ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

環境が変わったせいか、肌が荒れてきました

疲れ切った女性

【お客様からのご相談】


最近、仕事が変わりました。慣れない環境のせいか、仕事が終わった後はとても疲れており、つい面倒でスキンケアをさぼってしまっています。具体的には、簡単に拭き取りタイプのメイク落としでメイクを取り、化粧水をささっとつけて、すぐ寝てしまうような状態。そのせいか、肌が荒れてきているような気がします。どうしたらよいでしょうか。


【ビーグレンからのアドバイス】


考えられる3つの原因と解決策について、お話したいと思います。

1. メイク落としをやさしく行う
疲れているとついつい面倒になり、スキンケアが適当になってしまいがちです。拭き取りタイプのメイク落としは、便利ではありますが、皮脂を取り過ぎてしまったり、洗い流さないため洗浄成分が肌に残り刺激となることがあります。また、拭き取る時の摩擦やシートの質によっては、肌を傷め、肌荒れを引き起こしてしまうことがあります。

クレイウォッシュ
拭き取りタイプのメイク落としのような手軽さとは違いますが、肌へのやさしさを考え、クレイウォッシュのご使用をおすすめします。肌にうるおいを残し、労りながらメイクや汚れだけをやさしく取り除きます。

ヌーディーヴェールやファンデーションなどをお使いの場合は2度洗いで落とすことができます。ウォータープルーフのようなカバー力の強いメイク製品をお使いの際は、専用のお化粧落としをはじめにお使いください。




2. うるおいを守る
洗顔後に化粧水だけで終了されているということですが、疲れやストレス、またメイク落としの方法などで肌が弱っている時には特に、化粧水だけではせっかく与えたうるおいが逃げてしまいます。その結果、肌の乾燥を招くとともに、ターンオーバーが鈍くなり、肌荒れの原因となります。


QuSomeモイスチャーゲルクリーム&QuSomeモイスチャーリッチクリーム

化粧水で与えたうるおいを逃さないよう、QuSomeモイスチャーゲルクリームやQuSomeモイスチャーリッチクリームでうるおいを閉じ込め、しっかりと保湿を心がけてください。



3. 丁寧に肌を労わる
きっと環境の変化によって、心身的な疲れやストレスがおありのことかと思います。

「基底層」から生まれてくる新しい肌細胞は、「有棘細胞」「顆粒細胞」と形を変え、肌の上まで押し上げられていきます。有棘層には、もともとランゲルハンス細胞という、外からの刺激や摩擦、異物に対する免疫を司る大事な細胞があります。環境の変化で疲れやストレスが加わると、この細胞が弱まり減っていくといわれています。

スキンケアをする女性

このような状況下では、ちょっとした刺激でも肌に負担がかかり、肌荒れやニキビを招いてしまいがちです。だからこそ、スキンケアを丁寧に行い、肌を労わってあげることがなによりも大事です。



美肌のためには、ストレスと上手に付き合うこともとても大切

読んだ後すぐできる! オドロキのストレスを減らす12の方法」を、ぜひ試してみてください。


haruyo

窪田 ゆかり  スキンケアコンサルタント

趣味のアウトドアスポーツを通し自然の持つ力を知り、自然とうまくバランスをとりながら生活することで、ストレスのない生活を心がけています。 ホテルのコンシェルジュ、ツアーコーディネーターなどホスピタリティーのプロとして、お客さまの心を豊かにする仕事をしてきました。スキンケアのコンサルタントとして引き続き、”美肌“を追求するお客様の心を豊かにできればと願っています。

スキンケアコンサルタントに相談する

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • ベター・ブーチ
  • 「ルルア」のネックレス

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP