ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

ヘッドマッサージでエイジングケア

head massage
毎日オフィスでコンピューターを使い、仕事が終わったらスマートフォンでゲームやネットサーフィンなど。気がついたら、眉間にキュッとつい力が入り、しわが寄っていたというようなことはありませんか。

コンピューターの画面などを集中して見続けていると、目や肩だけでなく、頭もこります。また私たちは一日に何百という「決断」「選択」をすることで頭をたくさん使っているので、脳もとても疲れています。そんな疲れを癒すには、ヘッドマッサージがおすすめです。

体が疲れている時、ストレスを感じている時に、体をいくら揉みほぐしても疲れが取れないのは、脳を癒していないからなのです。

ヘッドマッサージには、デトックス効果、疲労回復、ストレス解消、代謝がよくなる、不眠症、肩こり、疲れ目、ホルモンバランス改善、記憶力、集中力アップ、自然治癒力の向上など、いろいろな効果が期待できます。また、顔と頭皮は一枚の皮でつながっていますので、リフトアップや小顔効果もあるのです。

コンピューターやテレビの見過ぎ、またはストレス等で筋肉が張ると、筋膜が頭蓋骨側に押し付けられ、血行が悪くなります。血行が悪くなると、老廃物や疲労物質がたまるので、これが頭皮のこりに発展します。

加齢と共に頭皮が1mmたるむと、顔は1cmもたるむと言われているそうです。ですが言い換えれば、毎日のヘッドマッサージで頭皮のたるみを1mm、2mmと上げることで、顔のたるみを引き上げることも可能なのです。

ヘッドマッサージの目的は、頭皮のこりをほぐして血行を促進することです。血行がよくなっているお風呂上がりなどに行うと、より効果的です。また、リラックスした状態で行うのがおすすめです。ただし、爪で引っかかないよう気をつけてくださいね。

主なポイントは「前頭筋」「側頭筋」「後頭筋」です。この3つの筋肉をマッサージすることで、筋肉の弾力が戻り、リフトアップにつながります。


それでは、マッサージ方法をご案内いたします。

head
1. 「前頭筋」 
指の腹で、額の生え際から頭頂部に向かって、頭皮をグッと20秒引き上げます。目を使うコンピューターでの仕事や頭をよく使う人は、ここがとても硬くなってます。

2. 「側頭筋」
耳の上を両側から手のひらで20秒押し上げます。手のひらの手首に近い、少し盛り上がったところを使うとよいでしょう。

3. 「後頭筋」
頭の上で両手を組んで、頭頂部(つむじのあたり)を手のひらで持ち上げ、20秒グイッとキープする。

シャンプーの時にするのもよろしいかと思います。ぜひ毎日の日課にしてみてください。また、「美肌をつくる安眠のツボマッサージ」も合わせてやってみてください。絶大な効果が期待できますよ。



haruyo

野口 晴代  スキンケアコンサルタント

アメリカでマッサージセラピストのライセンスを取得後、マッサージとアロマセラピーを融合させた独自の施術で10年のキャリアを積みました。 スキンケアだけでなく体や心の側面から、美肌になるためのサポートをさせていただきます。 ひとりひとりに合ったお手入れ方法で、ひとりでも多くのお客様の笑顔を作るお手伝いをさせていただければ幸いです。どんなに小さなことでもお気軽にご相談くださいませ。

スキンケアコンサルタントに相談する

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 土井卓子医師
  • she113

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP