ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

化粧品を使ったシミのケアにプラスして、この時期気をつけること

日焼け止め

【お客様からのご相談】


ビーグレンのホワイトプログラムを使いはじめて、2ヶ月ほどたちます。シミへの変化を感じることができ、気に入って使ってます。梅雨から夏にかけてのこの時期、化粧品でのケアに加え、何か気をつけた方がよいことはありますか?


【ビーグレンからのアドバイス】


この時期は、気温が上がっているものの雨が降ったり、空模様がはっきりしていないことも多いので、紫外線量が少ないと思われやすく、ついつい紫外線対策をおろそかにしてしまいがちです。

シミのケアをされている方はもちろん、すべての方に年間を通して紫外線対策をされることをおすすめします。この時期は、「スキンケアの後にしっかり、UVカット製品を使っている」という方でも、特に気をつけていただきたいのが次のポイントです。

■化粧崩れ
UVカット効果のあるメイク製品を使われていても、汗や湿気、皮脂で化粧が崩れてしまうと、そこから紫外線によるダメージを受けてしまいます。こまめに化粧直しや日焼け止めのつけ直しをされることをおすすめします。

■ちょっとしたお出かけ
「曇っているから」「天気が悪いから」「ちょっとそこまでのだったら大丈夫」と、紫外線対策を怠っていませんか? 紫外線を浴びた分だけ、今あるシミを濃くしてしまうリスクが高くなります。短い時間でも、天気が悪くても、紫外線対策をできるだけ意識してください。

■肌、身体に水分補給
水分が足りないと、肌のターンオーバーが乱れ、メラニン色素がスムーズに排出できなくなったり、肌機能が弱まりメラニン色素の生成がコントロールできなくなることで、シミが濃くなり、肌に残ってしまいます。しっかりと保湿することを心がけてください。

このように、ちょっとしたひと手間を日常生活に忘れずにプラスして、スキンケアを効果的に行ってください。



でも、「紫外線ばかり気にしていては、夏を楽しめない!」という方に

夏を満喫しながら、紫外線と正しく付き合う方法でも、効果的な紫外線対策法、さらに、うっかり紫外線を浴びてしまった時のアフターケア法もご紹介しています。


maki

古屋 真紀  スキンケアコンサルタント

長年、化粧品会社で接客、販売をおこなってきました。 スポーツ観戦が趣味で、太陽の下で過ごすことが日ごろのストレスから開放されるようでとても好きな時間です。 一人でも多くのお客さまに、「ビーグレンに出会えて良かった」と思っていただけるような心のこもったサービスのご提供と、長年の経験を活かしたスキンケアアドバイスができればと願っています。

スキンケアコンサルタントに相談する

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 土井卓子先生&野口奈津子

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP