ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

インナードライ肌におすすめのスキンケア

インナードライ
毎日雨が続く憂鬱な季節がやってきました。ジメジメとした湿気は、気分が塞ぐだけでなく、肌のトラブルも招きがちなものです。そこで今回は、この季節だからこそ忘れたくないスキンケアのコツをお届けいたします 。

ジメジメした季節の「隠れ乾燥肌」=インナードライ


肌トラブルを防ぐためにもっとも重要なのは保湿です。湿気だけでなく気温も高い季節は皮脂や汗で肌がテカテカしているため、一見肌がうるおっているように見えます。しかし肌の内側までまでうるおっているとは限りません。

肌の水分量を正確に測るのは難しいことですが、肌の表面に水分があっても、その分肌のなかが乾いている状態をインナードライ肌といいます。見逃しやすいからこそ、気をつけたい状態です。

スキンケアに手を抜きがちなこの季節に、見直したい「インナードライ肌におすすめのスキンケア方法」を確かめておきましょう。

洗顔もスキンケア


顔を洗うところから、スキンケアは始まっています。皮脂を落とし過ぎない肌にやさしい洗顔料を使って洗いましょう。

肌の汚れを取った後は、肌に浸透するうるおい成分の入った製品を使い、仕上げにはクリームで「蓋」をしましょう。この季節は夏向けのさっぱりとしたスキンケアに切り替える方が多くいらっしゃいますが、仕上げのクリームを省くのはおすすめできません。肌の表面に存在する水分をそのままにしておくと、蒸発する時に、水分をより奪ってしまうからです。肌の表面をクリームで多い、しっかりとうるおいを閉じ込めましょう。

日中のケアもぬかりなく


インナードライ対策のためには日中のケアも大事です。朝と夜のスキンケアの時間をどのように過ごすかが、肌の状態に大きな影響を与えるのです。

まず、日焼けは肌の乾燥を助長するため、外出前には、必ず日焼け止めまたはUVカット効果のある化粧下地を使いましょう。朝しっかりと保湿をし、化粧下地も保湿力の高いものを選ぶことで、化粧崩れしづらくなります。

日中の化粧直しは、肌に浮いた皮脂をティッシュで抑えるようにしながら、こすらずにパウダーで肌を押さえるように行いましょう。この際、単なるパウダーではなく、スキンケア効果のある製品を使うと、より効果的です。


スキンケア製品をうまく利用すれば、肌にとって過酷な季節も、楽しくよりアクティブに過ごすことができます。正しいスキンケアを続け、内側からしっとりと輝くような美しい肌を手に入れましょう!

「肌が普段と違う……」季節の変わり目にそう感じた時には、スキンケアコンサルタントにいつでもご相談ください。


Yui

池嶋 ゆい  Editor / Staff Writer

7年前に渡米。メディア関係の仕事を経て、現在ビーグレンイッシュのライターをしています。好きな言葉は「なせばなる」。好きな香りはベルガモット。いつまでも美しくアクティブな女性たちの秘密を求めて今日も取材に走ります!!

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 赤ちゃん
  • 母娘3世代

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP