ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

パーティレシピ「波乗りサンタのXマスケーキ」From HAWAII

波乗りサンタのXマスケーキ

「楽しいサプライズ!」は心と体への美エッセンス


クリスマスって寒い国のものだけじゃない!私が暮らしていたハワイでは、サンタさんはトナカイではなく、イルカに乗ってやって来ました。だからケーキだって冬景色じゃありません。

ブルーのクリームで出来た波をチューブライディングするサンタさん。カットするとオレンジ色のスポンジと紫いろのジャムが顔を出す。あまりないカラーだからビックリするかもしれないけど、実はスーパーフード満載でスイーツなのに美肌効果も抜群!

今年のクリスマスはこんなケーキでサプライズしましょう。

「波乗りサンタのXマスケーキ」From HAWAII

 

材料 1波

薄力粉・・・50g
グラニュー糖・・・60g
卵(卵黄と卵白に分ける)・・・3個
サラダ油・・・20g
カボチャ(マッシュしたもの)・・・150g
生クリーム・・・200cc
生クリーム用砂糖・・・大さじ3
ブルーベリージャム・・・適量
茹でたカボチャ・・・100g
サンタ・・・1人
サーフボード・・・1本(チョコを固めて作ります。ウエハースなどでもOK)

ブルーキュラソーのキラキラゼリー
 市販のレモンウオーター・・・500cc
 ブルーキュラソー・・・大さじ3
 ゼラチン・・・15g(水大さじ4)

 *レモンウオーターとブルーキュラソーを合わせ、ふやかして溶かしたゼラチンを加えて冷やします。固まったらフォークで引っかく感じでクラッシュすれば出来上がり。



作り方


(1) まずはカボチャの皮をむき、柔らかくゆでてマッシュしておきます。




(2) 薄力粉はふるっておきます。型には薄く油かバターを塗り、オーブンペーパーを敷き、四隅にはさみを入れて重ね合わせます。オーブンを200度に温めておきます。




(3) 卵黄と砂糖2/3を合わせて、全体が白くもったり、上からたらすとリボンのようになるまでホイップします。そこへカボチャのマッシュとサラダ油も加えて混ぜ合わせます。




(4) 卵白は別に泡立て、残りの砂糖も加えて角が立つまでホイップします。
カボチャの入った生地に卵白を1/3を加えて混ぜ、ふるっておいた薄力粉も半分加えて、切るように混ぜます。残りの卵白と粉も加え、粉っぽさがなくなるまでしっかり、しかも泡を潰さないように混ぜましょう。



(5) 鉄板に生地を流しいれ、200度に温めたオーブンで約15分焼きます。
スポンジが冷めたらラップをかぶしてひっくり返し、オーブンペーパーを外します。




(6) シロップを作ります。水100ccに砂糖大さじ1、グランマニエかラム酒を大さじ1加えて沸騰させてアルコールを飛ばします。完全に冷めたスポンジにシップをたっぷり塗ります。




(7) 生クリームを適量塗り、アクセントにブルーベリージャムとカボチャ(茹でたもの)をところどころに落とします。




(8) 手前から巻いて、巻き終わったら一旦ラップで包み、おさえておきます。




(9) デコレーションします。まずはブルーキュラソーで作ったキラキラゼリーを海に見立てて皿に敷き詰めます。
生クリームに砂糖を入れてホイップし、2/3に食用青色を入れてブルーにします。残りは白いまま絞り袋に入れます。

ケーキ全体に生クリーム(食用青色を入れたもの)を塗り波のスープ部分は絞り袋に入れて搾り出し、波が崩れる雰囲気を出しましょう。

最後にサーフボードに乗せたサンタを飾れば出来上がり!


藤沢セリカさん

藤沢セリカ

1961年2月4日生まれ、水瓶座O型。料理研究家。ハワイ、バリ、タヒチなどのアイランド料理研究家でもある。TV、ラジオなどメディアでの情報発信、ケータリングなど、食に関して幅広く活躍中。著書に『ハワイごはん』『湘南ごはん』『海ごはん』『ホノルル食堂』など。オフィシャルホームページ「ALOHA DELI

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • ケラー博士&児玉
  • クリスマス・プレゼント

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP