ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

植物由来の「プラントベース」食品を選んで、体の中から健康に美しく

フレッシュベジタブル

日本では、「アメリカ人はみんなモデルさんのようにキレイな人ばかり」というイメージもあるかもしれませんが、肥満が深刻な社会問題化するほど大きな体の人が多いのも現実です。そんななか先日、日本から5年ぶりに訪米した友人が、ドライブ中に外を眺めながら言った「極端に太った人を全然見かけなくなったね!みんなすごくスタイルが良い」というひと言が、とても印象的でした。以前LA(ロサンゼルス)に長年住んでいた彼女は、街ゆく女性の体型の変化に驚きを隠せない様子だったのです。

その要因のひとつといえるのが、ここ数年で急激にヘルシー志向になっているカリフォルニアの「食」。特に昨今のトレンドは、「プラントベース=植物由来」の食材で作られた物を積極的に摂ること。いわゆるビーガン(完全菜食主義)食なのですが、今や一般的にもかなり浸透してきており、プラントベースのメニューに特化したおしゃれなレストランやカフェも増えているようです。

例えば、高級ブティックが並ぶメルローズ通りにある人気のカフェ「グラシアス・マドレ」では、100%オーガニックかつ地元で育てられた植物由来の食材のみを使ったメキシコ料理を提供しています。

グラシアス・マドレ

LA出身のフードマニアの友人に連れて行ってもらい、ビーガン・メキシカンを私も初めて体験しました。試したのは、肉や魚の代わりに、肉厚のズッキーニやマッシュルームを使ったタコスや、植物性のチョリソーを使ったケサディアなど。想像以上に濃厚で、しっかりした食べ応えなことと、何よりそのおいしさにすっかり感激してしまいました。

ビーガン・メキシカン

また、週末は多くの観光客や地元の人たちで賑わうベニスビーチの「シード・キッチン」は、アットホームで気軽に入れるカジュアルな雰囲気ながら、洗練されたビーガン&マクロビオティックを採用したヘルシーなメニューばかりを提供しています。

シード・キッチン

パテには、肉ではなくセイタン(小麦粉からとれるグルテンでできた、肉のような食感の加工食品)や豆を使ったハンバーガーなど、典型的なアメリカンフードもここではプラントベースでおいしくいただけるのです。

ビーガンフード

そもそも、プラントベースの食事を摂ることの最大の利点は、健康にも美容にもメリットが大きいというところ。ビタミンや食物繊維が豊富な上、コレステロールや血糖値を上げにくくするため、糖尿病予防や高血圧予防、ダイエットやスキンケアなどにも効果が期待できます。

そういったプラントベースの食品のなかでも特に注目を集めているのが、「スーパーフード」と呼ばれる食材。1980年代頃のアメリカやカナダで、食事療法を研究する医師や専門家の間から広まったもので、他の食品に比べてビタミン、ミネラル、アミノ酸といった必須栄養素や健康成分を多く含む植物由来のものを意味します。代表的なのはアサイーやアロエベラ、カカオやココナッツなど。スムージーやグラノーラボウルなど朝食の一品に加えやすく、手軽に日常に取り入れられるということで人気が高まっています。

そう、これまで食べていた動物性の食品をいきなり絶つわけではなく、普段の食生活にプラントベースのものを少しずつ取り入れているというのがポイント。極端にならずに、あくまでも楽しみながらというのがカリフォルニア流なのです。

友達との休日ランチにおしゃれなビーガンカフェを選んでみたり、普段の食生活にスーパーフードを加えてみたり。世の中にあふれる無数の選択肢の中から「より良いものを選ぶ」というシンプルながら意識的な行為こそ、自分の美容と健康を自身でコントロールするということ。そうして培われている内面からの美しさと自信を、LA・OC(オレンジカウンティー)の女性たちから学び取れる気がします。


グラシアス・マドレ
8905 Melrose Ave.
West Hollywood
323-978-2170
http://graciasmadreweho.com/

シード・キッチン
1604 Pacific Ave.
Venice
310-396-1604
http://www.seedkitchen.com/




高層ビルや車が多い大都会のLAで見つけた自然派レストラン

LA・OC市民の好奇心と食欲をかき立てる、野菜摂取の新しいアイデア溢れています。
内からも外からも緑をいただく、グリーンハウスレストラン


okamura

岡村 ゆか  Writer

東京・LA(ロサンゼルス)での出版社勤務ののち、フリーランスのライターに。中米コスタリカの常夏ビーチリゾート地でのスペイン語学習+バケーション+時々仕事の生活を経て、現在は再びLAにて活動中。屋外ワークアウトが最近のお気に入り。ハイキングや公園&ビーチヨガをリフレッシュと体型維持のために続けています。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • スキンケア
  • kicc1

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP