ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

ケイト・ミドルトン流 ダイエットの秘訣

ウェディング
次々に新しいダイエット法が紹介され、ダイエットのトレンドが目まぐるしく変わるアメリカで今、最も注目を浴びているダイエット法が『DUKAN DIET』(デュカン・ダイエット)
このダイエット法を一躍有名にしたのが、英国のウィリアム王子と結婚式を挙げるケイト・ミドルトンさん。

彼女が結婚式の前にこのダイエットを行った、とケイトさんの母親があるタブロイド紙に語った事がイギリスやアメリカのメディアで取り上げられ、一気に注目を浴びるようになりました。


セレブもハマる『DUKAN DIET』とは?


デュカン・ダイエットは、フランス人のピエール・デュカン博士が考案した、炭水化物を抑えてタンパク質をメインに摂取するというダイエット法。
面倒なカロリー計算なく素早く体重が落とせて、リバウンドせずに体重を維持することができるというのがこのダイエットの魅力なのだそうです。

ジェニファーロペスこのダイエット、実は1970年に考案されたもので、新しいダイエット法ではありません。1980年代以降からフランスから口コミで徐々に広まり、昨年の3月にこのダイエット本の英訳がイギリスで発売されて以降、セレブやファッションモデルの間に広がり、にわかに注目されるようになりました。

世界的に有名なトップモデルのジゼル・ブンチェンや、ジェニファー・ロペス、サンドラ・ブロック、デミ・ムーアなど多くの大物ハリウッドセレブ達も実践したことで知られています。

最近では、ペネロベ・クルスも産後に増えてしまった体重をこのダイエットで落としたとアメリカのABCニュースが報じていました。



デュカン・ダイエット法、4つのフェイズ

1:アタックフェイズ(急速に体重を落とす期間)
以下の良質なタンパク質だけを摂取します。これを5日間を目安に続けます。
  • 脂肪分の少ないビーフ、子牛、皮なしのチキンやターキー
  • 魚介類
  • 卵(1日2個まで)
  • 無脂肪の乳製品
* タンパク質だけの食事は便秘になり易いので、開発者のピエール・デュカン博士は、ABCニュースのインタビューの中で、オート・ブランを摂取するように語っていました。

2:クルーズフェイズ(目標体重に到達期間)
たんぱく質だけを食べる日と、たんぱく質と野菜を食べる日を交互に、目標の体重に到達するまで続ける。
野菜はポテトなど、でんぷん質の高いものや、脂肪分の多いアボカドは避けて、緑黄野菜が中心。

3:コンソリデーションフェイズ(リバウンド防止期間)
1日に1カップのフルーツと麦パン2枚を追加してもOK。
そして、週に2回はライス、パスタなどの炭水化物を150グラムずつ食べることが許されますが、食事の中心は常にたんぱく質。バターやオイル、さらに脂分の多い肉は引き続きNGです。
期間は、フェイズ2で落とした体重X10日。(5キロ減量した場合は、50日間。)

4:スタビリゼーションフェイズ(維持期間)
このフェイズでは、特に食事制限はなく、なんでも食べて良いですが、週に1日は、たんぱく質だけを食べます。デュカン博士によると、週に一度のプロテイン・オンリーの日は、木曜日が適しているそうです。

これで、カロリーや食事の量は特に気にしなくても、落とした体重をずっと維持できるそうです。
また、各フェイズでは、1日に2リットル以上の水を飲む事を勧めています。

ハリウッドセレブ達やケイト・ミドルトンさんが行ったことで、別名『ロイヤル・ダイエット』とも言われているデュカン・ダイエット。アメリカのメジャーなメディアでは、先日紹介されたばかりですが、早くもブームを巻き起こしそうな勢いです。


Kayo

水野 加代  Writer

ハワイの海に魅せられ、16年間住み慣れた南カリフォルニアからホノルルへ移住。 現在はエステティシャン&ボディマッサージセラピストとして日々女性の美をサポートする傍ら フリーの美容ライターとして女性の美と幸せをサポートする情報を発信しています。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 順子さま
  • 顔層筋マッサージ

2件のコメントが “ケイト・ミドルトン流 ダイエットの秘訣”に入っています。
  • 投稿者: Akira Kodama

    タンパク質(肉系)だけのダイエットって辛そうですね。お腹はいっぱいになるかもしれないけど。もともと肉食系の人には向いているかもしれませんね。

  • 投稿者: kayo

    アメリカ人やイギリス人は肉食系の人が多いので、このダイエットが受け入れられているのかも知れませんね。

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP