ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

美白ケア特集第1弾 「なぜ美白化粧品は効果が感じられないのか?」

20130516_美白特集
紫外線量が増える5月は、シミやくすみ、しわ、乾燥など紫外線による肌へのダメージが気になるところ。「もう、これ以上シミを増やしたくない!」「絶対に紫外線のダメージを受けたくない!」「シミやくすみのない肌になりたい!」など、今年こそは本格的に美白ケアをしようと熱い思いを抱いている方も多いのではないでしょうか。

そんな思いに答えるかのように、続々と新しい美白ケア製品が登場しています。しかし、美白化粧品に関する調査によると「できてしまったシミが実際に薄くなった」と効果を実感できた方は少数派。期待をもって新しい美白化粧品で熱心にお手入れをしても「シミへの効果があまり実感できずにがっかりしてしまった」という経験はありませんか?また、様々な美白化粧品を試す度に残念な気持ちになり、「美白化粧品ではシミの改善は無理なのでは……」と半ば諦めてしまっている方もいるかもしれません。

「なぜ美白化粧品は効果が感じられないのでしょうか?」

多くの美白ケア体験者が抱いているこの素朴な疑問。
今回はその理由と実感できる美白ケアの解決法をご紹介します。


美白成分が必要とする場所に届いていない


 

「シミに有効的に働く美白成分が配合されているのなら効果が現れるはず」と思いがちですが、どんなに効果的な美白成分が配合されていても、シミの原因となるメラニン色素を作るメラノサイトへ届かなければ、その効果は期待できないといいます。

ビタミンC誘導体やアルブチンなど、美白に良いとされる成分の多くが水にしか馴染まない親水性。親水性の成分は、肌の表面にある脂質を含む肌のバリアにより、肌の奥にあるメラニン色素を生成するメラノサイトまで届きません。

だからどんなに効果的な美白成分が配合されていても、その効果を発揮できず、熱心にお手入れしても実感できないということになってしまうのですね。

親水性の美白成分を 肌の奥まで届けることができる『浸透テクノロジー』を使った美白製品を選ぶことがポイントです。


「漂白型」以外の美白成分では、すでにできてしまったシミには効果が低い


“美白ケアは時間がかかるもの”と心得てはいるものの、1年以上経っても何も変わらない……。とお嘆きの方も多いのではないでしょうか。

美白化粧品の成分には、メラニン工場のメラノサイトやケラチノサイトに働きかけて、メラニン色素の生成を抑える「予防型」の成分が多く見られます。

「メラニン色素の生成を抑える」という作用を聞くと、シミが薄くなると思いがちですが、このような働きをする「予防型」の成分は、新たなメラニン色素の蓄積は防ぎますが、蓄積したメラニン色素を薄くする効果は低いといわれています。
美白成分 既にできてしまった濃いシミへの効果が期待できるのは、蓄積されてしまったメラニン色素を還元する作用がある「漂白型」といわれる美白成分。予防型だけでなく、この漂白型の美白成分が配合されている美白製品を選ぶことが実感できる美白化粧品選びのポイントです。

漂白型の美白成分の代表は「ハイドロキノン」。他にはアルブチンやコウジ酸などがありますが、出来てしまったシミにはハイドロキノンが最も効果的な成分と言われています。

さらに、メラニンが作られる過程には酸化反応が多いので、還元作用があるビタミンCなどの「抗酸化型」の成分や、肌のターンオーバーにより増加したメラニン色素を追い出すパルミチン酸レチノールなどの「排出型(代謝型)」の成分を組み合わせることで美白の相乗効果が期待できます。


効果を実感できる美白化粧品とは?


「なぜ美白化粧品は効果が感じられないのか?」シミに悩む多くの女性が抱いているこの疑問。その解決法は、まずは「新たなシミを予防しながら、できてしまったシミに働きかける効果」が期待できる美白化粧品を選ぶこと。

そのような効果が実際に期待できる製品の条件は、

1. メラノサイトへ美白成分を届ける浸透テクノロジー

2. 予防型+漂白型の美白成分と抗酸化型+排出型成分の相乗効果

肌の深層部にあるメラノサイトまで美白成分を届けることができる浸透テクノロジーを使い、予防型だけでなく、できてしまったシミ働きかける漂白型の成分も配合して、シミができるメカニズムにトータルで働きかける美白化粧品を選びましょう。

化粧品選びについてのポイントはおわかりいただけましたでしょうか?

次回は、美白効果を実感できないその他の理由と、解決法をご紹介します!


Kayo

水野 加代  Writer

ハワイの海に魅せられ、16年間住み慣れた南カリフォルニアからホノルルへ移住。 現在はエステティシャン&ボディマッサージセラピストとして日々女性の美をサポートする傍ら フリーの美容ライターとして女性の美と幸せをサポートする情報を発信しています。





bihaku

美白ケア特集第2弾 「美白化粧品を正しく選んでも効果を感じない理由」


前回は、「美白化粧品でシミの効果が実感できない」という疑問の解決法として、美白化粧品の正しい選び方をご紹介しました。今回は「美白化粧品を正しく選んでも効果が感じられない」理由とその解決法をご紹介します。




ハイドロキノンの効果と安全性


美白ケア特集第3弾「アメリカの皮膚科医が語る《ハイドロキノン》の真実」


アメリカで多くのシミ治療を手がけている皮膚科医クリストファー・ホー博士に、ハイドロキノンの美白効果と使用の方法について伺いました。


  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • グウィネス・パルトロウ
  • オニオンリング

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP