ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

アメリカのホワイトニング事情

どこかの宣伝文句に「芸能人は歯が命」(古い?)というのがありましたが、日本でもここ数年の『ホワイトニング』ブームで白い歯に憧れる人が増えているようですね。

ホワイトニングケア売り場
ホワイトニング先進国のアメリカでは、昔から歯の健康や美しさに対する意識が高く、芸能人などに限らずほとんどの人が歯のホワイトニングをしています。

『歯のホワイトニング』というと、日本では歯科医院で行うのが一般的ですが、アメリカでは自宅でお手軽にできるホワイトニングキットがたくさん市販されていて、どこでも簡単に手に入るので自分で行うのが一般的です。

数あるホワイトニング製品の中でも多いのが、自分の歯の形に合わせたトレイにジェル状のホワイトニング剤を入れて歯にはめるタイプと、ホワイトニング剤のついたストリップ(テープ)を歯に貼るタイプ。

ホワイトストリップ人気が高いのは、そのお手軽さからストリップタイプのもの。即効性を望むアメリカ人の期待に応え、2時間で効果がでるというものもありますが、最も効果が高いと評判なのは、Crestの3DWhitestrips Professional Effects(平均価格$55)。こちらの製品は、漂白作用が高い過酸化水素を10%配合。早ければ3日間で効果が現れるのだそうです。

自宅でお手軽にできるジェルタイプやストリップタイプは、およそ3~4トーン白くできますが、それ以上の効果を期待する場合は、クリニックでレーザーホワイトニングを施します。

最近では、Zoom!と呼ばれるレーザーホワイトニングシステムが最も注目されています。Zoom!(ズーム)は、紫外線(UVA)を含むメタルハライドによってホワイトニング剤を活性化させることで、ホワイトニング効果を高めるというもの。およそ1時間弱のトリートメントで、平均8トーン(!)も白くなれるそうです。このシステムは、日本でも歯科医院で扱っているところがあるそうですよ。

自宅でお手軽にできるホワイト製品にも、クリニックで行うホワイトニングにも使用されている過酸化水素ですが、最近のオハイオ州立大学の研究によると、これらを長期的に使用すると、エナメル質を弱めてしまう恐れがあるそうです。

『輝くような白い歯』を健康に美しく保つには、日頃のお手入れも大切。アメリカでは、半年に一度は歯科医院で歯石や歯垢を取り除くディープクリーニングを定期的に受けます。そして、毎食後にはフロスで丁寧に歯の間をキレイにしてからブラッシングをするのが当たり前。

レンブラントブラッシングは、ホワイトニングをした後も歯の白さを保つため、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用。歯磨き粉では、REMBRANDT(レンブラント)のDEEPLY WHITE +Peroxide(平均価格$8.50)が人気。レンブラントは、ホワイトニングのパイオニア的なブランドで、アメリカ歯科学会にも認められています。

自然の食べ物の中にもホワイトニング効果が期待できるものがあるそうです。American Academy of Cosmetic Dentistry(米国美容歯科連盟)の情報によると、イチゴには歯のトーンを明るくして漂白する作用があり、生野菜には歯の表面についたシミを取り除く作用があるそうです。

歯のクリーニング効果がある食べ物もあります。リンゴ、なし、セロリ、ニンジン、キュウリには、自然に歯をキレイにする作用があるそうです。

歯を白くする食べ物がある一方で、歯を黄ばませてしまうものもあります。特に、コーヒーや紅茶、赤ワイン、ダークベリー、カレーなどは色素沈着しやすいのでご注意。

輝くような白い歯は芸能人だけではなく、皆の憧れですよね!笑ったときにキレイな白い歯が見えると、若々しく見えますし、女性としての魅力もアップします♪

お肌のお手入れだけでなく、歯のお手入れにも気をつけて、笑顔のステキな女性になりたいですね。



Kayo

水野 加代  Writer

ハワイの海に魅せられ、16年間住み慣れた南カリフォルニアからホノルルへ移住。 現在はエステティシャン&ボディマッサージセラピストとして日々女性の美をサポートする傍ら フリーの美容ライターとして女性の美と幸せをサポートする情報を発信しています。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP