ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

目立ったトラブルはないのに、肌の調子が良くありません

乾燥

【お客様からのご相談】

夏の間、お手入れをさぼっていた割には、特に問題もなく、乾燥も感じていません。ですが、肌の調子がすごく良いわけではないので、何かアドバイスをお願いします。


【ビーグレンからのアドバイス】

この時期はお客さまのように、肌のコンディションが特に良いわけでもなく、悪いわけでもないという方が、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

トラブルを感じていなくても、夏の疲れが解消されないまま、ダメージ蓄積型の肌になっている場合があります。秋が終わる前にリカバリーケアに集中し、冬に備えてください。夏の間にお手入れを怠り気味だった方は特に注意が必要です。

・くすんで見える
・シミが増える。元からあったシミが濃くなる
・ハリが失われる
・ざらつく

このようなダメージサインがいつ出てくるかわかりません。

季節的に代謝が低下しやすく、ターンオーバーが乱れると、古い角質を排除することができず、くすんだ肌になりがちです。肌に必要な栄養も届きにくくなるため、肌荒れまでも招くことになるのです。さらに、紫外線によるダメージでコラーゲンやエラスチンが壊されることで、ハリや弾力が失われ、シミも出やすくなります。

そのような肌トラブルを引き起こしバリア機能が低下しているところへ、季節の変わり目による急な気温の低下、外気の乾燥などの要因が加わると、肌は一気に水分を奪われ、乾燥がひどくなります。

でも、ダメージサインが現れる前にきちんとケアすれば、大丈夫です。お手入れのポイントは、いつも通りのスキンケアステップの前に、ひと手間かけるだけです。

スキンケア

①皮脂や水分を取り過ぎてしまわないよう、洗顔の際には、熱いお湯ではなくぬるま湯、または水ですすいでください。

②洗顔後は、リンパの流れや血行を良くし、ターンオーバーを促進させます。両手で顔をやさしく包み込むようにホットタオルをあて、そのまま「ゆっくり適度な圧力をかけて、緩める」を数回繰り返してください。

③その後、化粧水をすぐにお使いください。何度かゆっくり重ねづけされ、うるおいを十分に与えてから、その後のステップを行ってくださいね。

あまり気にかけていないうちに受けた夏の肌ダメージをいたわるケアをして、元気な肌で冬を迎えましょう。




季節の変わり目に感じる、くすみやザラつきは良くなるもの?

くすみやザラつきが気になる。メイクのノリも悪くてがっかり……」もぜひ併せてお読みください。この時期にオススメしたいケア方法をご案内しています。


yuko

岩城 ゆう子  スキンケアコンサルタント

カラフルなメイクから、スキンケアを活かし素肌を輝かせるメイクまで、幅広い技術を持つメイクアップアーティストとしてハリウッドシーンに携わってきました。 女性を奇麗にすることや美しいもの全般に興味があり、ビーグレンでもスキンケアだけでなくメイク、ライフスタイルを含めたトータルビューティーをお客さまと一緒に追求していきたいと思います。いつでもご連絡くださいませ。

スキンケアコンサルタントに相談する

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 女性

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP