ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

寒さが増すと、肌に元気がなくなります。何か対処法はありますか。

bath

【お客様からのご相談】

最近寒さが増し、肌がいつもとは違ってきたように感じます。元気がなくなり、ザラついていて、くすんでいるようにも見えます。乾燥対策はしているつもりなのですが、どうしてでしょう。何か簡単にできる、対処法はありますか。


【ビーグレンからのアドバイス】

寒さが厳しくなると、乾燥だけでなく、冷えによる血行不良が原因で、いろいろな肌トラブルが出てきます。

私たち人間の体温は、約36~37℃前後に保たれるようになっています。季節や外気の温度に関係なく一定の体温を維持する要因のひとつは、血流の調整によるものです。気温が低下すると、血液の流れは体の内部に集中し、皮膚など体の外側の循環を減らして、熱が逃げないように働きます。そうして体温の低下を防いでいるのです。

ですが、血液には体のいたるところへ栄養を届け、老廃物の排泄をサポートする役割があります。血流が低下してしまうと、皮膚の代謝が鈍くなり、ターンオーバーが乱れ、その結果、さまざまな肌トラブルの原因を招いてしまうのです。

寒さが増す冬は、うるおいを肌にたっぷり与え、クリームでしっかり保湿するスキンケアはもちろんのこと、プラスαで体の内側からのケアも心がけられることをおすすめします。

■入浴時のマッサージ
体が温まり全身の血流が良くなる入浴時に、力を入れずに、顔とデコルテをやさしくマッサージしましょう。

■スキンケア
ローションのご使用時やクリームを使う際、手のひらで顔全体へのばした後、①顔を包み込むように、②やさしく抑えるように、③手のひらで少し温めるように、つけてください。

手のひらの温熱効果や皮膚への圧力が、肌の新陳代謝を高めてくれます。さらにザラつきやくすみ、むくみをケアするだけでなく、スキンケア成分の浸透が良くなる効果もあります。肌に元気がないと感じたら、上記のケアを一度お試しください。



haruyo

窪田 ゆかり  スキンケアコンサルタント

趣味のアウトドアスポーツを通し自然の持つ力を知り、自然とうまくバランスをとりながら生活することで、ストレスのない生活を心がけています。 ホテルのコンシェルジュ、ツアーコーディネーターなどホスピタリティーのプロとして、お客さまの心を豊かにする仕事をしてきました。スキンケアのコンサルタントとして引き続き、”美肌“を追求するお客様の心を豊かにできればと願っています。

スキンケアコンサルタントに相談する

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 01_blushingon_shelf
  • nail care

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP