ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

強い信頼関係と深いつながりを育む「アクロヨガ」

日本でもブームになって久しいヨガ。もともとは古代インド発祥の修行法で、瞑想による精神統一を重視するものですが、そこから発展して、美容、健康維持、ダイエット目的など、ひと言にヨガといってもさまざまな種類があります。そのなかの一つとして最近注目を浴びているのが、カリフォルニア生まれの「アクロヨガ」です。

アクロヨガ
アクロヨガは、何よりそのやり方に特徴があります。数あるヨガのほとんどは一人でポーズを取りますが、アクロヨガはパートナーと一緒に行うもの。上になりポーズを取る「フライ」と呼ばれる人、そしてフライを下でサポートする「ベース」の人で成り立ちます。またそのポーズにはアクロバットの要素が組み込まれているため、「アクロバティック・パートナーヨガ」、またパートナーとコンタクトを取りながら行うので、「コンタクトヨガ」とも呼ばれています。

早速、LA(ロサンゼルス)でアクロヨガを教え、自分も毎日の生活に取り入れているというブライオニーさんにお話を伺いました。

「私が上になる時、ベースがしっかりと支えてくれます。でも支えてもらっているからといって、リラックスできるというわけでは決してないんですね。ベースに余分な重力や負担がかからないようにバランスを取り、体の芯に集中しなくてはいけません。そのなかでベースとの信頼関係が生まれていきますが、支えられているという安心は、何よりもの心の解放感に繋がるのです」

ブライオニーさんがアクロヨガと出会ったのは、5年ほど前。ヨガ仲間から勧められ、一緒にヨガを教えているご主人のダイスさんとやってみたのがきっかけでしたが、あっと言う間に二人ともアクロヨガの世界の虜になったと言います。

「私たちのように修行を積んでいても、ポーズを取るのは簡単ではありません。時には苦しくて緊張を和らげたくなってしまう瞬間もあります。でも、そんな時にベースである彼とアイコンタクトを取ると、しっかりと辛抱強く私を支えてくれているのが伝わってきます。その瞬間に、スムーズで美しいポーズを取り続けるためには、私もしっかりしなくてはと思い頑張れるんですね」

それはベース側も同じことだといいます。こうして互いを成長させていく力があるのがアクロヨガの魅力なのだと、ブライオニーさんは話します。

アクロヨガ

ブライオニーさんたちはご夫婦でされていますが、アクロヨガは友達や親子でも楽しめるもの。見た目こそアクロバットの要素があるので難しそうに見えますが、ポーズによっては初心者にもできるものもがあるのだそうです。

「毎日忙しく過ごしていると、同じ家、同じ部屋にいても、どこか通じ合えていないと感じることは、恋人、夫婦、そして家族との関係でよくあることではないかと思います。アクロヨガを始めてからの私たちは、アクロヨガをしている時だけでなく、普段からいいコミュニケーションが取れるようになったと実感しています。こんなに固く、美しい信頼関係が築けたことはこれまでになかったと感じています」

関係

人は一人では生きていません。家庭、友人、仕事関係、常に誰かと関わりながら生活しています。自分だけが楽をしたり、良ければいいのではなく、コミュニケーションを取り、常に相手を思うことが大切。それが良好な関係を築くための柱になり、結果的に自分自身を成長させることを、アクロヨガから、そしてそれを話すブライオニーさんから学ばせてもらった気がします。



人との「つながり」を実感した時、人は心の底からリラックスでき、さらに美しくなれるのです。

周囲とのつながりを実感する「ハグ」


Sonoko

石山 園子  Editor / Staff Writer

ロサンゼルスの出版業界において約15年間、情報収集のために街中を毎日飛び回っていました。「美しい」「楽しい」「美味い」ものに触れ、常に刺激を受けていたいと願い、現在はビーグレンイッシュ ライター&エディターに。気になるローカル情報や最新美容事情を皆さんにお届けしていきます!

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • ハイヒール
  • sbu1

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP