薄手のガーゼを用いたサッシェを作って、枕元に置いて安眠を誘ったり、衣類を入れた引き出しに忍ばせたりと、「ローズマリー」の用途は尽きません。

【ローズマリーのサッシュ】

材料
●ローズマリー お好みで適量(ひとつまみ位)
●ガーゼ
●刺繍糸や紐
作り方
1) ガーゼに一つまみ程度のローズマリーを入れる。
2) 1)の口を糸で縛って、出来上がり。

まずは気を張らず、気軽に、気楽に。草花を愛でながら、その恩恵を楽しんでみる。ちょっとした日常のひとコマに興味を持つことが、一日を「丁寧」に過ごしていくことに繋がるのでしょう。身近なところに、おいしく、楽しく、心地良いことが溢れているものです。




ローズマリーのほかに、こんなハーブを試してみてはいかがですか?

身近なハーブや野菜でデトックス


kasavan

カサヴァン 佳奈  Writer

楽しむことに貪欲なLA・OC(オレンジカウンティー)女性に感化され、「HAPPYであることこそ、“美”の源」がモットーとなった渡米6年目、一児の母です。ビーグレンイッシュ フリーランスライター。彼女達を幸せにしている「衣・食・住」とは何か、日々模索中。OCから私達の生活に取り入れたい彼女達のTipsをお届けします。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • party

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP