ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

ニキビが増えるのは、日焼け止めのせい?

日焼け止めを塗る女性

【お客様からのご相談】


ニキビケアセットを使ってお手入れをしています。紫外線はニキビにも良くないと聞き、日焼け止めを使用していますが、ニキビが悪化したり、増えたりします。何が悪いのでしょうか。


【ビーグレンからのアドバイス】


紫外線の「UV-B」は肌の表面にダメージを与えるため、炎症を引き起こします。そのため、ニキビが治りにくくなったり、炎症を悪化させたり、また赤いニキビ跡として残りやすくなったりすることがあります。

また紫外線を浴びると、肌が自ら守ろうと角質を分厚くしてしまい、毛穴が詰まることもニキビの原因となります。さらに、日焼けによる乾燥によってターンオーバーが乱れて、肌の生まれ変わりがスムーズに行われず、ニキビやニキビ跡が治りにくくなることも考えられます。

日焼け止め

これらのことから、ニキビのお手入れをされている方にとっても、日焼け止めはとても大切です。ただし、肌に負担の少ない製品を選びましょう。

SPF値の高過ぎない製品を選ぶ
SPF値が高過ぎる製品は、肌に負担をかけるため、炎症が悪化してしまう可能性があります。日常の外出では、SPF20~30前後の製品がおすすめです。

油分の少ない製品を選ぶ
日焼け止めに含まれる油分が酸化し、ニキビの原因となったり、炎症を悪化させたりする場合があります。


日焼け止めをご使用されていても、汗で流れるなどして、時間の経過と共に効果が下がっていきます。こまめに塗り直しましょう。そして、一日の終わりには、洗顔でしっかりと洗い流してください。

ビーグレンでは、日焼け止め効果のある製品として、化粧下地のヌーディーヴェール(SPF36 PA++)をおすすめしております。

ヌーディーヴェール

日焼け止め効果のほかに、コラーゲンやヒアルロン酸が配合されていますので、一日うるおいが継続し、肌に負担をかけることなく、紫外線によるダメージから肌を守ります。また、肌の凹凸やくすみをナチュラルにカバー。素肌をよりナチュラルに、美しく演出いたします。



夏のニキビケアで気をつけたいこと

夏にできるニキビは、やはり汗が原因ですか?」も併せてお読みください。


yuko

岩城 ゆう子  スキンケアコンサルタント

カラフルなメイクから、スキンケアを活かし素肌を輝かせるメイクまで、幅広い技術を持つメイクアップアーティストとしてハリウッドシーンに携わってきました。 女性を奇麗にすることや美しいもの全般に興味があり、ビーグレンでもスキンケアだけでなくメイク、ライフスタイルを含めたトータルビューティーをお客さまと一緒に追求していきたいと思います。いつでもご連絡くださいませ。

スキンケアコンサルタントに相談する

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • ディスプレイ
  • 『FRaU』6月号表紙

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP