ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

「ヨガは皆のもの」貧困層にヨガを広めるグリーン・ツリー・ヨガの挑戦

カリフォルニアで、そしてLA(ロサンゼルス)で大変愛されているヨガ。これまでもビーグレンイッシュでは多様なヨガを紹介してきました。それぞれの個性を持つヨガスタジオですが、どれにも共通していることがありました。それらの多くがサンタモニカやビバリーヒルズなどの、比較的裕福なエリアに位置し、また生徒の大多数を占めるのが白人女性だということです。

今回はLAのなかでも、特に貧困な地域として知られるサウス・ロサンゼルス地域に生まれたスタジオ「グリーン・ツリー・ヨガ」を訪れました。

ヨガは皆のもの 貧困層にヨガを広めるグリーン・ツリー・ヨガの挑戦

スタジオの外壁にはキング牧師の壁画が描かれています。
キング牧師は公民権運動のために尽力し「私には夢がある」という演説を残した著名な活動家です。


サウス・ロサンゼルスというエリア


LAでヨガが流行しているのは事実ですが、人口の大多数を占めるはずのラテン系やアフリカ系住民の姿は、ヨガスタジオのなかでは少数派です。また、サウス・ロサンゼルスのようなエリアではヨガスタジオが自体がなかなか見つかりません。

その背景には、人種問題と密接に絡み合った経済格差の存在があります。LAではヨガのクラスの料金は平均で一回15~17ドル程度。さらに、多くのスタジオにおいては、ヨガマットなどの道具を持参しなければいけません。人気のヨガウェアブランドでは100ドル近くもするヨガパンツが売られていますが、このような贅沢なグッズを揃えられるのは一部の恵まれた層に限られているのです。

ヨガは皆のもの 貧困層にヨガを広めるグリーン・ツリー・ヨガの挑戦
「グリーン・ツリー・ヨガ」の創設者であるラジャ・ミシェルさんは人種や収入にかかわらず、全ての人にヨガを広めたいという願いを持って、あえてサウス・ロサンゼルスという場所に「料金は払える分だけ」という寄付制度に基づくヨガスタジオをオープンしました。2013年1月13日、「キング牧師の日」のことでした。

人々の善意に支えられるスタジオ


ヨガは皆のもの 貧困層にヨガを広めるグリーン・ツリー・ヨガの挑戦
「一回に人々が支払う平均の金額は4ドルくらいでしょうか。一回のヨガに15ドルも20ドルも払える人なら、普通のヨガ教室に行けるでしょう。でもこの近くには、とても貧しい人もいます。彼らは時には、食べ物を持って来てくれたり、壁に飾るインテリアを提供してくれたり……なかにはなけなしの1ドル札を握りしめて来てくれる場合もあります。そういう人が来てくれるからこそ、このスタジオの存在意義があるのです」

そんな少額の寄付に頼りながらも、グリーン・ツリー・ヨガは、この2年間存続することができています。

「幸運なことに、家賃などの経費はきちんと支払えます。先日は、非営利団体の認定を受けることができましたし、ボランティアをしてくれる講師も増えているのもうれしいことです。生徒もどんどん増えているのですよ!

スタジオをオープンした2年前は、このエリアには、ヨガへの誤解も存在しました。『悪魔崇拝なのでは』とかキリスト教の教えに反するのでは、という人もいたものです。でも、今では全てのクラスに15人以上の生徒が集まるようになりました」

ヨガは皆のもの 貧困層にヨガを広めるグリーン・ツリー・ヨガの挑戦

料金だけではない、グリーン・ツリー・ヨガの魅力


グリーン・ツリー・ヨガに人が集まるのは、料金設定のためだけではありません。多様な人々とのつながりも、また魅力の理由です。

「回りがほとんど全員白人女性、という環境では、そうでない人は居心地が悪いかもしれませんね。グリーン・ツリー・ヨガの生徒は多くが黒人やラテン系で、リアルなLAを反映するような多様性があります。さまざまな人種、老若男女、そしてあらゆる体型の人がここに集まり、まるで家族のようなつながりを築いているのです。

ヨガはまったくお金をかけずに自宅で行うこともできます。でもスタジオで先生に正しい姿勢を教えてもらうことで怪我の予防になりますし、何といっても『人とのつながり』というのはスタジオならではの魅力です」

ヨガは皆のもの 貧困層にヨガを広めるグリーン・ツリー・ヨガの挑戦

創設者のラジャ・ミシェルさん(右)と、ジェニファーさん(左)



ジェニファーさんも、そんな「人とのつながり」で人生が大きく変わった一人です。はじめは、生徒としてヨガスタジオに通っていたジェニファーさんですが、ラジャさんとの出会いをきっかに、ヨガ教師の資格を取り、もうすぐ「講師」としてデビューすることが決まっています。

ヨガは皆のもの 貧困層にヨガを広めるグリーン・ツリー・ヨガの挑戦

心と体にうれしいヨガ


そんな多様性と温かみに満ちた「グリーン・ツリー・ヨガ」。ここで、体験できるヨガは、人々の心と体にどんな影響を与えてくれるのでしょうか?

「私にとっては、ヨガは心に与えてくれる影響がとても大きいのです。それまで『瞑想』をすることはなかったのですが、ヨガを始めると、心のなかがとても穏やかになります。生徒にも、ストレスがなくなったとか、よく眠れるようになったという声をよく聞きます。

また、ヨガによって痩せたり、美しくなるという効果もあります。これはヨガの不思議なところで、ヨガを始めて心と体の声に意識して耳を傾けるようになると、自然と運動や食べるものにも注意を払うようになり、結果的に痩せたり健康的になるのです。

ヨガは単なる『柔軟体操』ではなく、心と体のために重要な営みなのです」

ヨガでもっとも大事な本質は、心と体に意識を集中させるというシンプルなこと。それは、高いお金を払ったり、道具を買わなくてもできることなのですね。今夜は久しぶりに、目を閉じて呼吸を数え、心と体のケアをしたいと思います。

【取材協力】
Green Tree Yoga & Meditation
http://www.greentreeyogameditation.org/



Yui

池嶋 ゆい  Editor / Staff Writer

7年前に渡米。メディア関係の仕事を経て、現在ビーグレンイッシュのライターをしています。好きな言葉は「なせばなる」。好きな香りはベルガモット。いつまでも美しくアクティブな女性たちの秘密を求めて今日も取材に走ります!!

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • スプリング
  • kaboc1

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP