ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

おしゃれでおいしいメイソンジャーサラダ

メイソンジャーサラダ

今、アメリカで流行しているのが、瓶詰めサラダの「メイソンジャーサラダ」。おしゃれで可愛らしく、携帯にも便利、さらに健康的でということで、女性の間で大人気です。

私は初めてメイソンジャーサラダの存在を知った時、「こんなにいいアイデアで可愛らしい携帯ランチがあったのか」と心が踊りました。野菜や果物を適度な大きさに切り、瓶の中へ層のように詰めていくだけという手軽さ。保存性に優れており、レシピも自分好みに自由自在ですので、頻繁に作り置きをし、旦那様と一緒に毎日メイソンジャーサラダを楽しんでいます。

メイソンジャー

メイソンジャーとは、ガラス製の保存容器です。私はサラダだけに限らず、ドリンクカップとしても利用しています。その他にも、余り物の保存や、自家製のジャムやパテを密封すればプレゼントとしても利用できますので、今となっては我が家にはなくてはならない存在となりました。

「ボウルやタッパーウェアに入れて携帯するサラダとは何が違うの?」という声も聞こえそうですが、メイソンジャーには密封力が備わっていますので、ギュッと瓶詰めにすることで野菜の旨みが凝縮されて、より一層おいしくいただくことができるのです。そして何よりも、女性にとってはその見た目の可愛らしさが、味と同様に大切ですよね。

おいしい料理には、味や風味だけでなく、視覚からも満足させられる美しさが重要です。そして、女性にはヘルシーさも欠かせませんし、家庭や仕事で忙しい女性には手早く作れることも重要です。メイソンジャーサラダは、私たち女性にとっての必要条件を極めた料理と言っても良いでしょう。

メイソンジャーサラダ

メイソンジャーサラダにお決まりのレシピはありません。たった3つだけ、作る時のルールがあります。まずはドレッシングを先に入れること、そして、ドレッシングの吸収を防ぐために、にんじん、きゅうり、ナッツなどの硬いものを一番下に入れること、そして、一番上にレタスなどの葉菜類を入れることです。あとは、食べる時にボウルに空けるだけです。

今回は、特に「これはおいしい!」と思えたレシピをご紹介したいと思います。先ほども述べたように、ジャーサラダには特定のレシピはありませんので、皆さんにもその日の気分で食べたいと思う野菜やフルーツを瓶に詰めて日替わりで楽しんでいただけたらと思います。


ポテトとカリフラワーのホワイト・サラダ

メイソンジャーサラダ
カリフラワーはよく洗って生のまま使用し、ポテトはマッシュしてマヨネーズと混ぜ合わせました。ドレッシングにはシャンパンビネガーを使うことで、ポテトのまろやかさと共に酸味も楽しめます。白を基調とした爽やかなサラダの出来上がりです。



カラフル・パワフル・サラダ

メイソンジャーサラダ
チョリゾとは、塩味とスパイスが効いているソーセージです。よりヘルシーにするために、豆腐で作ったチョリゾを入れてみました。また、アーモンド、ケールなどの栄養満点の食材もチョイスして、パワー溢れる一日をキープしてくれるエネルギッシュなサラダの出来上がりです。



タマゴとアボカドのマイルド・サラダ

メイソンジャーサラダ
タマゴとアボカドをメインにし、柔らかくマイルドな舌触りのサラダを作りました。ハムの塩加減とルッコラの苦みが、良い具合に対比してくれます。コリアンダードレッシングは、サラダだけではなく、他の料理にも活用できる万能ドレッシングとして愛用しています。



見た目も中身もキレイでおいしいメイソンジャーサラダ。一度試してみると、そのおいしさに驚き、やみつきになるはずです。もうすでにメイソンジャーサラダ楽しんでいる人も、毎日にキレイでヘルシーな色彩を添えるような、新しいオリジナルレシピにどんどん挑戦してみてください。




美肌づくりにいい野菜とフルーツをよく知って、とり入れていきましょう

きれいな素肌のための野菜・フルーツの摂り方


toyooka

豊岡 優希  Writer

カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校卒業。現在は、医療大学で美術解剖講師をする他、ロサンゼルスにてアーティストとして活躍中。美容の秘訣は、十分な水分補給とバランスよく食事をする事。オフィシャルウェブサイトはコチラ

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • athymia_84193213

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP