ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

肝斑はどのようにケアすればいいですか?

【お客様からのご相談】
シミケア
こんにちは。私は最近目立ってきた両頬にできているもやっとしたシミに悩んでいます。

普通のシミもありますが、シミとは少し違うような気がします。

これは、肝斑といわれるものなのでしょうか。

肝斑はシミのケアと同じようにしていけばよいのですか?


【ビーグレンからのアドバイス】

お客さま、ご連絡をいただきまして、ありがとうございます。お客さまのお悩みは、両頬に目立ってきたシミですね。お客さまのおっしゃるように、肝斑かもしれません。

肝斑とは、一般的に左右対称にできる比較的範囲の広い地図状に広がる30代後半の女性に多くみられる茶色い色素斑のことをいいます。

一概には申しあげられませんが、肝斑の発症には女性ホルモンが何らかの形で影響しているといわれております。

肝斑ができたというストレスがさらに症状を悪化させる、といった悪循環も見られ、ストレスとの深いかかわりもあるといわれております。

なかなか難しいことですが、楽しいと思える時間を増やしたり、忙しい中でほっとする時間を作りストレス解消法を少しずつ見つけていただくことをおすすめします。

その他、サプリメントをとったり、体の内側からのケアと同時にブライトニング効果のある成分を配合したスキンケアケア製品を使用するうち徐々に効果を感じていただけることと思います。

今あるシミや肝斑を淡色化してくれるハイドロキノンと、メラニン生成を抑制し、お肌表面にこれから出てくるシミや肝斑が濃くなるのを防ぐ働きのある成分の両方に注目してみてくださいね。また日中は肝斑が濃くならないようにしっかり紫外線対策をされることをおすすめいたします。

akahori

赤堀 綾子  スキンケアコンサルタント

ヨガと簡単なエクササイズ、好きなことをすることで、心と身体、魂のバランスを保っています。週に1度の海沿いのウォーキングも心を豊かにしてくれます。 スキンケアは日々の積み重ねが大事です。また、心の状態や食べ物なども、そのときの身体や肌に影響してくるので、何事もバランスよく取り入れて行きたいですね。

スキンケアコンサルタントに相談する

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • モノ湖
  • レストランGjelina

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP