ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

日焼けした後のケア方法は?

【お客様からのご相談】

ビーチ最近、ハワイへ行って、日焼けをしてしまいました。

日焼け止めはしっかり塗っていたのですが、 顔が赤くなってヒリヒリ状態に……。

今は落ち着きましたが、色が黒くなってしまいました。 このままだと、そのうちシミができてしまうのでは、と心配です。

シミができないようにするには、どうしたら良いですか?


【ビーグレンからのアドバイス】

皮膚が赤くヒリヒリと痛みを伴う日焼けは、シミの予備軍をつくる原因となってしまいます。

紫外線を浴びると紫外線からカラダを守るために、肌の表皮にあるメラノサイトという細胞からメラニンが生成されます。これが、シミの予備軍です。

20歳くらいまでは、肌の生まれ変わりのサイクル(ターンオーバー)が正常なため、シミとなってあらわれることなく、排泄されますが、年齢を重ねることやストレスなどの影響によってターンオーバーが遅れると蓄積されてシミとなってしまいます。

シミ予備軍のケアは、できてしまったメラニンの排泄の排出を促すことです。そのためには、肌の生まれ変わりのサイクル(ターンオーバー)を正常にもどしてあげることが大切です。

また、紫外線を浴びた肌は、肌メラニンを刺激してさらに濃くしてしまう“活性酸素”を大量に発生させてしまいます。日焼けした後の肌には、メラニンを濃くするような刺激を与えない、抗酸化力の高い色の濃い野菜や果物、抗酸化ビタミンのビタミンA、C、Eを積極的に摂取することをおすすめします。

お肌の外からのお化粧品のケアも、メラニンの生成を抑える作用や抗酸化作用のあるビタミンC配合のお化粧品を使って毎日されることをおすすめします。



yuko

岩城 ゆう子  スキンケアコンサルタント

カラフルなメイクから、スキンケアを活かし素肌を輝かせるメイクまで、幅広い技術を持つメイクアップアーティストとしてハリウッドシーンに携わってきました。 女性を奇麗にすることや美しいもの全般に興味があり、ビーグレンでもスキンケアだけでなくメイク、ライフスタイルを含めたトータルビューティーをお客さまと一緒に追求していきたいと思います。いつでもご連絡くださいませ。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 恵みの雨

2件のコメントが “日焼けした後のケア方法は?”に入っています。
  • 投稿者: 荒木 宏美

    b.glen製品に、日焼け止めクリームが追加されるとありがたいのですが・・・

  • 投稿者: kayo

    荒木さま
    コメントありがとうございます!
    ビーグレンでは只今、過去のセールで大変ご好評いただいたヌーディーベール(下地クリーム)をベースにしたUV防止効果のある製品を準備しております。発表は7月頃を予定しておりますので、ご期待ください!

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP