ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

東日本大震災 被災地支援活動について

チャリティー
ビーグレンは創業当初より、世界中の災害被災地や
恵まれない子供たちへの支援を積極的に行って参りました。

昨年は、東日本大震災で被害に遭われ、
今なお不自由な生活を強いられている皆様のお役に立ちたいと考え、
赤十字社を通じて義援金による支援をさせていただきました。

震災後1年を迎える今年、支援団体・ボランティア活動は
大幅に縮小に向かう傾向があるようでございます。
ビーグレンは、今こそ皆様のお役に立ちたいという思いから、
代表の児玉朗の旧友であり、震災直後から一貫してボランティア活動を
継続している出淵晴彦氏をパートナーに、被災地へ直接物資をお届けする、
目に見える支援を開始しています。

今後の支援活動につきまして、ビーグレンイッシュ等、私どもの関連サイトで
ご報告して参ります。
どうぞ皆様のご理解とご賛同をいただけますよう、心よりお願い申し上げます。


ライン

出淵晴彦さんからのメッセージ

ライン
ビーグレンイッシュの読者の皆様、はじめまして。

出淵晴彦と申します。ビーグレンの児玉社長とは中学、高校の同級生で、かれこれ35年のお付き合いになります。ビーグレン主催パーティの撮影などのお手伝いもさせていただいております。

今回児玉社長からの依頼で、このビーグレンイッシュ上で、私の東日本大震災の被災地支援活動の報告をさせていただくことになりました。

自分は東京生まれ、東京育ちなのですが、父が岩手県盛岡市、母が二戸市浄法寺町出身でして、子供の頃は夏休みの大半を岩手で過ごしておりました。ですので、自分自身は東京育ちの岩手人だと思っています。

幸い、自分の親戚は皆内陸に住んでおりますので、直接の被害はありませんでしたが、自分が訪れたこともある思い出の港町が壊滅していく姿に胸を締め付けられる想いがありました。

そして、当然のように『何かをしなければ!!』と思いながら、気がつけばひたすら被災地支援活動を続ける日々を重ねております。

ビーグレンさんには昨年から資金面でのご支援をいただくようになり、その資金を使って私がみなさんに代わって、仮設住宅等で不自由な思いをされている方達に、電気ストーブ、温風ヒーター、布団乾燥機等を送らせていただきました。

あれからまもなく1年になりますが、悲しい哉、復興の進み具合の酷さは最近ではほとんど報道されなくなってきており、早くも風化の兆しすら見えてきています。

被災地の方々は今なお想像を絶するような大変な思いをしながら生活されています。ビーグレンのお客様やビーグレンイッシュの読者の皆様に応援いただきながら、細くても長い支援活動を続けて参りたいと思います。

これから定期的に支援活動の報告をさせていただきますので、お読みいただき 少しでも被災地生活環境の現状、復興の様子を知っていただければ幸いです。

ライン

ビーグレンの慈善活動

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • shutterstock_65986672
  • 517Cxou8zML

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP